RettyOrder(レッティオーダー)で注文業務の効率化

システム

「オーダー業務を効率化させたい」

上記のような悩みをお持ちの方、RettyOrderレッティオーダーというツールをご存じでしょうか。

この記事でわかることは以下のとおり。

この記事でわかること
  • RettyOrder(レッティオーダー)とは?
  • 特徴
  • 料金
  • 導入メリット
  • 導入事例

公式LINEを活用したRettyOrderについて詳しく説明します。

阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。100社以上の中小企業へLINEの導入支援を行い、業務効率化や収益改善の実績を持つ。

LINE登録で特典プレゼント中!
    • 運用の参考になる【優良アカウント100選】
    • 自動的に集まる【 “ズルい”集客法 】
    • 診断結果にあわせた【㊙︎シークレット特典】

RettyOrder(レッティオーダー)とは?

出典:RettyOrder

RettyOrderとは、株式会社Rettyが開発・提供しているLINEを利用したモバイルセルフオーダーシステムです。

テーブルでQRコードを読み取り、自分のスマホでLINEを使ってオーダーをするため、わざわざ席までオーダーを取りに行く必要がなく、業務の効率化に貢献します。

また、タブレットなどを共有で使用することもありませんので、昨今の感染症対策にも役立ちます。

さらにLINE公式アカウントと連携することで、友だちを増やすことも可能です。

特徴

LINE連携機能

お店の公式アカウントと連携させることで、オーダー画面に設置したバナーから友だち追加へ誘導することができます。

メッセージやクーポン配布により、リピート集客に役立ちます。

出典:RettyOrder

注文管理

キッチンディスプレイのようにオーダーの管理ができます。

プリンタ伝票の出力も可能なので、キッチン・デシャップなどのエリアごとに出し分けもできます。

出典:RettyOrder

POSレジ

モバイルオーダーでの注文をそのまま会計処理することができます。

レジの基本機能(入出金や日報など)を備えています。

出典:RettyOrder

ハンディターミナル

スマホでの操作も可能なため、スタッフのハンディとしても利用できます。

各テーブルでの注文状況を確認したり、スタッフ側での注文・会計操作も可能です。

出典:RettyOrder

放題・コース

制限時間付きの食べ放題、飲み放題に対応しています。

飲み放題はスタッフが呼ばれる回数が多く、繁盛時には作業が大変になることが多いですが、セルフオーダーだとその手間を大幅に削減することができます。

また、お客様側の画面でラストオーダーまでの時間がカウントダウン表示されるため、いちいち確認に回らなくても済みます。

さらに様々な種類のコースを作ることも可能です。

メニュー管理

メニュー画面は編集可能で、オプション、税設定、スタッフ画面のみ表示させるなどの設定ができます。

出典:RettyOrder

売上分析

ある期間ごとの売り上げや客単価、商品単位・グループ単位での売り上げ・販売個数・構成比率などの分析ができます。

ABC分析に役立つデータを抽出できます。

出典:RettyOrder

注文データ管理

注文やオーダー内容の履歴が全て確認できるため、期間ごとの売り上げや詳細なデータが確認可能です。

料金

RettyOrderの導入にあたり、初期費用は0円です。月額費用のみかかります。

月額費用:15,000円

導入メリット

RettyOrder導入の大きなメリットは、主に3つあります。

リピート獲得

店舗の公式アカウントと連携することにより、オーダー画面で導線を作って友だち追加を促すことができます。

追加してもらったユーザーに対して、メッセージやお得なクーポン配信を行うことでリピート集客が可能で、継続的な売り上げアップに繋げられます。

コスト削減

完全セルフオーダーシステムなので、スタッフが注文のために席に伺う必要がなくなり、大幅なコスト削減が可能。

さらに導入にあたって、専用の端末を購入する必要がなく市販のタブレット・スマホで利用できるため、初期費用が全くかかりません。月額費用のみのため低リスクで始められることも魅力です。

充実のサポート

メニュー登録代行などのサポート体制も充実。操作方法について現場担当者へのレクチャーもあるため、導入についての不安も全く問題ありません。

オンラインマニュアルも揃っているため、いつでも自分のペースで学習できます。

お問い合わせ回数に制限がなく、何度でも無料でメールや電話で相談ができます。緊急時にもサポートセンターが迅速に対応します。そのため導入後も安心して使うことができます。

困った時にいつでも対応してもらえるのは非常に助かりますね。

導入事例

ここではRettyOrderの導入事例をご紹介します。

導入事例
  1. 中華料理店S

中華料理店S

ホール業務がワンオペのため、忙しいときに手が回らなくなっていたので、業務効率化のために導入をした中華料理店S。

導入後は注文を取りに行くことと伝票に書いて厨房に伝えに行くことが無くなったため、作業効率が大幅に改善されることに。その分他のサービスに時間を割くことが可能となるため、料理の提供時間もかなり早くなったとのこと。

さらにお客様のタイミングで注文できるため、注文数や客単価がかなり増えました。具体的にはディナーの客単価が導入前5,000円だったのが導入後には7,000円まで上がったようです。

効率化と売り上げアップの両方が獲得できたのはとても素晴らしいことですね!

RettyOrder(レッティオーダー)まとめ

いかがでしたか?

RettyOrderを導入することで「リピート集客」「顧客対応コストの削減」「充実したサポート体制」といったメリットがあります。

オーダー業務のコストを改善したいけれど導入時の費用を抑えたいとお考えの方は、RettyOrderの導入を検討してみてはいかがでしょうか。