無料プレゼント「LINE集客ガイド」受け取りはこちらをクリック

アカウント認証はした方がいいの?メリット・デメリットを解説

LINE公式アカウント

この記事ではLINE公式アカウントのアカウント認証に関して解説していきます。

LINE公式アカウントには「認証済」「未認証」のアカウントが存在します。

それぞれの違いと、メリット・デメリットを解説していきます。

この記事でわかること

・アカウント認証とは?
・認証の審査と注意点
・アカウント認証のメリット、デメリット
・認証審査申し込み方法

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

アカウント認証とは?

アカウント認証とは、LINE社独自に審査基準を設けているライセンスです。

ライセンスには以下2種類があります。

認証済アカウント・・・LINEの審査を通過したアカウント

未認証アカウント・・・個人法人を問わず、審査なしで作成できるアカウント

認証済アカウントはLINEの審査を通過したアカウントで、青色の認証バッジが付与されます。

どちらのアカウントでも、選べる料金プランは同一です。フリープラン、ライトプラン、スタンダードプランの中から、無料メッセージ通数に応じて選択する必要があります。

LINE認証済アカウントの開設方法|特徴や機能、未認証アカウントとの違い

認証の審査と注意点

認証済アカウントとなるためには、審査を通過する必要がありますが審査基準は以下のように定められています。

1. LINEユーザーの不利益につながる可能性がないか

2. 法令における規制の有無と規制内容に抵触するものでないか

3. 利用規約第18条「禁止行為」各号に該当するおそれがないか

4. 当社が独自に定める審査基準を満たすか否か

5. 当社の事業へ悪影響を及ぼす、あるいは当社の信用を損なうものでないか

LINE公式アカウントの審査とは|認証済アカウント申請時の注意点

また、サービスが以下に該当する場合はアカウントの提供を認めない、又はアカウントの提供を停止する等の措置がとられる場合があるので注意しましょう!

(以下は一部のため、以下に該当しない場合でも同様の措置が取られる場合があります。)

【開設できないケース】

■出会い
街コンイベント会社、相席居酒屋、出会いパーティー、ライブチャット、インターネット異性紹介事業

■アダルト
性風俗店、メンズエステ、アダルトショップ、ストリップ劇場、膝枕耳かき店、JKビジネス

■連鎖販売取引
ねずみ講、マルチ商法・MLM、ネットワークビジネス

■販売方法
・人間の不安・不幸・射幸心につけ込んで商品等を販売するもの
・違法とされる営業方法で商品等を販売するもの
・科学的な根拠が乏しい商品等を販売するもの

LINE公式アカウントの審査とは|認証済アカウント申請時の注意点

アカウント認証のメリット・デメリット

ビジネス向けのLINE公式アカウントでは認証済アカウントとなることが推奨されていますが、認証済アカウントにはメリットとデメリットが存在します。

メリット(認証済アカウントでしかできないこと)

認証済アカウント特有の機能や特徴として、以下のものが挙げられます。

①:認証済アカウントのバッジ(青色)が付与される

②:LINEアプリ内のアカウント(友だち)検索結果に表示される

③:販促用ポスターデータが無料でダウンロードできる

④:POPなど、友だち集めに有効なツールが発注できる

⑤:支払い方法として、クレジットカードに加えて請求書決済が選択可能になる

LINE認証済アカウントの開設方法|特徴や機能、未認証アカウントとの違い

①:認証済アカウントのバッジ(青色)が付与される

認証済アカウントに付与される青色のバッジは一定基準の審査を通過している信頼の証で、LINEアプリ上でもアカウント名とともに表示されるため、ユーザーも安心して友だち追加ができるようになります。

②:LINEアプリ内のアカウント(友だち)検索結果に表示される

通常、LINE公式アカウントをユーザーに友だち追加してもらうには、QRコードの読み込みやアカウントのIDを入力してもらう必要があります。

しかし、認証済アカウントであれば、LINEアプリ内の友だち検索結果に表示させることができます。

③:販促用ポスターデータが無料でダウンロードできる

LINE公式アカウントの管理画面から、ポスターデータが無料でダウンロードできるようになります。

このポスターを店頭などに設置することで、来店するユーザーにLINE公式アカウントの存在を告知し、友だち追加を促すことができます。

④:POPなど、友だち集めに有効なツールが発注できる

認証済アカウントでは、店頭に設置するのぼりやPOPなどのノベルティーが発注(有料)できるようになります。

⑤:支払い方法でクレジットカードに加えて請求書決済が選択可能になる

ライトプランやスタンダードプランといった有料プランを利用する際、クレジットカード払いのほかに、決済サービス「Paid」を通じた請求書での決済が選択できるようになります。

デメリット

最大のデメリット(注意点)は、上記で挙げた通りサービス内容によっては審査段階でアカウントの運用停止措置が取られる場合があることです。

審査に落ちるだけでなく、アカウントが強制的に停止になってしまっては元も子もありません。

最近では、上記サービス以外にもアカウントが停止されるケースが増えてるみたいですので、アカウント認証をする場合は十分に検討の上、申込みをしましょう。

また、逆にクローズドで運用したいコミュニティなどでは、不特定多数に検索・認知されないように未認証のままの方がいい場合があります。

認証済みアカウントでこれらのメリットを使いこなすことで、多くのユーザーにともだち追加を行うことが予想されます。

しかし、ユーザーの管理に時間を費やしてしまい、公式LINEアカウントの運用が疎かになってしまうとブロックの危険性があるため避けたいところです。

弊社サービスの「エルメ」は、ともだち追加したユーザーの流入経路の把握やともだちを管理するシステムなど、公式LINEアカウントの運用を手助けする機能が無料で使えます。

興味のある方はこちらのボタンからぜひご相談ください!

認証審査申し込み方法

実際にアカウント認証の審査をする場合の方法を解説していきます。

まず、LINE official Account Managerにログインします。

右上の「設定」から「アカウント設定」→「アカウント認証をリクエスト」を選択

申し込みページに画面が遷移します。

<業種・申込みタイプを入力>

①:大業種・小業種を選択

②:申し込みタイプを選択

<店舗/施設情報を入力>

①:サービス名入力

②:URLを入力

<会社情報を入力>

会社住所など各種情報を入力します。

すでに店舗情報を登録してある場合は左上の「店舗情報をコピーする」から自動入力が可能です。

<申込者情報を入力>

申込み者(担当者)情報を入力します。

電話またはメールアドレスによる本人確認が行われます。

入力が完了したら、入力内容の確認→審査申込と進みます。

これで、アカウント認証審査の申込みが完了です。

まとめ

今回はLINE公式アカウントのアカウント認証に関して解説しました。

認証済アカウントになると、メリットもたくさんありますがアカウント停止となる危険性もあります。

業種・サービスによって向き不向きがありますので、審査申込みを行う際には十分注意して申込みを行ってください!