無料プレゼント「LINE集客ガイド」受け取りはこちらをクリック

【抽選機能も!】LINE公式アカウントのクーポンとは|作成・配信方法を解説

LINE公式アカウント

「LINE公式アカウントでクーポンを作れるって聞いたけど、ホントかな?」

「実店舗を持っていなくても作れるのかな?」

このように思う人もいるハズ。

LINE公式アカウントを開設していれば、クーポンは誰でも作ることができます。

もちろん、実店舗を持たずに『ネットビジネス』を行っている人でも作成が可能です。

作り方はとても簡単ですので、ぜひ作成してみてくださいね。

しかしそうはいっても「クーポンは結局どうやって作ればいいの?」と悩む人もいるかもしれません。

そこでこの記事ではクーポン機能・もたらす効果・作成方法・活用事例を解説します。

ぜひ参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • クーポン機能とは
  • クーポンの効果
  • クーポンの作成方法
  • クーポン配信方法
  • クーポンの活用
  • クーポン分析で効果的な運用が可能
  • クーポン利用例

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

  1. LINE公式アカウントのクーポンの活用方法について動画で解説!
  2. LINE公式アカウント|クーポン機能の効果とは
    1. クーポンの効果
  3. 【抽選など】クーポンで使える機能を解説
    1. 有効期間の設定
    2. 画像の貼り付け
    3. 利用ガイド(クーポンの説明文)の記入
    4. 抽選機能
    5. 公開範囲を設ける
    6. 利用可能数
    7. クーポンコード
    8. クーポンタイプ
    9. クーポンのシェア
    10. 配信データの分析
    11. 経路
    12. 開封ユーザー
    13. ページビュー
    14. 獲得ユーザー
    15. 使用ユーザー
  4. LINE公式アカウントクーポンの作成方法
  5. LINE公式アカウントでクーポンを配信する方法
  6. LINE公式アカウントクーポンの停止方法
    1. 削除する
    2. ユーザーがクーポンを入手できないようにする
  7. LINE公式アカウントクーポンの使い方は?
    1. 友だち追加
    2. メッセージに付与する
    3. リッチメニューの中に表示させる
    4. リサーチ(アンケート)の特典
    5. タイムラインおよびSNSでシェアする
    6. 自動応答キーワードとして登録
  8. トーク画面にクーポンを表示させる不法
    1. 1.『ホームをタップ』
    2. 2.画面上部『友だち』をタップ
    3. 3.『公式アカウント』をタップ
    4. 4.クーポンを表示させたいアカウントをタップ
    5. 5.画面中央『クーポン』もしくは『投稿』をタップ
    6. 6.希望するクーポンを探す
  9. LINE公式アカウントクーポンの活用方法
    1. クーポン分析で効果的な運用が可能
    2. クーポン利用例
  10. クーポン作成後はショップカードも作ろう!
    1. 設定方法
      1. 1.背景画像の設定
      2. 2.デザイン設定
      3. 3.ゴールまでのポイント数
      4. 4.ゴール特典
        1. 特典チケットの作成方法
      5. 5.ポイント特典
      6. 6.カードの有効期限
      7. 7.有効期限の通知
      8. 8.カード取得ボーナス
      9. 9.ポイント取得制限
      10. 10.利用ガイド
  11. まとめ|LINE公式アカウントのクーポン機能を使おう!
  12. LINE公式アカウントツールならエルメ!

LINE公式アカウントのクーポンの活用方法について動画で解説!

LINE公式アカウントのクーポンの活用方法について動画で解説しました!

クーポンのメリットから、クーポンを使って売り上げを伸ばす方法について解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

LINE公式アカウント|クーポン機能の効果とは

友だち追加してくれた読者に対して、商品やサービスを購入、利用してもらうための販促物です。

割引や特典として無料プレゼントするなどに活用することができます。

一般的に実店舗等で渡される紙のクーポンの電子版だと思っていただけるとわかりやすいでしょう。

例えば、あなたが飲食店を経営しているとします。

20%オフの割引券を配布したいと思った時にこのクーポン機能を利用した場合

印刷代などのお金をかけず無料で登録者全員に割引券を配布することができます。

クーポンの効果

クーポンには単純にプロモーションを行うだけでなくブロックを低減させる効果があります。

後述しますが、クーポンには「抽選機能」がついています。

この抽選機能によって紙のスクラッチのようなエンターテイメント性を持たせより登録者に興味づけを行うことが可能となります。

なお、LINE公式アカウントで使える機能はクーポンだけではありません。

その他に使える基本機能に関しては『LINE公式アカウントとは?基本機能・開設方法・料金・活用事例を解説』にて詳しく解説しています。

20コもある基本機能やLINE公式アカウントの活用事例を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【抽選など】クーポンで使える機能を解説

LINE公式アカウントのクーポンには以下の機能があります。

クーポンの機能
  1. 有効期間の設定
  2. 画像の貼り付け
  3. 利用ガイド(クーポンの説明文)の記入
  4. 抽選機能
  5. 公開範囲を設ける
  6. 利用可能数
  7. クーポンコード
  8. クーポンタイプ
  9. クーポンのシェア
  10. 配信データの分析

有効期間の設定

クーポンには有効期間を設定することができます。

クーポンに限定性を持たせたいときは有効期間を設定するとよいでしょう。

ちなみに、現時点(2021年3月20日)では2037年まで設定できます。

現時点より過去の日付は指定できませんので、覚えておきましょう。

画像の貼り付け

クーポンには画像を張り付けることができます。

自サイトのロゴやクーポン対象商品の写真を載せるとよいでしょう。

ただし張り付けられる画像には制限があります。

画像の制限
  • ファイル形式:JPG・JPEG・PNG
  • ファイルサイズ:10MB以下
  • 推奨サイズ:640px × 640px

これらに該当しない画像は使用できません。気を付けてくださいね。

利用ガイド(クーポンの説明文)の記入

クーポンを配布する前に必ず利用ガイド(クーポンの説明文)を記載しておきましょう。

具体的には『クーポンをご利用の際は注文時、スタッフにご提示ください』のような文章を添えておくとよいでしょう。

そうすることで、クーポンに関する説明を現場スタッフが毎回しなくても済み、オペレーションが楽になりますよ。

抽選機能

クーポンにはなんと抽選機能が付いています。

抽選の有無、利用する場合は確率、上限等の設定が可能です

この抽選機能はゲーム性を高めて、友だちからの反応率を高める効果があります。

確率は1~99%まで設定可能で、当選者の上限は99,999人まで設定できます。

例えば『店内全品5%オフ』というクーポンであれば割引率がそこまで高くないので、『当選確率90%』や『上限数は無し』で設定してもいいかもしれません。

そうすることで、販売促進効果を期待できます。

その一方で、『店内全品50%オフ』など利益に大きく響くようなクーポンであれば、『当選確率5%』や『当選者上限10人』などに設定するとよいでしょう。

これであれば利益に悪影響が出にくいですし、クーポンに対してプレミア感を持たせることもできます。

このようにクーポンを利用するときは、友だちのメリットと自社のデメリットのバランスを考慮して判断しましょう。

公開範囲を設ける

クーポンの公開範囲を決めましょう。

もしも新規顧客を獲得したいのであれば、全体公開を選んでください。

そうすることで多くの人にリーチできるからです。

その一方で現在の友だちの満足度を向上させたいのであれば、『友だちのみ』を選択するとよいでしょう。

『友だち限定クーポン』と銘打てば、「友だち追加した甲斐があったな」と感じてくれるはずですよ。

利用可能数

クーポンの使用回数を限定しましょう。

今のところは『1回のみもしくは上限なし』で設定することができます。

割引額が大きいクーポンは1回のみにしておくとよいでしょう。

クーポンコード

必要に応じてクーポンコードを設定しましょう。

電話予約など画面の提示ができないときなどは、クーポンコードを設定しておくことでやり取りがスムーズになりますよ。

クーポンタイプ

じつはクーポンには以下5種類があります。

クーポンのタイプ
  • その他(紫色)
  • 割引(緑色)
  • 無料(赤色)
  • プレゼント(青色)
  • キャッシュバック(黄色)

内容別で色が設定されているのはおそらく設定ミスを事前に防ぐためでしょう。

クーポンの色がいつもと違うときは設定し間違えているということなので、その際は修正をしましょう。

クーポンのシェア

作成したクーポンは以下4つの方法でシェアができます。

クーポンをシェアする方法
  • 友だち追加クーポン
  • メッセージとして配信
  • タイムラインに投稿
  • キーワード応答に設定

ココの詳細に関しては後述しますね。

配信データの分析

LINE公式アカウントのクーポンにはなんと分析機能も付いています。

分析を行うことで獲得率の良いクーポンが何かがわかりますよ。

経路

クーポンを開かれた経路がわかります。

ただしこの機能は万能ではなく、経路不明と表示されることが多々あります。

すべての経路を明らかにしたいときはAPI※を使う必要があるでしょう。
※簡単に言うとプログラミングのこと

開封ユーザー

クーポンを表示した人数がわかります。

この数を配信メッセージ数で割れば、開封率がわかります。

いわゆる反応率みたいなものですね。

クーポンの反応率を調べたいときは、この開封数をチェックしてください。

ページビュー

ページビューとはクーポンが表示された回数を表示します。

簡単に言うとクーポンを閲覧された回数のことですね。

ここで気を付けたいのはページビュー=ユーザー数ではないということ。

たとえば1人のユーザーが3回クーポンを見ると、ページビューは3と表示されます。

ページビュー数は開封ユーザー数とは異なる概念ですので、混同しないよう気を付けましょう。

獲得ユーザー

クーポンを実際に獲得した人数がわかります。

クーポンを開いた人が多いにもかかわらず、獲得数が少ないのであれば、クーポンの内容が友だちにささっていなことになります。

そのときはクーポン内容を見直しましょう。

使用ユーザー

クーポンを実際に使用した人数を指します。

獲得ユーザーが多いにもかかわらず使用人数が少ないのであれば、何かしらの理由で使えない事情がうかがえます。

『使いたくても使えない』ということなのであれば、満足度に悪影響を及ぼすかもしれません

その際は使用条件を見直すとよいでしょう。

LINE公式アカウントクーポンの作成方法

スマホの方はLINE公式アカウントアプリPCの方はLINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGERを開いてメニューから「クーポン」を選択します。

スマートフォン

パソコン

「作成」を選択

スマートフォン

パソコン

クーポン詳細を入力していきます

スマートフォン

パソコン

クーポン名…ここに入力した名前が登録者にそのまま表示されます。

有効期限…開始・終了日時を入力します。終了日時を迎えると、自動的にクーポンが利用できなくなります。日本に住んでいる場合はタイムゾーンはそのままで大丈夫です。

スマートフォン

パソコン

必須ではないですが、配信時のビジュアルで興味を引くことができるので設定をオススメします。

スマートフォン

パソコン

LINE公式アカウントでクーポンを配信する方法

クーポンの作成・保存が完了したら配信をしていきます

「メッセージを配信する」を選択

スマートフォン

パソコン

「クーポン」を選択

スマートフォン

パソコン

先ほど作成したクーポンを選択、選択後「次へ」をクリック

スマートフォン

パソコン

各種配信設定が完了したら「配信」をクリック

配信設定詳細はこちらの記事をチェック!

配信が完了すると登録者の画面にはこのように表示されます!

このようにクーポン機能をうまく活用して売り上げアップにつなげていきましょう!

LINE公式アカウントクーポンの停止方法

クーポン機能を停止させる方法は2つあります。

クーポンを停止させる方法
  1. 削除する
  2. 入手不可にする

削除する

コレが一番簡単ですね。今すぐ使えなくしたいのであれば削除をしましょう。

なお手順は以下の通り。

クーポンを削除する手順
  1. 対象クーポンの右にある『…』を選択
  2. 『削除』を選択
  3. もう一度『削除』を選択

これでクーポンは使えなくなります。

ただし、クーポンをすでに配布済みの場合はトラブルにつながる可能性もあります。

もしも削除する予定があるのであれば『このクーポンは予告なしで途中終了することがございます。ご了承ください』のような利用ガイドを記しておくとよいでしょう。

ユーザーがクーポンを入手できないようにする

具体的にはあいさつメッセージやタイムライン、SNSでのクーポン付与をやめることを指します。

そうすればあたらしくクーポンを入手する人はいなくなります。

ただし、唐突になくすとクレームが発生するかもしれませんので、クーポン配布終了に関する事前告知をしておくとよいでしょう。

LINE公式アカウントクーポンの使い方は?

クーポンを使うタイミングは以下6つになります。

クーポンの使い方
  • 友だち追加
  • メッセージに付与する
  • リッチメニューの中に表示させる
  • リサーチの特典
  • タイムラインおよびSNSでシェアする
  • 自動応答キーワードとして登録

友だち追加

具体的にはあいさつメッセージにクーポンを付与すればOK。

そうすればウェルカムメッセージとともにクーポンを手渡すことができますよ。

来店動機を高める『ファーストドリンク一杯無料』などを配布するとよいでしょう。

メッセージに付与する

クーポンはあいさつメッセージ限らず他のメッセージにも付与できます。

メッセージの種類
  • 一斉配信
  • 応答メッセージ
  • リッチメッセージ
  • ステップ配信

これらですね。

売り上げをアップさせるには最適なタイミングでクーポンを配布するとよいでしょう。

なおLINE公式アカウントのメッセージに関しては『LINE公式アカウントのメッセージ配信とは?料金や使い方を解説』で紹介しています。

参考にしてくださいね。

リッチメニューの中に表示させる

クーポンはリッチメニューの中に表示させることもできます。

アクションのタイプで『クーポン』を選択すれば使用できますよ。

リッチメニューはすべてのメッセージで表示される広告みたいなものですので、万人受けするクーポンを付与するのが理想的。

具体的には500円クーポンといった、誰でも使いやすいものを載せるとよいでしょう。

リッチメニューに関することは『LINE公式アカウントのリッチメニューは無料で作成可!活用事例もご紹介』で解説していますので、チェックしてみてください。

リサーチ(アンケート)の特典

リサーチ(アンケート)答えてくれたお礼としてクーポンを配布するのもアリです。

リサーチにわざわざ答えてくれる人はサービスや商品に対する興味が高いと言えますから、コアなファンに喜ばれる内容にするとよいでしょう。

たとえば商品をもっと効果的に使える『公式オリジナルアイテムのプレゼント』やプロ講師による1時間の無料セミナー招待券など、普段は手に入らないようなアイテムや情報をプレゼントするのがおすすめです。

その他大勢の人とコアなファンでは喜ぶクーポン内容が異なりますので、そこを意識して作成するとよいでしょう。

リサーチに関する詳しい情報は『LINE公式アカウントのアンケート機能|リサーチは無料で作成・配信できる』で記載しています。

参考にしてください。

タイムラインおよびSNSでシェアする

タイムラインやSNSでシェアするのにもクーポンは使えます。

この場合だとその他大勢の人にPRするわけですから、万人受けする500円クーポン券などがベストでしょう。

タイムラインに関しましては『LINE公式アカウントのタイムライン|機能・投稿手順・活用事例を紹介』で紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

自動応答キーワードとして登録

自動応答メッセージに設定するのもよい手です。

たとえば『クーポンと送信してくれればクーポンをプレゼントしますね』と告知し、応答メッセージを設定すれば、送信者にだけクーポンを上げることができます。

クーポンの内容をリッチにし、配布数を少なくしたいときに有効な手段です。

なお、自動応答にについては『LINE公式アカウントを応答メッセージで自動化!使い方や設定方法』で紹介しています。

参考にしてください。

トーク画面にクーポンを表示させる不法

クーポンがトーク画面に表示されないときは、以下の手順に沿ってクーポンを探しましょう。

表示されないときの対処法
  1. 『ホームをタップ』
  2. 画面上部『友だち』をタップ
  3. 『公式アカウント』をタップ
  4. クーポンを表示させたいアカウントをタップ
  5. 『クーポン』もしくは『投稿』をタップ
  6. 希望するクーポンを探す

1.『ホームをタップ』

まず通常のLINEアプリを開きます。

そして画面左下に表示されている『ホーム』をタップしましょう。

2.画面上部『友だち』をタップ

ホーム画面上部にある『友だち』をタップしてください。

3.『公式アカウント』をタップ

上図のように『公式アカウント』が表示されますので、それをタップしましょう。

4.クーポンを表示させたいアカウントをタップ

クーポンを表示させたい対象アカウントをタップしてください。

5.画面中央『クーポン』もしくは『投稿』をタップ

この時に『クーポン』が表示されていればクーポンを、されていなければ『投稿』をタップしましょう。

6.希望するクーポンを探す

『投稿』を選んだ場合は、希望するクーポンをチャット内から探しましょう。

この手順でクーポンを表示できますよ。

LINE公式アカウントクーポンの活用方法

クーポンを活用してLINE公式アカウントの友だち数の増加や、来店者数の向上を狙うことができます。

まずクーポン自体は単体で配布することはできません。

必ず、LINE公式アカウントからの配信でクーポンを配布する必要があるので、ユーザーにとって魅力的なクーポンであればクーポン取得のために必然的に友だち数が増加する形になります。

その際は、「LINE公式アカウント追加でドリンク1杯無料券プレゼント」など具体的なクーポン内容を記載しましょう。

また、設置場所としては実店舗があるビジネスをしている方は、レジ横や、テーブル、お店のHPなどに記載がおすすめです。

オンラインでビジネスをしている方は、自社HPやSNS、チラシなど広告媒体へ記載しましょう!

クーポン分析で効果的な運用が可能

このクーポン機能はただ発行するだけでなく、開封者数と使用者数の結果を数値で確認することができます。

分析はLINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGERの「分析」タブ→「クーポン」から確認することが可能です。

実際に、クーポンを配信しているものの実際に使われているのか、クーポンが使われた結果、店全体の売り上げ向上につながっているのかなどの分析に利用することができます。

クーポン利用例

ケース1

パーソナルトレーニングなどの高価格帯の商品の場合、やはり消費者側としてはどうしても購入(契約)に慎重になります。

そこで、通常1回5,000~6,000円するパーソナルトレーニング1回を無料体験できるクーポンを発行します。

まずは無料で体験してもらい、オフラインでの関係性を築いた上でセールスする方が格段に購入率の向上を見込むことができます。

また、無料体験当日に契約まで至らない場合でも、LINEでの繋がりがあるので引き続きセールスが可能となります。

ケース2

会員カードを発行するような事業(カラオケやインターネットカフェ、スポーツジムなど)の場合、「会員カードをお持ちの方限定〇〇割引」のようなクーポンを発行することで、同業他社に顧客を取られにくくなります。

また、継続率の向上やDMなど広告物の印刷費用などの削減されるため、クーポンによってお客様を囲い込むことでトータルで考えた場合に事業として大きな利益につなげることが可能です。

クーポン作成後はショップカードも作ろう!

クーポンを作成した後はショップカードも作成しておきましょう。

クーポン券は初回来店動機を強化するのに役立ちますが、リピートにはあまり貢献しないからです

せっかく獲得したお客様が一回だけの来店で終わってしまうのは、悲しいですよね。

そこで役立つのがショップカードです。

ショップカードを設定しておけば、継続来店の動機強化につながります。

それだけでなく、LINEアプリ上でポイント管理も可能となります。

つまりオフラインでポイントカードを持ち運ぶ必要がないわけですね。

コレはとても便利と言えます。

一度作った来店の流れが途切れないよう、ショップカードもきちんと設定しておきましょう。

設定方法

ショップカードを設定する方法は以下の通りです。

ショップカードの設定方法
  1. 背景画像の設定
  2. デザイン設定
  3. ゴールまでのポイント数
  4. ゴール特典
  5. ポイント特典
  6. カードの有効期限
  7. 有効期限の通知
  8. カード取得ボーナス
  9. ポイント取得制限
  10. 利用ガイド

1.背景画像の設定

ショップカードの背景に画像を挿入することもできます。

ロゴや宣伝用キャラクターがいるのであれば、そういった画像を貼るのがよいでしょう。

ただし背景画像には『3MB以下に限る』という容量制限があります。

コレを超えますと設定できませんのでご注意ください。

2.デザイン設定

デザインとはスタンプの色を決められる機能です。

具体的には以下の通り。

  • ブラウン
  • レナード
  • コニー
  • ムーン
  • サリー
  • ブルー
  • パープル
  • ピンク
  • グリーン
  • オレンジ

企業のイメージカラーに沿うものを選びましょう。

3.ゴールまでのポイント数

ゴールまでに必要なポイント数を設定できます。

最大50ポイントまで設定できますが、あまりにもポイント数が多いと来店動機の強化につながらないおそれがあります。

ポイント数を多くしたいのであれば、1つのポイントのハードルを下げる(100円につき1ポイントなど)のがよいでしょう。

4.ゴール特典

ゴール特典を設定しましょう。

事前に特典チケットを設定していれば、アップロードすることができますよ。

ただし、特典チケットは事前に作成しておかなければアップロードができませんのでご注意ください。

特典チケットの作成方法

特典チケットの作成方法は以下の通りです。

  1. デザインを設定
  2. 特典チケット名
  3. 利用ガイドの記入
  4. 有効期限の設定
  5. 特定イメージの設定(画像のアップロード)
    ※10MB以下の写真および画像のみ

この手順で作成することができます。

1~2分で設定できますので、ぜひ利用してくださいね。

5.ポイント特典

設定したポイント数に到着したら特典をプレゼントする機能です。

たとえば10ポイントでゴールというショップカードであれば、5ポイント到達でも特典をプレゼントできるようにする機能です。

これによってポイント達成意欲を大いに刺激することができるでしょう。

ちなみに、ポイント特典の設定は1ポイントごとにできます。

3日ごとに設定するのが良いのか、5日や10日ごとが良いのかなどユーザーからの反応を確認しつつ探求するとよいでしょう。

6.カードの有効期限

カードの有効期限を決めることができます。

具体的には以下のように設定できます。

  1. 最終利用日から〇年△日
  2. 初回利用日から〇年△日
  3. 設定しない

年単位に関しては0~9年、月単位に関しましては0~11月まで設定できます。

ただし、ショップカードを公開した後だと有効期限日を変更できません(トラブル回避のためと思われる)。

よくよく考えて決めてくださいね。

7.有効期限の通知

有効期限の通知を設定することも可能です。

具体的には以下のように設定できます。

  • 有効期限の前日
  • 有効期限から3日前
  • 有効期限から1週間前
  • 有効期限から2週間前
  • 有効期限から3週間前
  • 有効期限から1カ月前
  • 通知しない

この中から都合の良いものを選びましょう。

8.カード取得ボーナス

ショップカードを取得した時点でポイントを付与する機能です。

オフラインの世界でももらったスタンプカードを見てみると、すでにポイントが押されていることがありますよね。

要するにコレは、それと同じことができる機能です。

取得ボーナスを付与することで、ゴール達成意欲を刺激することが可能です。

スタンプの達成率がイマイチなときに試してみてくださいね。

9.ポイント取得制限

ポイント取得制限はポイントをもらってからの一定期間および時間内は、新たなポイントを取得できないようにする制度のこと。

  • 同日中の付与はしない
  • 指定時間(1~23時間)内は付与しない
  • 設定しない

これは要するに、不正取得を防ぐための手段ですね。

ポイントを短期間に異常なほど集める人物がいる場合は、この機能を使って不正を防ぎましょう。

10.利用ガイド

クーポンの時と同様にショップカードでも利用ガイド(説明文)を記載できます。

ポイント取得制限や有効期限を設けたときに記載するとよいでしょう。

なおショップカードに関しては『LINE公式アカウントのショップカードでリピーター増!作成方法や成功事例を紹介』で解説しています。

参考にしてください。

まとめ|LINE公式アカウントのクーポン機能を使おう!

クーポンの機能や抽選機能に関することがわかりましたね。

来店動機や購買意欲を高めたいときは、このクーポン機能を使うとよいでしょう。

そうすれば反応率や購買率を固めることも可能です。

実際にLINE公式カウントではクーポンの活用事例が紹介されており、クーポンの有効性がと解説されています。

ぜひあなたもクーポンを使ってみてくださいね。

また、クーポンには抽選機能がありましたね。

当選確率や当選上限数を設定することで、コストを抑えることも可能です。

費用対効果を見極めて活用しましょう!

そしてクーポンを設定した後はショップカードの作成もお忘れなく。

そうすればリピーターを獲得することも可能です。

クーポンで新規客を、ショップカードでリピーターを獲得してくださいね。

しかしクーポンを活用するために一点注意しなければならないことがあります。 それはクーポンを見てもらう前にユーザーが離れてしまう可能性があるという点です。

せっかくクーポンを配信しても見てもらわなければ意味がありません。 ユーザーが離れない公式LINEアカウント作りを行うためにも、他社の公式LINEアカウントに登録をして自社の公式LINEアカウント作りに活かしましょう。

弊社が運営しているエルメ公式LINEアカウントでは、公式LINEアカウントを運営するために必要な情報を日々発信しています。 無料で登録できますので、自社の公式LINEアカウントの運営にお役立てください。

LINE公式アカウントツールならエルメ!

クーポンを配布し続けた結果、友だちの獲得および反応率の改善ができたあなた。

そうなると次は、商品(正確にはバックエンド商品)の販売を視野に入れてきますよね。

しかし、手動で顧客の教育やセールスを行うのは正直大変です。

そんな時はエルメをお使いください。

エルメにはステップ配信機能がついていますので、一度仕組みさえを構築してしまえば教育およびセールスの自動化が可能になります。

その結果、働き手がたとえあなた1人であったとしても、売り上げの最大化・効率化を実現させることが可能です。

それに付け加えて、エルメなら以下のような機能を無料で使えます。

エルメの機能
  1. 個別チャット
  2. 自走式アンケート
  3. 回答フォーム
  4. 自動返信
  5. リマインド配信
  6. 細やかな流通経路分析
  7. 複数のリッチメニュー作成
  8. URL設定
  9. スタッフ管理
  10. CV管理

従来のメルマガであれば、こういった機能を使う場合は月額数万円かかっていました。

しかしエルメであれば、タダでお使いいただけます。

もちろん、何年縛りなどといったものも一切ありません。

それどころか即日解約も可能ですので、ノーリスクでお使いいただけます。

それに付け加えて、今エルメと友達になってくれた方にはスタートアップガイドもプレゼント中です!

このスタートアップガイドを読めば、機能が豊富で使い余しがちなLINE公式アカウントを早い段階でフル活用することが可能になります。

「LINE公式アカウントを自分のビジネスに早く組み込みたいな」という方は、確実にGetしておいてくださいね。