fbpx
LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

LINE公式アカウントのプレミアムID|料金・取得方法・注意点を解説

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントのプレミアムIDってご存じですか?

アカウントを開設すると必ず付与されるのが「ベーシックID」で、それを自由に変更できる機能がプレミアムIDです。

プレミアムIDを使いわかりやすい文字列に変更することで、LINEにて検索されやすくなります。

それだけでなく文字列を自分の名前にし、自分と関連付けることで友だちはより安心して友だち追加をしてくれるでしょう。

それだけでなくプレミアムIDは年間費1,200円と非常にリーズナブルですので、コストをかけることなく誰でも利用できます。

プレミアムIDはぜひとも使っていただきたいおすすめ機能なのですが、そうなると「どうやって使えばよいのか?」と疑問に思う人もいるはず

そこでこの記事ではプレミアムIDの取得方法や利用規約をご紹介いたします。

ぜひチェックしてくださいね。

この記事でわかること
  • プレミアムIDとは
  • 取得するメリット
  • 取得方法
  • 支払い方法
  • 利用規約(使う際の注意点)
  1. LINE公式アカウントのプレミアムIDを動画で解説
  2. LINE公式アカウントのプレミアムIDとは
    1. プレミアムIDを発行するメリット・デメリット
      1. IDで検索されやすい
      2. ID検索で追加しやすい
      3. 取得のデメリット
    2. どんなIDがオススメ?
  3. LINE公式アカウントプレミアムIDの取得方法
    1. パソコンの場合
    2. スマホの場合
  4. プレミアムIDのよくある質問
    1. 一度取得したら変更できない?
    2. ベーシックIDはなくなる?
    3. 友達追加URLやQRコードは変わる?
  5. プレミアムIDの料金を支払う方法
    1. LINE Pay
    2. クレジットカード払い
    3. 請求書
  6. プレミアムIDを使う際の注意点
    1. 1.LINE公式アカウントを利用している人のみが申し込みできる
    2. 2.LINE公式アカウントの利用を終了するとプレミアムIDが自動終了する
    3. 3.すでに利用されている同一IDは使えない
    4. 4.入力できる文字数は最大18文字まで
    5. 5.『ドット・ハイフン・アンダーバー』が使用可能である
    6. 6.他人に誤解を与えるような文字列は使用不可
    7. 7.他人の権利を侵害する文字列は使用不可
    8. 8.公序良俗に反する文字列は使用不可
    9. 9.プレミアムIDの利用期間は契約成立日の翌月から数えて11か月となる
    10. 10.解約を申し込まない限り契約は自動延長される
    11. 11.月の途中で解約しても利用料は変わらない
    12. 12.返金は不可
    13. 13.プレミアムIDに関する権利義務および契約上の立場を第三者に譲渡することはできない
    14. 14.ユーザーの利用したプレミアムIDが原因で起きたLINE社へのクレームおよび訴訟は、そのユーザーが対応するものとする
    15. 15.ユーザーの利用したプレミアムIDが原因で起きたLINE社への損害は、そのユーザーが賠償するものとする
    16. 16.LINE社はプレミアムIDの利用規約に反したユーザーとの契約を解除できる
  7. まとめ|プレミアムIDで友だちに印象付けよう

LINE公式アカウントのプレミアムIDを動画で解説

LINE公式アカウントのプレミアムIDについて動画で解説しました!

プレミアムIDのメリットや取得方法について、動画で分かりやすく解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

LINE公式アカウントのプレミアムIDとは

あらかじめ付与された「ベーシックID」を好きな文字列に変更できるオプションです。

ベーシックIDは8文字で英数字の羅列ですが、プレミアムIDは4文字以上で短くわかりやすいものに変更できます。

プレミアムIDとデフォルトのIDの違いを比較

プレミアムIDとベージックIDを比較すると以下のようになります。

事項プレミアムIDベーシックID
発行される文字列@+入力した文字列(英字のみも可能)@+3桁数字+5桁英字
料金100円/月もしくは1,200円/月0円
発行方法申し込むことで可能アカウント開設と同時に発行

このようになります。

以下からはそれぞれを解説していきますね

プレミアムIDを発行するメリット・デメリット

メリットは2つあります。

  • IDで検索されやすい
  • ID検索で追加されやすい

IDで検索されやすい

文字列をシンプルにし、わかりやすくすることで検索されやすくなります。

そもそもLINE公式アカウントの友達追加をしてもらうためには、以下3つの方法があります。

①URLをクリックしてもらう
②QRコードを読み込んでもらう
③ID検索をしてもらう

たとえば「L Message」に当てはめると以下のようになります。

そしてプレミアムIDがどこで力を発揮するかというと、3番目にある「ID検索」において効果を発揮します。

ID検索というのは、友達を見つけるための手段で、上記のようにLINE上から該当のIDを検索することで、友達追加が可能です。

そしてデフォルトのベージックIDだと、この文字列がランダムに決定されます。

そのため、まるで暗号のようなIDが出来上がります。

暗号のようなIDでは、誰だってなかなか覚えづらいですよね。

その結果、「検索したいけど、なんだったかな?」となるおそれがあります。

つまりは機会損失になってしまうわけですね。

しかし、プレミアムIDで分かりやすい文字列、たとえば自分の氏名などにしておけば、そういった事態を防ぐことも可能です。

ID検索で追加しやすい

IDとその人物を結び付けやすいので、警戒することなく追加してもらいやすくなります。

「あっ!このIDはあの人のだな」とわかれば、安心して友だち追加できますよね。

その一方で、もしもIDが変な文字列だと「なんだこれ??」となり、途中で登録を止められるかもしれません。

しかし、プレミアムIDでわかりやすい文字列にすることで、そういった疑問や不安を与えることもなくなります。

友だち追加へのハードルを少しでも取り除きたいのであれば、プレミアムIDを購入するとよいでしょう。

取得のデメリット

『料金がかかる』がかかることです。

料金と言っても年間1,200円(税込み1,320円)。

月換算すると100円/月と破格の安さです。

広告をかけた場合、1人の読者を獲得するのに数100円~2,000円かかります。

IDが分かりにくいために追加されないという機会損失を考えたら、圧倒的なコストパフォーマンスですよね。

どんなIDがオススメ?

覚えやすく入力しやすいものにしてください。

テレビCMやネットでよく「○○と検索」と自社サービスの検索を促すように、「@○○で検索!」と言いやすくて、分かりやすいものが良いですね。

また、覚えてもらいやすいようにツイッターやインスタグラムなどと同様のIDで統一することをおすすめします。

LINE公式アカウントプレミアムIDの取得方法

ここではパソコンとスマホ別でプレミアムIDの発行方法をご紹介しますね。

  1. パソコンの場合
  2. スマホの場合

パソコンの場合

①LINE公式アカウントにログインし、設定をクリック

②アカウント情報のプレミアムIDを購入をクリック

③お支払い方法を登録

LINE PAYかクレジットカードで決済可能です。

④プレミアムIDを購入で好きなIDを設定

同じIDは使えませんので、早い者勝ちとなります。

⑤利用規約に同意しますを✅を入れ購入をクリック

⑥取得完了!

画面を更新すると「@281qduvu」から「@lmessage」に変更されているのが確認出来ます。

スマホの場合

スマホの場合は、アプリより

①利用状況
②プレミアムID
③好きな文字列を入力

上記のステップで変更が可能です。

プレミアムIDのよくある質問

一度取得したら変更できない?

一度プレミアムIDを管理画面から削除して、新しいIDの取得変更が可能です。

ベーシックIDはなくなる?

プレミアムIDを取得しても、ベーシックIDは変更になりません。

つまり、ID検索で両方ともヒットします。

友達追加URLやQRコードは変わる?

ベーシックIDはずっと引き継がれますので、これまで使っているURLやQRコードに変更はありません。

プレミアムIDを追加した分、プレミアムID分のQRなどども登録できるようになります。

例)L Message
ベーシックID:https://line.me/R/ti/p/%40281qduvu
プレミアムID:https://line.me/R/ti/p/%40lmessage

プレミアムIDの料金を支払う方法

プレミアムID購入時に支払方法を決めることができます。

具体的には以下の3つの中から選べます

  1. LINE Pay
  2. クレジットカード払い
  3. 請求書

LINE Pay

LINE PayとはLINEアプリで支払いを済ませるサービスのことです。

非常にスピーディーに支払いを済ませることができ、便利な機能です。

LINE Payを利用する場合は以下の手順を踏んでくださいね。

  1. LINE Payに登録
  2. LINE公式アカウントとLINE Payを連携させる
  3. 支払方法を選ぶ
  4. 料金を支払う

これで支払いは完了します。

なお、LINE Payの詳細に関しては『LINE Payとは?LINE公式アカウントと連携、決済、送金』にてご紹介しています。

参考にしてくださいね。

クレジットカード払い

LINE Payの一連の手続きを面倒に思うのであれば、クレジットカードで済ませるとよいでしょう。

オンラインショッピング感覚で支払いを済ませることが可能です。

請求書

会社の都合上、請求書が欲しいときもありますよね。

そんなときは請求書で支払うことも可能です。

ただし、請求書払いは認証済アカウントでの利用ができます。

未認証アカウントだとLINE Payもしくはクレジット払いしか利用できないので、ご注意ください。

認証済・未認証アカウントに関しては『アカウント認証はした方がいいの?メリット・デメリットを解説』にて解説しています。

認証申請方法や注意点などを紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

プレミアムIDを使う際の注意点

プレミアムIDを利用するうえで注意すべきことは以下の16点です(いずれのルールも2021年4月22日時点とする)。

  1. LINE公式アカウントを利用している人のみが申し込みできる
  2. LINE公式アカウントの利用を終了するとプレミアムIDが自動終了する
  3. すでに利用されている同一IDは使えない
  4. 入力できる文字数は最大18文字まで
  5. 『ドット・ハイフン・アンダーバー』は使用可能
  6. 他人に誤解を与えるような文字列は使用不可
  7. 他人の権利を侵害する文字列は使用不可
  8. 公序良俗に反する文字列は使用不可
  9. プレミアムIDの利用期間は契約成立日の翌月から数えて11か月となる
  10. 解約を申し込まない限り契約は自動延長される
  11. 月の途中で解約しても利用料は変わらない
  12. 返金は不可
  13. プレミアムIDに関する権利義務および契約上の立場を第三者に譲渡することはできない
  14. ユーザーの利用したプレミアムIDが原因で起きたLINE社へのクレームおよび訴訟は、そのユーザーが対応するものとする
  15. ユーザーの利用したプレミアムIDが原因で起きたLINE社への損害は、そのユーザーが賠償するものとする
  16. LINE社はプレミアムIDの利用規約に反したユーザーとの契約を解除できる

1.LINE公式アカウントを利用している人のみが申し込みできる

プレミアムIDを申し込めるのは、すでにLINE公式アカウントを持っている人のみです。

そのため、LINE公式アカウントをまだ開設していない人は、申請ができないわけですね。

プレミアムIDを解説したいときは、先に開設を済ませておきましょう。

2.LINE公式アカウントの利用を終了するとプレミアムIDが自動終了する

プレミアムIDの規約によりますと、LINE公式アカウントの利用を終了すると、該当するプレミアムIDも自動終了するとのこと。

手続きが省略されるわけですから、この機能は助かりますね。

3.すでに利用されている同一IDは使えない

すでに利用されている文字列を申請することはできません。

いわばTwitterのアカウント名と同じ仕組みですね。

例えば『@tanakataro』のような、多くの人が使いそうな文字列は、一番最初に入力をした人にしか使えない、つまりは早い者勝ちであるということです。

もしも入力できなかった際は、数字やハイフンを入れるなど、何かしら工夫をする必要があります。

気を付けてくださいね。

4.入力できる文字数は最大18文字まで

プレミアムIDは最大で18文字までしか入力できません。

それ以上長くなる場合は、省略形の文字列を入力してくださいね。

5.『ドット・ハイフン・アンダーバー』が使用可能である

プレミアムIDでは『ドット・ハイフン・アンダーバー』が使用可能です。

『@tanakataro』という文字列を使うのであれば、氏名の間にドットを入れることで見やすくなります

例)
『@tanaka.taro』

文字が連なっているより、はるかに見やすくなりましたよね。

ユーザーが一目でわかるように工夫してくださいね。

6.他人に誤解を与えるような文字列は使用不可

あたかも自分が関係者であるかのような文字列を使うことはできません。

例えば有名人の氏名を、まったく関係のない人物がそのまま使用するなどがそれに該当します。

こういったことを許してしまうと、ユーザーが勘違いをして、友達登録してしまいますよね。

それを防ぐためにもこのようなルールができたのでしょう。

7.他人の権利を侵害する文字列は使用不可

他人の権利、つまりは人権や名誉を棄損するような文字列も使用できません。

誹謗中傷と受け取られる文字列はIDとしては使えないので、覚えておきましょう。

8.公序良俗に反する文字列は使用不可

風紀を乱すような文字列も入力できません。

こういった文字列を入力する必要性は特にありませんので、異なる文字を入力してくださいね。

9.プレミアムIDの利用期間は契約成立日の翌月から数えて11か月となる

プレミアムIDの申請が認可された月の翌月から数えて11か月が利用期間となります。

例)
2021年7月10日に利用開始
→2022年6月30日まで利用可能

なお、この場合だと7月1日に申し込んでも7月31日に申請したとしても、2022年6月30日が最終日となります。

なるべく月初に申し込んだほうがお得になるわけですね。

覚えておきましょう。

10.解約を申し込まない限り契約は自動延長される

解約を申し込まなかった場合、契約は自動更新されます。

そのため次年度から使うつもりがないのであれば、早めに解約を申し込んでおくとよいでしょう。

11.月の途中で解約しても利用料は変わらない

契約月の途中で解約したとしても、利用料は変わりません。

例えば6月1日に解約をしても6月30日に終了させた場合と、利用料は同じということですね。

しかしだからといって、月の最終日に申し込むとうっかり次月になるおそれもあります。

解約をする場合は余裕をもって20日前後に申し込むのが良いでしょう。

12.返金は不可

プレミアムIDの利用期間途中で解約を申し込んでも、返金はされません。

覚えておきましょう。

13.プレミアムIDに関する権利義務および契約上の立場を第三者に譲渡することはできない

プレミアムID購入者はいかなる理由があろうとも、そのIDを第3者に譲渡することはできません。

プレミアムIDは購入者本人しか利用できませんので、覚えておきましょう。

14.ユーザーの利用したプレミアムIDが原因で起きたLINE社へのクレームおよび訴訟は、そのユーザーが対応するものとする

万が一ユーザー登録したプレミアムIDが原因で訴訟トラブルが発生(著作権や商標権の侵害など)した場合、ユーザー自身が対応をしなければなりません。

LINE社が間に立って仲裁してくれるわけではありません。

気をつけましょう。

15.ユーザーの利用したプレミアムIDが原因で起きたLINE社への損害は、そのユーザーが賠償するものとする

ユーザーが利用したプレミアムIDを原因として何かしらの損害がLINE社に発生した場合、ユーザーが賠償することになっています。

そうなると損害賠償金額はとても大きなものとなるおそれがあります。

ただ普通に利用していれば、こうなることは考えにくいです。

ルールを守って正しく使いましょう。

16.LINE社はプレミアムIDの利用規約に反したユーザーとの契約を解除できる

ユーザーが利用規約に反した場合、LINE社は契約を解除することができます。

場合によってはLINE公式アカウントそのものを凍結される可能性もありますので、ルールは守ってくださいね。

まとめ|プレミアムIDで友だちに印象付けよう

LINE公式アカウントのプレミアムIDのメリットや使い方がわかりました。

プレミアムIDを購入し、IDを自分と関連付けた文字列にすることで、検索されやすくなることがわかりましたね。

それだけでなく、友だち追加をされるときに余計な不安を与えることもないので、よりスムーズに追加されることを期待できます。

プレミアムIDは年間費が1,200円ですので、気軽に試せるのもうれしいですよね。

気になった人は是非チェックしてみてください。

なお、使用する際は利用規約があります。

ルールをきちんと守って正しく使ってくださいね。