ユニヴァ・ペイキャスト(UnivaPay)とは?評判・実績・費用や手数料

システム

決済代行会社のユニヴァ・ペイキャストの評判は?

「ユニヴァ・ペイキャストのUnivaPayにはどのような特徴やメリットがあるのだろうか?」

と、決済代行会社ユニヴァ・ペイキャストについて気になっていませんか?

そんな方に向け、今回は以下のポイントを徹底解説。

この記事でわかること
  • ユニヴァ・ペイキャストのUnivaPayとは?
  • ユニヴァ・ペイキャストの実績・費用や手数料・決済手段・セキュリティ
  • 「特典付き」でユニヴァ・ペイキャストを利用する方法

さっそく、詳しくみていきましょう。

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

ユニヴァ・ペイキャストのUnivaPayとは?

会社名株式会社ユニヴァ・ペイキャスト
役員代表取締役会長 稲葉 秀二
代表取締役社長 中尾 周平
取締役 村上 秀都
所在地東京オフィス
〒106-0032
東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F
TEL: 03-6441-3400(代表) / FAX: 03-5545-7520

大阪オフィス
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル3F
TEL: 06-6538-1101 / FAX: 06-6538-1102
設立平成13年11月
資本金53,600千円(資本準備金 173,920千円)
主要取引先株式会社ジェーシービー
りそなカード株式会社
SMBCファイナンスサービス株式会社
株式会社クレディセゾン
楽天株式会社
楽天銀行株式会社
ライフカード株式会社
ヤフー株式会社
Alipay.com Co., Ltd.
株式会社アプラス
株式会社電算システム
株式会社日本カードネットワーク
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
従業員数81名(2020年4月)

ユニヴァ・ペイキャストとは、クレジットカード決済、電子マネー決済などに対応する決済代行サービス「UnivaPay」を提供している決済代行会社。

  • ECサイト
  • 店頭設置のスマートフォンやタブレット
  • POSレジ
  • IoT自動販売機や券売機
  • 無人精算
  • webページやモバイルアプリ

など多数と連携し、幅広い決済の環境を提供しています。

決済代行会社としてのユニヴァ・ペイキャストの最大の特徴は、海外インバウンド客や、越境EC向けの決済に強いこと。

中国、韓国などのアジアで使われている多彩な電子マネー決済をまとめて導入することができます。

ユニヴァ・ペイキャストのUnivaPayの特徴

現在、多数の決済代行会社が存在しています。

そのため、ユニヴァ・ペイキャストと他の決済代行会社を比較・検討されている方もいるでしょう。

そこでここでは、決済代行会社を選ぶ際のポイントとなる①実績、②費用、③決済手段、④セキュリティから、ユニヴァ・ペイキャストの特徴について考察します。

①導入実績

「お金」を扱う決済代行会社は、重要なインフラです。

そのため、最低限の「実績」を持つ決済代行会社が好ましいでしょう。

ユニヴァ・ペイキャストは平成13年11月に設立、約80名の従業員を抱え、2020年8月時点で約1万社の導入実績を持ちます。

業界最大手ではないものの、個人事業主の方も利用できる決済代行会社として、十分な実績を持っていると言えます。

②費用・手数料

決済代行を利用すると発生する、費用や手数料も比較対象となります。

一般的な費用としては、初期費用、月額費用、決済手数料の3つが挙げられます。

ユニヴァ・ペイキャストではどのようになっているか?

まず、「オンラインクレジット決済サービス」の料金からみてみましょう。

初期費用月額費用決済処理料決済手数料
クレジットカード決済個別見積個別見積個別見積個別見積
オプション:メール/QR請求0円2,000円
オプション:コールセンター個別見積
(受電数・要件次第)
5,000円個別見積
(受電数・要件次第)

また、「中国インバウンド決済サービス」も提供しており、料金は次のようになっています。

初期費用月額費用決済手数料
アリペイ0円0円個別見積
既存クレジット手数料よりお安くします!
Wechatペイ0円0円個別見積
既存クレジット手数料よりお安くします!
オプション:SUNMI34,000円0円

ユニヴァ・ペイキャストでは加盟店のビジネスモデルに応じて内容が異なることから、「個別見積」となっている項目があります。

費用の詳細は、事前に相談してみるといいでしょう。

③決済手段

どのような決済手段に対応しているか?についても、決済代行会社を選ぶ際のポイントとなります。

クレジットカード、口座振替、店舗決済、CAT端末、電子マネー、キャリア決済などに対応しているか、またそれぞれの各項目の詳細(たとえば対応ブランド)はどうか?などを、自社ビジネスを考慮した上でチェックしていきましょう。

ユニヴァ・ペイキャストでは、ビジネスモデルを選ばない幅広い決済サービスが特徴。

クレジットカード決済はもちろん、アジアで普及する各種「電子マネー」に幅広く対応しているほか、海外の主要通貨(タイバーツなど)にも対応しています。

中国など、アジア向け決済が必要な事業者様は、ユニヴァ・ペイキャストが有力候補だと言えるでしょう。

また、ユニヴァ・ペイキャストでは、自動継続課金の決済のサイクル(期間)を選べたり、一定回数の課金後に自動停止する「回数制限オプション」があるなど、自動継続課金の柔軟性に強みがあります。

④セキュリティ

決済代行会社は金銭や、個人情報を扱うため、高度なセキュリティが求められます。

セキュリティを評価するには、第三者機関の規格を適用しているかをみるといいでしょう。

一般的には、クレジットカード情報を守る「PCI DSS」、個人情報を守る「プライバシーマーク」などがありますが、ユニヴァ・ペイキャストはこのいずれも対応済み。

ちなみに、ユニヴァ・ペイキャストは、日本国内の決済代行業者として初めて「PCI DSS」に対応しました。

ユニヴァ・ペイキャストのUnivaPayまとめ

ここまで、ユニヴァ・ペイキャストの決済代行サービス「UnivaPay」についてご紹介させていただきました。

なお、当サイトを運営する株式会社ミショナは、ユニヴァ・ペイキャスト様と提携しています。

弊社が提供するLINEマーケティングツール「L Message(エルメ)」のご利用者様は、弊社経由でUnivaPayに申し込んだ場合、「特典」をご用意しております。

まずは、上記ボタンよりLINEにて友だち登録した上で、

「univa特典」

とメッセージを頂ければ、特典をご案内していますので、ぜひ検討されてみてください。