LINE公式アカウントはじめました!友だち登録をする6つの方法を紹介

LINE公式アカウント

「LINE公式アカウントがビジネスに役立つと聞いたけど、私も始めてみようかな」

このように思う人もだんだん増えてきています。

その証拠に『LINE公式アカウント はじめました』というkwで検索をかけると、実に多くの企業の『LINE公式アカウント始めましたアピール』がすごいです。

具体的には以下の通りです。

検索結果の順位企業もしくはサイト名
1位当記事
2位三共理化学製品紹介
3位LINE WORKS
4位Balloon Conchelu
5位LINE for Business
6位LINE for Business
7位株式会社Livart
8位own it
9位高知市
10位Twitter
2022年12月3日

このようにLINE WORKSや高知市など企業・行政を問わず、LINE公式アカウントを始める組織がドンドン増えています。

何を基準にこの順位になっているのかはわかりませんが、とにかく、多くの企業がLINE公式アカウントを始めていることだけはわかりますよね。

このことからもLINE公式アカウントがビジネスに役立つことがうかがえます。

もしもあなた何かしらのビジネスを行っているのであれば、LINE公式アカウントを始めるべきでしょう。

しかしそうはいっても「始めた後どうすればいいのかわからなくて不安だ」という人もいるハズ。

そこでこの記事ではLINE公式アカウントを始めたときに友だち登録をしてもらう方法と宣伝する手段を解説します。

※LINE公式アカウントの開設方法は以下の記事で解説しています。

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

LINE公式アカウントをはじめました!

LINE公式アカウントを始めた場合、顧客に友だち追加登録をしてもらう方法は6つあります。

友だち追加登録してもらう方法
  1. ID検索してもらう
  2. QRコード読み取ってもらう
  3. 友だち追加ボタンを押してもらう
  4. アカウント名で検索してもらう
  5. 電話番号で検索してもらう
  6. キーワードで検索してもらう
    ※検索で自社アカウントを表示させるには『認証アカウント』になる必要があります。

認証アカウントになる方法は以下の記事で解説していますので参考にしてください。

その一方で未認証アカウントだと実質的に『QRコード・友だち追加ボタン(URL)』の2択になります。

覚えておきましょう。

ID検索してもらう

LINE公式アカウントにはIDというものがあります。

これをLINE上の検索欄に入力することで、LINE公式アカウントが表示されます。

IDで友だち登録をしてほしいときは、自社アカウントのIDを顧客に伝えてくださいね。

なお、ID名で友だち追加してもらうときの手順以下の通りです。

エルメと友達になる方法
  • LINEアプリのホーム画面を開く
  • 画面右上の人型アイコン『友だち追加』をタップ
  • 『検索』をタップ
  • 『ID』にチェックを入れる
  • 『@lmessage』を入力
  • 『追加』をタップ

この手順で友だち登録できます。

ちなみに、エルメのIDは『@lmessage』です。

LINE公式アカウントに関する有益な情報をどんどん発信していきますので、ぜひご活用ください。

QRコード読み取ってもらう

もしも顧客に「IDを入力するのはめんどくさいよ」と言われてしまったら、QRコードを読み取ってもらいましょう。

これで友だち追加してもらうことも可能です。

その際は上記のようなQRコードをスマートフォンで読み取ってください。

友だち登録をするのに5秒もかかりませんよ。

なお、QRコードの確認およびダウンロード方法は以下の記事で解説しています。

友だち追加ボタンを押す

友だち追加ボタンを押すことでも友だち追加をすることができます。

友だち追加ボタンは上記の画像のように四角い緑色のボタンのこと。

このボタンをタップし、その後の「友だち追加をしますか」という質問に対して「はい」と答えれば友だち追加が完了します。

多くのWebサイトはこの友だち追加ボタンかQRコードを掲載しています。

あなたも他サイトと同じように、どちらかを利用するのがよいでしょう。

アカウント名で検索してもらう

先ほど『IDを検索することで友だち追加することができる』と述べましたが、実はアカウント名で検索してもらうこともできます。

その方法は以下の通り。

アカウント名で検索してもらう方法
  1. ホーム画面を開く
  2. 画面上部にある検索欄をタップ
  3. 『公式アカウント』をタップ
  4. アカウント名を入力

これで友だち追加をすることができます。

電話番号で検索する

LINE公式アカウントは何と電話番号で探すこともできます。

その手順は以下の通り。

電話番号で検索してもらう方法
  1. ホーム画面右上の『友だち追加』をタップ
  2. 『検索』をタップ
  3. 『電話番号』をタップ
  4. 検索欄に電話番号を入力

これで検索してもらうことも可能です。

※電話番号での検索は、年齢確認が済んでいないと利用できません。

キーワードで検索する

LINE公式アカウントはキーワードで検索することもできます

例えばエルメの場合でいえばプロフィールに『LINEで集客、自動化ならエルメッセージ』と記載しています。

そのため『LINEで集客』という言葉がエルメにとってのキーワードになります。

つまりLINE公式アカウントやIDを入力しなくても、『LINEで集客』という言葉を検索欄に入力することで上記画像のようにエルメが表示されるわけです。

検索される確率を上げたいときは、何か特定の単語(スキューバダイビング・食べ放題など)をプロフィールに盛り込むようにしましょう。

LINE公式アカウント始めたら宣伝をしよう

エルメに登録をしてくれたほとんどの人は「私もLINE公式アカウントを始めてみようか」と決心した人のハズ。

そうでなければLINE公式アカウントツールであるエルメの友だちにはなりませんよね。

しかし問題はココから。

LINE公式アカウントを開設したはいいものの、「どうやって周りに宣伝すればいいのかわからない」と悩む人も多いハズ。

そこで、以下からはLINE公式アカウントのPR方法を解説します。

友だち登録者数を伸ばしたいときの参考にしてくださいね。

自社アカウントを宣伝する方法
  1. Webサイトで宣伝する
  2. ポスターをダウンロードする
  3. PDFにQRコードを張る
  4. SNSにてURLを張り付ける
  5. 友だち追加広告を出す

Webサイトで宣伝する

一番ポピュラーな方法がこれですね。

自社サイトを持っているのであれば、そのサイトにQRコードや友だち追加ボタンを張り付けましょう。

そうすることで大々的にPRすることができます。

Webサイトだと1か月に何千何万という人が訪れるわけですから、これを利用しない手はありません。

ぜひ今日から実行してみてください。

なお、QRコードや友だち使いボタンを張り付ける場所はサイドもしくは追従サイドカラムがおすすめです。

ここであれば人の目につきやすいからです。

その結果、多くの人に友だち登録をしてもらえるかもしれません。

参考にしてくださいね。

ポスターをダウンロードする

もし現実世界に実店舗を構えているのであれば、LINE公式アカウント管理画面からポスターをダウンロードするとよいでしょう。

そうすれば効果的に宣伝することができます。

しかもこのポスターにはQRコードが自動で添付されます。

そのため自分で後から張り付けるなどといった二度手間は発生しません。

とても便利ですよね。

ぜひ使ってみてください。

なおポスターのダウンロード方法は以下の通りです。

ポスターのダウンロード方法
  1. 『LINE公式アカウント|管理画面』にアクセス
  2. 画面左『友だち追加ガイド』をクリック
  3. 『ポスターを作成』をクリック
  4. デザインを選択
  5. キャッチコピーを選択
  6. 『作成』をクリック

これでダウンロードできます。

意外と本格的なポスターが出来上がりますので、見栄え的にも問題ありません。

ぜひ使ってみましょう。

PDFにQRコードを張る

PDFを作成し、それをWeb上に公開しましょう。

そうすれば倉敷ケーブルテレビのように作成したPDF資料が検索結果に出てくる可能性があります。

その結果、意外な形で集客ができるかもしれませんよ。

なお『PDFを作成する』というと大げさに聞こえるかもしれませんが、wordにQRコードを張り付けて、それをPDF化するだけでもOKです。

この方法であれば1~2分で作成可能ですので、試しに作ってみてください。

SNSにてURLを張り付ける

TwitterなどといったSNSのテキスト記入欄に、友だち追加URLを張り付るのがおすすめです。

SNSの運用次第では、友だち追加を期待できるからです。

例えば今現在Twitterを運用しているのであれば、以下のような投稿をすることで友だち追加を期待できます。

【Twitterで友だち追加URLを張り付ける例】
当店でも、ついにLINE公式をはじめました!
LINE公式アカウント限定情報・セミナー・プレゼント・クーポン配布など、様々な特典・イベントをご用意しております
○○にご興味がある方には非常に有益なLINE公式アカウントとなっておりますので、ぜひ友だち追加してみて下さいね!
友だち追加URLはコチラ↓
URL

上記のようなメッセージを投稿すれば何もしない場合に比べて、友だちの増加率が確実によくなります。

普段のSNS運用によってコアなファンを獲得できていれば、友だちの増加ペースはなおさらグッと増えるでしょう。

もしもあなたのSNSアカウントにフォロワーが何万人もいるのであれば、LINE公式アカウントのPRをするのが断然おすすめです。

上手くいけば、1日で数千人の友だちを獲得できるかもしれません。

その結果広告費を1円もかけることなく、あなたと自社商品に対する興味・ロイヤリティが非常に高い、上質な友だちを獲得できますよ。

ぜひ試してみてください。

友だち追加広告を出す

友だち追加広告※も強力な宣伝になります。

※LINEの友だち追加を目的とした広告のこと。認証済みアカウントになることで利用可能になります。

あなたや商品のことを知らない人に対して、いきなりPRすることができるからです。

どういうことかと言いますと、例えばWebサイトでPRをするには、まずWebサイトに訪問してもらうことが絶対条件となりますよね。

Webサイトに掲載していることは、WEBサイト以外で見てもらうことが不可能だからです。

そして本題はここからで、特定のWebサイトに訪れるためには、そのWebサイトの存在を知ってもらえていなくてはなりません。

想像してみて欲しいのですが、『LINE公式アカウントツール|エルメ』の存在を知らないのに、エルメの公式サイトに行くことは普通できませんよね。

存在を認識していることで、初めて『行くかどうかの選択肢に加えられる』からです。

つまり知ってもらえていなくては、どれだけ素晴らしいツール・Webサイトであったとしても訪れてもらえないということ。

そのためWebサイトやSNSでマーケティングにおいては、認知を拡大させることが非常に重要となります。

しかし友だち追加広告であれば、この認知拡大フェーズが一切必要ありません。

あなた・商品・Webサイト・SNSアカウントのことをまったく知らない人に対しても、広告費さえ出せば無条件でいきなりアプローチできます。

コレは非常に大きなメリット。

WebサイトやSNSアカウントを育てなくともPRができる、つまりは即効性が非常に高いからです。

もしも一定規模のWebサイトやSNSアカウントがないのであれば、友だち追加広告を利用してLINE公式アカウントを宣伝するのが間違いなくベストです。

出稿するたびに一定のコストがかかってしまいますが、高確率で友だちを獲得できます。

試してみてくださいね。

効率よく獲得する方法

友だちを効率よく獲得する方法は3つあります。

友だちを効率よく獲得する方法
  • プレゼントを用意する
  • メリットをPRする
  • 『○○といえば△△』のようにブランディングする

プレゼントを用意する

プレゼントを用意しましょう。

プレゼントが友だち登録のきっかけ・後押しになるからです。

例えば以下2つのLINE公式アカウント友だち募集文があったとき、あなたならどちらに登録をしたくなりますか?

【プレゼントを用意している募集文】
弊社もLINE公式アカウントをついにはじめました!
弊社Webサイトでも情報配信は定期的に行っているのですが、LINE公式アカウントではよりコアで新鮮な情報を配信いたします!
またLINE公式アカウント開設を記念して、12月中に友だち登録をしてくれた方には○○選手の独占インタビュー記事をお届け!
サッカー世界大会に挑む○○選手の本音・普段のルーティン・食事メニューなどを読めるのは、この記事だけです!
○○選手いわく「本邦初公開!」な内容になっておりますので、サッカーやスポーツに興味のある方は、この機会にぜひ登録してみてください!

【プレゼントを用意していない募集文】
LINE公式アカウントを始めました!
ぜひ登録してみてくださいね

明らかに前者の方が登録したくなりますよね。

「それなら登録だけでもしてみるか」という気になるからです。

プレゼントの内容がターゲットに響けば響くほど、この効果は大きくなります。

その一方で後者の方は、友だち登録をする気にまったくなりません。

下手をすると「だからなに? なんで私が登録をしなくちゃいけないの?」と、思われるかもしれません。

そうなってしまえば友だち登録を期待する方が、無理がありますよね。

このように、あなたが想定しているターゲットが『登録しなくてはいけない!』と自覚・自己説得するようなプレゼントを用意することは、友だち追加を狙う上で非常に効果的です。

友だち追加登録を効率的に進めたいのであれば、プレゼントは用意しておくのがおすすめです。

なお、プレゼントの種類は主に以下があります。

プレゼントの例
  • 500円OFFクーポン
  • 限定プラチナショップカード
  • 商品比較などのホワイトペーパー
  • ノウハウ本
  • 成功事例集
  • セミナー招待券
  • 無料コンサル

どれもノーコストで作成できます。

ノーコストで作れる割に効果は絶大。

ぜひ作ってみてくださいね。

メリットをPRする

LINE公式アカウントに登録することで得られるメリットをPRしましょう。

メリットの数だけ、登録をすべき理由になるからです。

具体的に言いますと、以下のような情報をPRすればするほどユーザーは登録をすべき理由に自分で気づきやすくなります。

メリットの例
  • LINE公式アカウントで受け取れる情報を自分で設定・カスタマイズできる
  • ごみ収集日の通知設定・見学予約などを3秒でできる
  • 災害時の道路・河川状況をリアルタイムで把握できる
  • 行政が管轄している極めて信頼性が高いサイトにチャットから直接アクセスできる
  • チャットから気軽に問い合わせができる
  • セールス・新着&展示会情報を優先的にもらえる

要するに「このLINE公式アカウントに登録をすることで、このような未来を誰でも簡単に得られますよ」ということを、具体的に教えてあげるわけですね。

提示している情報が具体的であればあるほど、友だち登録をしてもらえる確率がグンと上がります。

具体的に書くことで、メリットを享受している自分の姿をユーザーに想像させやすくなるからです。

ただ、文章を具体的に書くのは最初の内は難しいかもしれません。

ポイントとしては5W1Hをハッキリさせるように書くと、文脈が確実に具体的になります。

参考にしてくださいね。

『○○といえば△△』のようにブランディングする

『○○といえば△△』のようにブランディングすることも宣伝するうえで、有効です。

即効性はありませんが、ブランディング・イメージ付けを行うことで時間が経った後に友だち追加をしてもらえる可能性が上がるからです。

例えば、宣伝直後は友だち追加をしてもらえなかったとしましょう。

ガッカリするかもしれませんが、ブランディングの場合だと勝負はここから。

そう言いますのも宣伝時に『自動化ならエルメ!』をイメージ付け・ブランディングすることで、後日「そろそろ販促を自動化させたいな」とふと思ったときに、エルメを思い出してもらえるからです。

「そういえば登録はしなかったけど、エルメのLINE公式アカウントを見たときに『自動化ならエルメ』と言ってたな。エルメって自動化に役立つツールなのかな?」というイメージですね。

そうなると「エルメのLINE公式アカウントに登録すれば、少なくとも自動化に役立つ情報・ノウハウを得られるかもしれないな」と考える確率が非常に高くなります。

その結果、宣伝から日にちが経った後に改めて友だち登録をしてもらえるのです。

単に宣伝するだけでなく、このようなブランディングを掛け合わせてPRすることで友だち追加率はどんどんよくなります。

したがってWebサイトや店内販促で友だち追加を促すときは、イメージ付けやブランディングも意識したキャッチコピーを意識するのがおすすめです。

なお、もしも良いアイデアが思い浮かばないのであれば、競合他社の宣伝文句を参考にするのがよいです。

「誰に対して何をどのように言えばよいのか?」が一発でわかります。

まとめ|LINE公式アカウントを始めよう!

「LINE公式アカウントをはじめました!」と言っている企業・行政が多くなってきていることがわかりましたね。

使用企業の増加に触発されて、あなたもLINE公式アカウントを始める気になったかもしれません。

LINE公式アカウントは即日で開設できるだけでなく、直感的に使うことができる優れたマーケティングツールです。

非常におすすめなので、ぜひ使ってみください。

そして開設後に「自分のLINE公式アカウントはどのように友だち追加をされるのか? 効率の良い宣伝方法・追加される確率を上げる方法はないものか?」と悩むかもしれません。

今後の方針やすべきことに悩んだときは、この記事をもう一度読んでみてください。

何をすべきなのかが、すぐにわかりますよ。