LINE公式アカウントのリッチビデオメッセージとは?作り方や料金

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントのリッチビデオメッセージは、動画を使ったメッセージ配信の方法です。

リッチビデオメッセージは、視覚的に強いアピールができるので、商品のPRやキャンペーン情報の配信、イベントの様子の紹介などに効果的です。

そこで、今回の記事ではリッチビデオメッセージの作り方料金について解説していきます。

この記事でわかること
  • リッチビデオメッセージと動画の違い
  • リッチビデオメッセージの活用方法
  • リッチビデオメッセージの料金
  • リッチビデオメッセージ作成方法

基本的な作成方法だけでなく、どのような動画が適しているのか、適切な動画のサイズや長さ、タイトルの付け方まで紹介します。

効果的なリッチビデオメッセージを配信し、ユーザーとのコミュニケーションを強化しましょう。

エルメ友だち追加で3大特典プレゼント中
  • 運用の参考になる
    【優良アカウント100選】

  • 自動的に集まる
    【 “ズルい”集客法】

  • 診断結果に合わせた
    【㊙シークレット特典】

LINE公式アカウントのリッチビデオメッセージとは

LINE公式アカウントのリッチビデオメッセージとは、動画を活用したメッセージ配信の方法です。

トーク画面を開くと無音で動画が流れ、ユーザーが動画をタップすると音ありで再生されます。

そして、動画が終了すると外部への誘導が表示されます。

通常のテキストや画像の配信と比べて大きく異なるのが、1回の配信で伝えられる情報量の多さです。

通常の配信ではテキストであれば500文字×3セクション、画像は基本的に3枚までです。

一方、動画配信は200MB以下であれば1〜2分程度の動画を配信できます。

1分間の動画には180万語と同等の情報量があるとも言われており、動画配信であるリッチビデオメッセージでは、短い時間で大量の情報を伝達できます

また、視覚的な要素を取り入れることで、ユーザーにより魅力的なコンテンツを提供できるため、商品のPRやキャンペーン情報、イベントの紹介などに活用すると効果的です。

詳しい活用方法については、後ほど解説します。

なお、画像を活用した「リッチメッセージ」の配信方法については、以下の記事をご覧ください。

リッチビデオメッセージと動画の違いは?

リッチビデオメッセージと通常の動画配信は、何が違うのでしょうか。

まず、LINE公式アカウントで動画配信をするには、以下の3つの方法があります。

  • リッチビデオメッセージ
  • 動画をメッセージに添付
  • 動画のURLを添付

リッチビデオメッセージと他2つの動画配信方法の違いは、主に以下の3つです。

  1. 再生方法
  2. アクションボタンの設定
  3. 画面表示サイズ

それぞれの違いについて、詳しくみていきましょう。

なお、LINE公式アカウントの動画配信については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

1.再生方法

リッチビデオメッセージと他2つの動画配信方法では、再生方法が異なります。

リッチビデオメッセージ

LINEトーク画面を開くと無音で動画が自動再生され、ユーザーが動画をタップすると音声付きで動画が再生されます。

動画をメッセージに添付

自動再生されるのは同じですが、再生された動画はタップすると、拡大表示されます。

動画のURLを添付

動画を再生するにはURLをタップし、一度外部のリンクに飛ぶ必要があります。

再生方法については、自動再生されるリッチビデオメッセージやメッセージに動画を添付するほうが、URLを添付するよりもアクションが少ないです。

受信者にとって手間のかからない方法を選択することで、再生率の上昇が期待できます。

2.アクションボタンの設定

リッチビデオメッセージには「アクションボタン」を設定できます。

アクションボタンは、タップすることで任意のURLに遷移できるボタンです。

ユーザーを任意のURLに誘導し、公式サイトや商品購入ページの閲覧など次のステップのアクションを促すために活用できます。

アクションボタンは、動画をタップした際、右上に表示されます。

また、動画視聴終了後には大きく中央に表示されるので、タップされやすいでしょう。

3.画面表示サイズ

リッチビデオメッセージとメッセージに添付した動画とでは、画面表示サイズが異なります。

リッチビデオメッセージは、トーク画面の横幅いっぱいに大きく表示されます。

一方メッセージに添付した動画は、アカウント画像の横に配置されるため、リッチビデオメッセージと比べて画面表示サイズは小さいです。

画面表示サイズが大きいと、インパクトが強くなりますよね。

また、視認性が上がり、動画が見やすくなるのもメリットの1つです。

どんな動画なのかがわかりやすくなるので、ユーザーが興味のある動画であった場合、動画を見続けてもらえる可能性が高くなります。

画面表示サイズが大きいほうが、宣伝・集客効果が高いといえるでしょう。

リッチビデオメッセージの活用方法

リッチビデオメッセージの活用方法について紹介します。

リッチビデオメッセージは強い視覚的なアプローチができるので、テレビCMのような使い方が向いています。

アクションボタンにより、動画視聴中・視聴後に外部URLへの誘導ができるところもポイントです。

上手く活用すれば、公式サイトや商品購入ページの閲覧など次のアクションへ繋げられます。

具体的には、下記のようなケースで効果を発揮します。

リッチビデオメッセージの活用事例

  • 商品のPR動画を配信→決済ページへ誘導
  • 動画冒頭のみを配信→Youtube動画へ誘導
  • イベントの様子を配信→イベント申し込み誘導
  • セミナー概要のみを説明→申込みへ誘導
  • キャンペーン内容を解説→キャンペーン応募へ誘導

まずはユーザーをどの外部URLに誘導したいかを決め、ユーザーに「もっと詳しい情報が知りたい」と思ってもらえるような内容の動画を配信しましょう。

リッチビデオメッセージの料金

リッチビデオメッセージの料金は基本的に無料です。

LINE公式アカウントの料金プランは3種類ありますがリッチビデオメッセージは、3種類全てのプランで利用できます。

ただし料金プランごとに追加課金なしで配信できる通数は決められているので、各プランの無料メッセージ通数・追加メッセージ料金を確認しましょう。

詳細は以下の記事をご覧ください。

リッチビデオメッセージの作り方

リッチビデオメッセージの作り方を解説していきます。

まず、LINE official Account Managerにログインしてください。

ログイン後「リッチビデオメッセージ」→「作成」をクリックします。

タイトルを入力し、各種動画の設定を行います。

①アクションボタン:外部誘導したい場合は「表示する」を選択

②リンク先URL:誘導したいURLを記載

③アクションボタンテキスト:外部誘導ボタンのテキストを選択

④動画アップロード:リッチビデオメッセージで配信したい動画をアップロードする

動画の推奨フォーマットは「MP4、MOV、WMV」、ファイルサイズは「200MB以下」です。

動画の比率は、横長・正方形・縦長の全てに対応しています。

保存後、メッセージ配信でリッチビデオメッセージを選択して配信可能になります。

リッチビデオメッセージ作成時の注意点

リッチビデオメッセージ作成時の注意点について解説します。

作成時の注意点

  • 動画の作成方法
  • 適切な動画の長さ
  • スマホ向きの動画サイズ
  • タイトルの付け方

どんな動画がリッチビデオメッセージに適しているのかを知って、ユーザーの関心を集める配信を行いましょう。

動画の作成方法

動画編集をしたことがない方にとっては、リッチビデオメッセージ配信の要である動画の作成がネックになるかもしれません。

なのでまずは、文字入れカットなどの簡単な編集から始めましょう。

凝れば凝っただけ良い動画ができるかもしれませんが、それでは日々の配信の妨げになってしまうリスクがあります。

スマートフォンでも簡単に動画を編集できるアプリがリリースされていますので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

また、本格的なPR動画を作成したい場合は、外注するのも選択肢の1つです。

たとえば、スキルマーケットサイトの「ココナラ」では、1万円程度で動画の作成を依頼できます。

適切な動画の長さ

適切な動画の長さは、30秒前後です。

ユーザーは、基本的に配信を流し見しています。

最近では1分間の動画でも「長い」と感じる人が増えているようです。

1分以上の動画は飽きられてしまい、途中で見るのをやめられてしまうリスクが高まります。

動画の視聴終了後は、アクションボタンが大きく表示されるので、最後まで視聴してもらうことで外部URLへ誘導しやすくなります。

ユーザーが飽きずに最後まで視聴できる30秒前後を目安として、動画を作成しましょう。

スマホ向きの動画サイズ

リッチビデオメッセージは、縦長、横長、正方形のどの動画サイズにも対応していますが、動画サイズは、スマホで見ることを想定して縦長の動画サイズで作成しましょう。

9:16の縦長にすると、縦横画面いっぱいに表示できるので、見やすくインパクトのある動画になります。

逆に横長の動画にしてしまうと、スマホの横幅に合わせて表示されてしまい、上下に余白ができてしまいます。

タイトルの付け方

タイトルの付け方について解説します。

ユーザーの興味を引くために、タイトルは重要な要素です。

リッチビデオメッセージのタイトルは、プッシュ通知やLINEアプリ内のトークリストプレビューなどで表示されます。

プッシュ通知が表示されるのは数秒ですので、キーワードに『』を付けるなど、パッと見ただけでも目にとまりやすいよう工夫するのがおすすめです。

簡潔で分かりやすく、思わずタップしたくなるようなタイトルを考えましょう。

まとめ|リッチビデオメッセージで動画配信しよう!

今回は、LINE公式アカウントリッチビデオメッセージについて紹介しました。

リッチビデオメッセージは、テキストメッセージや他の動画配信方法に比べて、視覚的効果の高い配信方法です。

商品やキャンペーンのPR、イベントの紹介などに活用し、ユーザーとのコミュニケーションを強化しましょう。

なお、L Message(エルメ)公式LINEではLINE公式アカウントの自動集客や活用術を無料配信中です。

以下のリンクから友だち追加して是非効果的な運用方法を学んでください!