L.B.B.Cloudとは?LINE連携で簡単モバイルオーダー

システム

「非接触型の接客サービスを導入したいけど良いものはないか?」

そんな悩みをお持ちの方に、L.B.B.Cloudをご紹介します。

この記事でわかることは以下のとおり。

この記事でわかること
  • L.B.B.Cloudとは?
  • LINEミニアプリとは?
  • 特徴
  • 料金
  • 導入メリット

LINE公式アカウントをお持ちであれば、LINE連携できるセルフオーダーシステムのL.B.B.Cloudが便利です。

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

L.B.B.Cloudとは?

出典:L.B.B.Cloud

L.B.B.Cloudとは、株式会社LBBが開発したモバイルオーダーシステムです。

LINEミニアプリなので、ユーザーはLINEさえあれば、他のアプリをダウンロードしなくてもすぐにメニューを注文できます。また、事前注文・決済が可能なため、非接触で済ませることができるので感染症の心配もありません。

店側はわざわざ注文のために席に伺う必要がないため業務効率化が見込めます。

さらに、L.B.B.Cloudを通してLINE公式アカウントへの友だち登録も行ってもらえるため、その後もメッセージ配信やクーポン発券など、マーケティング活動に繋げられます。

LINEミニアプリとは?

新たにアプリのインストールを必要とせず、LINE上でサービスを提供できるアプリ。

会員証、注文、予約、クーポンといった機能を備えた自社アプリを開発する場合、開発や運用コストが高額になってしまうことも。

また、自社アプリの場合せっかく作ってもユーザーにをダウンロードしてもらえない、継続利用してもらえない、アプリの改善費用にさらにコストがかかる、トラブル対応などさまざまな問題が

LINEミニアプリは、LINEさえあれば新規ダウンロードの必要もなく、すぐに、しかも簡単に利用してもらえます。

開発に対応した企業が提供しているLINEミニアプリであれば、パッケージ化されているのですぐに導入可能であり、初期費用運用費用のみで安価で利用可能に。

アプリの利用と同時に、ユーザーを自社のLINE公式アカウントの友だちに追加してもらえるので、その後のメッセージ配信などで関係性を深めるアプローチを行うことにより、顧客ロイヤルティを高めていくことができます。

さらに、お客様がミニアプリを使用したデータ(来店回数、会員証の提示、注文履歴など)が取得可能であり、そのデータを基に、より効果的なマーケティングにつなげることも可能になります。

特徴

LINE公式アカウント連携

公式アカウントと連携することで、LINEログインによる会員登録や、出来上がり通知をトークで知らせることが可能です。

また、LINEトーク画面よりすぐにモバイルオーダーを開始することができます。

事前注文

商品はフードコートのように今すぐ受け取りできたり、店舗型のように注文当日内から一週間後に受け取りなど、業種により使い分けが可能です。

出典:L.B.B.Cloud

事前決済

クレジットカード(VISA/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club)、LINEpay、PayPayなどのオンライン決済(事前決済)に対応しています。

また、現地清算も可能です。

出典:L.B.B.Cloud

メッセージ&クーポン配信

登録されたアカウントにメッセージの一斉送信が可能です。また、割引クーポンを発行することもできます。

CRM分析機能(管理画面)

会員情報と購買情報を基にしたRFM分析でロイヤリティの高い顧客を抽出できるので、効果的なマーケティングが可能です。

出典:L.B.B.Cloud

料金

L.B.B.Cloud導入にかかる費用は以下の月額費用(LINE連携可能なのはProプランのみ)で、その他にオプションにより別途料金がかかります。

月額費用(Proプラン):16,500円~

導入メリット

L.B.B.Cloudを導入した場合の大きなメリットは、主に2つです。

コスト削減

今までの注文システムだと、オーダーを取りに行く際にわざわざ席まで伺う必要があるため、繁忙時にはスタッフの負荷が大きくなります。また、聞き取り間違いや打ち間違いによるミスも発生する可能性があります。

モバイルオーダーシステムであれば、お客様が自身で注文を行うため、スタッフがオーダー業務を行う必要がなく、打ち間違いもないので大幅なコスト削減が可能となります。

お店側はその分他の業務に注力することができます。

リピート顧客の獲得

自社の公式アカウントに友だち登録をしてもらうことにより、会員分析が可能となります。

購入日、利用頻度、購入金額といったRFM分析を基にロイヤリティの高い顧客の名簿が生成できるため、ターゲットを絞ってクーポン配信を行うことでリピート顧客の獲得に繋がります。

L.B.B.Cloudまとめ

今回はセルフオーダーシステムのL.B.B.Cloudをご紹介しました。

L.B.B.Cloudを導入することで、スタッフの「業務コストが削減」され、その後の「リピーター獲得」につなげられるなどのメリットが見込めます。

オーダー業務を改善したいとお考えの方は、一度L.B.B.Cloudを検討してみてはいかがでしょうか。