fbpx
LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

LINE公式のカードタイプメッセージとは?作成方法、使い方、活用例

LINE公式アカウント

この記事では『カードタイプメッセージの活用法と作成方法」に関して解説していきます。

カードタイプメッセージはリッチメッセージの上位版のようなもので、複数枚の画像を1つのメッセージとして配信できます。

無料で利用できるので、この記事を読み終わったあとでぜひ利用してみてくださいね!

この記事でわかること

カードタイプのメッセージとは
カードタイプのメッセージ活用例
カードタイプのメッセージの作成方法

カードタイプメッセージとは

カードタイプメッセージとは、複数ある商品やコンテンツを左右にスライドできるカードで紹介することができるメッセージです。

画像だけのメッセージと比べて画像、テキスト、ボタンを組み合わせて配信できる上、左右への動きもあるのでお客様を引きつけやすい配信方法となっています。

カードタイプ別活用例

メッセージ形式には4種類のパターンがあり、商品によって使い分けるのがオススメです。

①プロダクト
②ロケーション
③パーソン
④イメージ

それぞれの形式で登録できるカードの枚数は9枚までとなっております。

プロダクト

商品紹介にオススメのタイプ

有形商品の場合は、画像を大きく表示して商品をイメージさせやすくします。

また外部リンクも設定可能なので「詳細」「予約」「購入」などのページに誘導することも可能です。

推奨の画像サイズは1.54:1 (例えば500px × 770px)で、画像ファイルのサイズは10MBです。

ロケーション

実店舗や不動産物件など、場所を紹介するのに適したタイプ

店舗の住所(地図)や営業時間、「詳細」・「予約」ページへの誘導など具体的な情報を案内するのにオススメです。

推奨の画像サイズは1.54:1 (例えば500px × 770px)で、画像ファイルのサイズは10MBです。

パーソン

スタッフやメンバー紹介にオススメのタイプ

スタッフの写真や特徴を記載しながら、予約フォームへの誘導が可能です。

画像は画像中央を丸くトリミング形式で、画像ファイルのサイズは10MBです。

イメージ

画像をメインにアピールしたいときにオススメのタイプ

複数枚の画像をカルーセル(横スクロール)形式で配信できるので、商品がコース等に分かれている場合にオススメです。

また、「コースを選んで予約する」などの外部誘導も可能です。

推奨の画像サイズは、1.11:1(例えば500px × 555px)で、画像ファイルのサイズは10MBです。

なお、LINE公式アカウントで使える機能はカードタイプメッセージだけではありません。

その他にも使える基本機能に関しては『LINE公式アカウントとは?基本機能・開設方法・料金・活用事例を解説』にて詳しく解説しています。

20コの基本機能やLINE公式アカウントの活用事例を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

カードタイプメッセージ作成方法

まず注意点ですが、カードタイプメッセージの作成はスマートフォンからはできません。

PCで作成、保存したカードタイプメッセージをスマホから配信することは可能ですが、作成はできませんので注意しましょう!

LINE official Account Managerにログインします。

カードタイプメッセージ選択し、「作成」を選択

タイトルを入力します。

カードタイプを選択します。

4つのカードタイプの中から1つを選び「選択」をクリック

※今回は「プロダクト」を選択した例で進めます。

◆②の写真以外は全て任意設定が可能です。

①:ラベル(左上のカラー枠)内の文字を入力

②:写真をアップロード(最大3枚まで選択可能)

③:タイトルを入力

④:説明文を入力

⑤:価格を入力

⑥:アクションラベルを入力

※アクションは下記より選択可能

もっと見るカードの設定(利用は任意)

①:テンプレートタイプの選択

→シンプルもしくは写真を選択します。

②:アクション表示を入力

③:タイプを選択します

選択が完了したら、「登録」を押します。

カードタイプメッセージの作成が完了したら、メッセージ配信よりリッチメッセージビデオメッセージを選択。

先ほど作成したカードタイプメッセージを選択して配信します。

まとめ

カードタイプメッセージは、様々なパターンが使い分けが可能なため多様な業種・商品内容でも利用可能となっています。

無料で利用可能な上、多くの画像によって視覚的にアプローチすることができます。

一度作成すれば何度も配信が可能なので、まずは1通作成して配信してみましょう!