無料プレゼント「LINE集客ガイド」受け取りはこちらをクリック

LINE公式アカウントで採用活動!新卒・中途の選考の活用事例や流れ

「電話やメールをしても連絡が取れない」
「採用管理が複雑で大変」

このような問題を抱えている企業の採用担当者の方はたくさんいらっしゃいます。

今回はこのような悩みを解決するため、公式LINEアカウントを活用した採用管理についてまとめていきます。

LINE公式アカウントをしっかりと活用して、学生などの採用活動をしていきましょう。

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

採用担当者が抱える課題

企業の採用担当者が、どのような悩みを抱えているかはご存知ですか?

まずは採用時に抱えることが多い課題点について、どのようなものがあるのか改めて把握しておきましょう。

  • 十分な応募者が集まらない
  • 採用に十分な予算がない
  • 人手不足で採用に満足な時間を費やせない
  • 内定辞退者が出てしまう
  • 自社に合う人材の見極めが難しい
  • すぐ辞めてしまう、定着しない
  • 優秀な人材を採用できない

かなり多くの課題点があることが分かりましたね。

LINEを採用活動に活用するメリット

  • 業務の効率化
  • 開封率が高い
  • 採用者との距離が近くなる

公式LINEアカウントを採用活動に活用することで、上記の3つのメリットがあります。

それぞれのメリットをしっかりと把握することで、導入する際の参考にしていただけたらと思います。

業務の効率化

  • 業務時間
  • 採用担当の業務量
  • 応募者のアクション

「業務の効率化」と言っても、この3つに分けることができます。

まず「業務時間」についてですが、公式LINEアカウントを採用活動に活用することで、採用担当者の業務時間の削減につなげることができます。

面接日程の調整や、応募者へのメール、電話にかける時間や手間はかなりの負担となってしまいます

しかし、公式LINEアカウントを活用することで自動でお問い合わせに対応をしたり、スケジュール調整のメッセージなどを効率良く行うことができるため、業務時間の短縮につながります。

次に「採用担当の業務量」の効率化についてですが、今までは連絡先やアドレスなどはアンケートに書いてもらっていたものを、データ化するのが一般的でした。

これを公式LINEアカウント採用にすることで、QRコードで読み取ってもらい、データを直送して蓄積することができます。
時間をかけずにデータを管理ベースに載せられ、その後の管理もしやすくなるメリットがあります。

「応募者のアクション」については、公式LINEアカウントにあるリッチメニューなどを活用してお問合せやエントリーフォームなどにアクセスする手間を効率化できる、という点にあります。

これまでの採用方法だと、企業のホームページに直接アクセスして、該当のフォームを探さなければいけませんでした。

しかし公式LINEアカウントでは、全てをひとまとめにして応募者に配信することができるため、応募者にとっても採用にかかるまでの行程を便利にすることができます。

また、弊社が提供しているサービス「エルメ」を活用することで、公式LINEアカウントに応募した応募者の管理をさらに効率的に行うことが可能です。

流入経路の分析やあいさつメッセージの自動化など、採用担当者の業務負担を解消するシステムを多数用意しております。

無料で導入できるツールですので。公式LINEアカウントで採用を行う際はぜひご検討くださいませ。

開封率が高い

メールなどとは違い、LINEはメッセージの開封率がとても高いです。

そのためメッセージを見逃してしまう、ということが起きにくくなり採用担当、応募者ともにメリットがあります。

採用者との距離が近くなる

メールなどではちょっとした文章を送るにしても、採用側は社内のルールがあったり、応募者も失礼などがないように緊張してしまいます。

LINEを活用することで、お互いメッセージを送りやすくなりスムーズにやりとりを行えるようになります。

実際に採用活動で成功した事例

では実際に公式LINEアカウントを活用した採用活動で、成功した事例をご紹介していきます。

Sansan株式会社

用途:社員紹介による自社への帰属意識や採用ブランディングなど

ソフトバンク・テクノロジー株式会社

用途:社員インタビュー、マイページの促進など

LINEを使った採用活動の流れ

  1. 公式LINEアカウントの開設
  2. 公式LINEアカウントへの誘導
  3. 応募から採用までのフォロー

公式LINEアカウントを使った採用活動の流れとしては、上記の流れとなります。

公式LINEアカウントの開設

まずは採用を行う上での、公式LINEアカウントを作成しましょう。

アカウントは簡単に作成することができます。詳しい開設方法については、LINE公式アカウントを個人、法人で開設する方法、作り方(無料)で解説しています。

LINEへの誘導

アカウントを作成したら、登録をしてもらわないと意味がありません。

アカウントへの誘導方法はいくつかありますが、企業サイトから直接誘導する方法もあれば、SNSを活用した誘導方法もあります。

応募から採用までのフォロー

アカウントへの誘導ができたら、きちんと応募〜採用までの流れを作っておく必要があります。

リッチメニューを作成して、それぞれのアクションに繋げやすくしたり、自動応答メッセージの設定などをして機能していくアカウントを作っていきましょう。

まとめ

公式LINEアカウントを採用活動に活用するメリットは理解できていただけたでしょうか?

しっかりと活用することで、採用担当者が負担する業務を効率化することができて、応募者にとっても使いやすい、というメリットがあります。

この機会に活用をして、採用管理を整えていきましょう。