fbpx
LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

LINE公式アカウントのチャットボットとは?メリット、使い方

LINE公式アカウント

LINEの公式アカウントには、チャットボット(ラインボット)という便利な機能が付いていますが活用はできていますか?

しっかりとこの機能を活用できればあなたの公式LINEの運営が一気に楽になりますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。

この記事でチャットボットを活用する「メリット」「使い方」についてまとめていきますのでぜひ参考にしてください。

チャットボット(LINEボット)とは?

まず「チャットボット(ラインボット)」についてですが、自動的に人のように対話することができるシステムのことです。

ボットといえば、HPの問い合わせページであったりチャットツールでよく見かけるシステムを思い浮かべるかと思います。

実はLINE上でも多く使われており、企業の公式LINEアカウントなどでも導入されている場合が多いので目にしたこともあるのではないでしょうか?

その機能はとても便利で、大きく分けて3種類の機能を活用することができます。

  • 応答メッセージ
  • AI応答メッセージ
  • MessagingAPIを活用したチャットボット

①応答メッセージ

これは基本的な機能で、LINE公式アカウントに標準で装備されています。

機能としては、ユーザーから受信したメッセージに対して、自動的にメッセージを送信するチャットボットになります。

運用するLINE公式アカウント側であらかじめ設定したキーワードをユーザーから受信すると、自動的に用意しておいたメッセージを返信する仕組みとなっています。

設定したキーワードを受信しないとメッセージを自動送信することはできないですが、ユーザーに対して「このキーワードを送信してください」といったやりとりをすることができますので、興味を持ったユーザーにメッセージを送信できる点がメリットです。

②AI応答メッセージ

この機能もLINE公式アカウントに標準装備されていて、“ユーザーからメッセージを受信した時にAIが内容を判断して、適切なメッセージを返信する” という機能です。

先ほどの「応答メッセージ」と違い、特定のキーワードを受信しなくても、AIが似た内容のメッセージを判断して自動返信するため、応用できる場面が増えますね。

運営するアカウントの業種ごとにカテゴリーが分かれ、その中でもさらに

  • 一般的な質問
  • 基本情報
  • 業種カテゴリー別
  • 予約情報

で分かれているため、ユーザーの送信内容に対して、より条件の近いメッセージを送信できるため使い勝手がいいですね。

しかし長文での受信はAIが判断できないため、メッセージを返信できないというデメリットもあります。
そう言った場合はアカウントの管理者が、個別で対応するようにしましょう。

③MessagingAPIを活用したチャットボット

この機能は、公式LINEアカウントには表示装備されていません。

ではどのようにして活用するかというと、ボットサーバーとLINEプラットフォームの間でデータを交換するために紐付けをする必要があります。

ユーザー個人に合わせた体験をLINE上で提供するボットを作成できるため、導入すれば一気に公式LINEの運用の幅が広がりますね。

チャットボットの作り方

では具体的なチャットボットの作り方を解説していきます。
手順としては簡単ですので、しっかりと覚えておきましょう。

  1. LINE公式アカウントの作成
  2. 管理画面でラインボットの作成

LINE公式アカウントの作成

まずはLINEの公式アカウントを作成しましょう。

LINE公式アカウントの作成手順は以下の通りです。

  1. LINE for Businessにアクセスしてアカウントの開設
  2. 個人のLINEアカウントもしくはビジネスIDでログイン
  3. LINE公式アカウントの必要情報を入力する
  4. 開設完了

管理画面でラインボットの作成

LINE公式アカウントにログインしたら、早速ラインボットの作成です。

左のメニュー欄にある、「応答メッセージ」「AI応答メッセージ」はここから作成が可能となっています。

チャットボットを導入するメリット

ここまでで、チャットボットを導入することで自動返信が簡単になる、ということは理解していただけたでしょうか?

さらに具体的に、チャットボットを導入するメリットをまとめてみましたのでご参考ください。

  • 質問・お問い合わせの時間短縮
  • ユーザビリティが高くなる

質問・お問い合わせの時間短縮

コールセンターやメールサポートなどとは違い、チャットボットを活用することで24時間対応が可能となります。

お客さんもそうですが、運営元もお問い合わせに対して少ないコスト(時間や設備など)で対応することができますので、お互いにメリットがあります。
またお客様も質問をしたら回答がすぐに返ってくるため、時間の短縮になり満足度も上がることが予想されます。

ユーザビリティが高くなる

ユーザビリティとは、先ほどの「お客様の満足度も上がる」ということにつながります。

また、電話やメールでのお問い合わせだとお客様も遠慮しがちになってしまいます。
その点LINEはシェア率が72%以上ですので、手軽に活用でき質問もしやすい状況となります。

よりお客様の意見や満足度を拾いやすくなるため、ユーザビリティが高くなることが予想されますね。

LINEチャットボット活用事例

参考までに、どんな企業がLINEのチャットボットを活用しているのかをご紹介してみます。
よく目にする企業さんも活用しているため、ぜひ参考にしてみましょう。

店舗

  • ローソン
  • ドミノピザ

運輸

  • ヤマト運輸
  • JR東日本
  • 日本郵便

金融

  • みずほ銀行
  • ライフネット生命