無料プレゼント「LINE集客ガイド」受け取りはこちらをクリック

LINE公式アカウントの海外版とは?初期費用、月額料金、移行方法

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは日本だけではなく、海外でも提供されていることはご存じでしょうか?

LINE公式アカウントの前身であるLINE@の時代は

ベーシック:月額5,400円
プロ:月額21,600円
プロAPI:月額32,400円

上記の料金体系でした。

ステップ配信など、APIを使う方は最上位のプランに入る必要があったため、毎月3万円以上という高コストに悩まされていた人も多かったと思います。

ですが「海外アカウント」なら、APIを利用しても料金は0円。

※VPNを提供するサービスを活用し、アクセスする際にIPアドレスを海外に変更することで作成できました。

この裏技でコスト削減をされる方も多かったのですが、今回のLINE公式アカウント移行に伴い使えなくなってしまいました。

また今現在ではすべての国において基本、有料化されてり、一部の国を除くと日本アカウントが一番コスパが良くなっています。

では、「海外アカウントはもうオワコンなのか?」「何かメリットがあるか?」

今回はこれらの点について解説していきます。

この記事でわかること

・海外版のLINE公式アカウントとは
・日本版との機能、料金の違い
・海外版アカウントの作成方法

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

LINE公式アカウントの海外版について動画で解説!

LINE公式アカウントの海外版について1本の動画まとめました!

海外版のLINE公式アカウントのメリット・デメリット、それぞれの国のLINE公式アカウントの比較について、具体的に説明しています。

是非チェックしてみてください!

海外版のLINE公式アカウントとは

LINEは日本、アジアを中心に世界中で使われているSNSです。

月間アクティブ数では日本は8500万人、タイ・台湾・インドネシアで約1億6500万人、世界中で3億人ほどとなります。

どの国においてもLINE公式アカウントの基本仕様、機能は同じですが、料金が異なってきます。

料金プラン

日本版

プラン名フリーライトスランダード
初期費用無料無料無料
月額費用無料5,000円15,000円
一斉配信1,000通まで15,000通まで45,000通まで
追加費用不可5円/通〜3円/通
※すべて税抜き価格

旧アカウントには存在しなかったフリー(無料)プランが誕生し、公式アカウント(旧ライン@)を運用するハードルが下がりました。代わりに配信数の上限ができ、フォロワーが多い方、大量配信する方は配信コストがグッと上がった形となっています。

ですから、

・より売上に直結する配信内容にする
・興味がある人を絞り込んで配信する

といった点が重要となってきます。

インドネシア版

プラン名FreeLite Standard
初期費用無料無料無料
月額費用無料IDR275000
約1,980円
IDR825000
約5,940円
一斉配信500通まで2,500通まで10,000通まで
追加費用不可IDR80/通
約0.576円/通
IDR60
約0.432円/通
※IDR=0.0072円(2020年5月12日現在)

インドネシアのLINEユーザーは1億人以上と言われ、世界で一番LINEが使われている国となります。LINE公式アカウントは「Akun Resmi LINE」と呼ばれていますが、まだ認知度は低いようです。

タイ版

プラン名ฟรีเบสิคโปร
初期費用無料無料無料
月額費用無料$36.03(3,876円)$45.05(4,843円)
一斉配信1,000通まで15,000通まで35,000通まで
追加費用不可$0.0024(0.258円)/通$0.0012(0.129円)/通
※USD($)=107.51円(2020年5月12日現在)

タイのLINEユーザーは4400万人と言われ、世界で3番目に利用者が多い国です。LINE公式アカウントは「LINE Official Accunt」と言われ、バンコクに2年間住んでいた筆者の実感では、ここ最近かなり利用も増えていると感じます。(日本よりも普及しているかも)

LINE公式アカウントの料金はこのタイが一番安く、日本アカウントが高いなと感じたらタイ版を検討するのも良いかもしれません。(日本アカウントは2番目です。)

台湾版

プラン名輕用量中用量高用量
初期費用無料無料無料
月額料金無料800元(2872円)4000元(14360円)
一斉配信500通まで4000通まで25000通まで
追加費用不可0.2元(0.718円)/通~0.15元(0.5385円)/通
※元(ニュー台湾ドル)=3.59円(2020年5月13日現在)

台湾のLINEユーザーは2100万人といわれ、世界で4番目に利用者が多い国です。LINE公式アカウントは「LINE官方帳號」という名称。通常の価格帯は日本よりも高い感じですね。

その他の国

プラン名FreeLiteStandard
初期費用無料無料無料
月額費用無料50USD150USD
一斉配信500通まで15000通まで45000通まで
追加費用不可0.05USD/通0.03USD/通
※USD(米ドル)=107.19円(2020年5月13日現在)

日本、インドネシア、タイ、台湾以外の国は上記の料金が適応されます。ただし、アメリカ、シンガポールは有料プランに変更できず、500通/月までしか配信出来ません。

LINE@時代に無料アカウントを使った裏技でその2か国でアカウントを作成され、使い物にならなくなったという人も多いでしょう。

そんな方のために、どうしたらいいのかを後ほど解説していきます。

海外LINE公式アカウントの作成方法

LINE@の時はVPNネコというIPアドレスを海外の指定の国にし、FacebookでLINEアカウントを作成して海外アカウントを生成するという手法がありました。

しかし、現在はその方法は対策済みで使うことが出来ません。

ですから、作成したい方は作成したい国に出向いて携帯電話回線を契約し、LINEをその国に切り替える。

そしてLINE公式アカウントを作成するという流れになります。

もちろん、なかなかそのようには出来ないと思いますので、どうしても欲しい方は海外にお住いの知人友人に頼む、ないし買うという選択肢があるでしょう。

海外アカウントのメリット・デメリット

これまで海外アカウントは

①料金が安い
②制限が緩い

という特徴があったので、これらを目的に作成される方がいらっしゃいました。

料金の違い

料金に関してはLINE公式アカウントに統一になってから、「日本アカウント」が他の国に比べて安くなりました。ですから、現在はあまり意味を成しません。敢えていうなら、「タイ版」が唯一日本版よりも安くなっているので、コストを少しでも抑えたい方はタイ版の利用が良いでしょう。

実際に比べてみると

ライトプランの場合

日本版:月額5,000円、15,000通まで→1通当たり0.33円
タイ版:月額36.03ドル(3,876円)、15,000通まで→1通当たり0.25円

上記のように22%ほど安くなります。

大量に配信される方にはさらに恩恵があり、規定数を超えた後の追加費用が

日本版:1通5円
タイ版:1通0.0024ドル(0.258円)

95%安…と破格の金額になります。(日本アカウントはタイ版の20倍!)

スタンダードの場合は、月額料金が日本版の3分の1、追加配信の料金は38分の1になるので、かなりのメリットと言えるでしょう。

タイ版はライトもスタンダードも月額料金がさほど変わらないので、契約するなら「スタンダード」一択ですね。

規制の違い

海外アカウントは日本版に比べアカウントに関する制限は緩いと言われています。厳密にはライン社が判断しているので断定はできませんが、これまでアカウント停止に関する報告を聞いている限りでは、海外アカウントは日本アカウントに比べ優遇されていると言えます。

ある日突然、LINE公式アカウントが消されるということも十分にありえますので、対策はしっかりとしておきましょう!

詳細は以下の記事をご確認ください。

セグメント配信

LINE公式アカウントは最近機能を充実させており、その中の一つに「セグメント配信」というものがあります。

セグメントというのは、なるべくお客さんのニーズに合ったものを届けるために、いくつかのグループに分けること(細分化)です。

その機能が海外アカウントだと機能しません。

例えば上記はタイ版のアカウントのフォロワー情報です。

見てわかるように、年齢や地域が不明というものが多く出てきます。さらにこのアカウントは日本の読者が大多数なのに、タイのバンコクやその他の名称が出ています。

つまり、海外アカウントだと正常に情報が取得出来ないため、使えないということになります。

ちなみに日本版アカウントはこのように表示されます。

年齢・性別、地域もしっかりと反映されてますね。

以上のことから、

安さ、アカウントの安定性:タイ版
しっかりとしたビジネスを展開:日本版

といった観点から選択すると良いでしょう。

ちなみにLINE公式アカウントの標準機能では見れませんが、マーケティングシステムである「エルメ」で読者にアンケートを取ることで、性別、年齢、お住いなどの個人情報を収集し、セグメント配信も可能です。

日本版に切り替えたい場合(移行方法)

過去に海外アカウントにしたり、有料プランのないアメリカ、シンガポールアカウントを利用していた方で、「日本版」に切り替えたいという方もいらっしゃると思います。

特にアメリカ、シンガポールアカウントは有料プランがないため、一切配信ができなくなったということになっていませんか?

そこで今から有料プランを使う方法、日本版に変更する方法についてお伝えします。

お問合せをする

通常は、利用国の変更は出来ません。

しかし、有料プランに切り替えられないアカウントに関してはLINE社にお問合せすることで変更できる場合があります。

お問合せの際には、

・メールアドレス
・お問合せ項目(PC→LINE公式アカウント→サービス移行→その他)

などを記入選択し問題の詳細部分に

『現在、読者様の多くが日本人ですが、海外アカウントとなっておりますため属性が上手く反映されておりません。また有料プランがないため切り替えが出来ない状態です。
日本に住んでおり今後日本アカウントとして利用したいのですがそちらの変更は出来ますでしょうか?』

といった記載をし、お問合せをすると良いでしょう。

また併せて、

・アカウント名
・ベーシックID:@で始まるID

該当のLINE公式アカウントの情報も添えて送りましょう。

変更や切り替えにかなり時間を要したり、対応して頂けない場合もありますが、まずは試してみてください。

まとめ

LINE公式アカウントは、サービスを提供する国で作成されるのが一番です。

そうしないと後々ルール変更などで、そのアカウントが使い物にならなくなる可能性も十分にあります。

一時的に安いから、緩いから使うというのもありですが、その際には日本アカウントにも適度にリストを分散し、いつ何が起きても問題ないようなアカウント運用をしていくのが重要です。

LINE公式アカウントに関してご不明点がありましたら、気軽に以下のリンクよりご連絡頂けますと幸いに存じます。