LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

LINE公式アカウントの最適なメッセージ配信頻度とは?オススメは?

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントを運用する中で、「どの程度の頻度で配信したらいいんだろう」と悩まれていませんか?

結論から言えば、「〇回が最適な配信頻度」というものはありません。

一般的には、「週1回程度」で配信するのがオススメと言われてますが、コンテンツ内容や読者の購読する目的によって調整していく必要があります。

今回は、どの程度配信回数が目安かを解説していきます。

この記事でわかる事

・メッセージの適切な配信回数の考え方
・メッセージ配信の目的と読者の購読する理由

メルマガが読まれない理由1位は・・・

引用:Directus

LINE公式アカウントと類似性のあるメールマガジンの調査によると、「読まない理由」がわかりました。

1位:受信する本数が多すぎる
2位:内容が面白くない
3位:自分が欲しい情報が送られてこない

つまり、配信頻度が多い」という理由で読まれなくなっているという悲しい結果に。

せっかく時間をかけて何本も書いても、多すぎると逆効果ということですね。

適度な配信頻度がもたらす効果

配信頻度を考える上で重要なのが、何を目的に配信するかということです。

基本的には売上を上げるため、時間をかけて執筆されていると思います。

ですから、売上を上げるための「配信頻度」というものにフォーカスを当てて見てきましょう。

ザイオンス効果

単純接触(ザイオンス)効果」はご存じですか?

同じ人やモノに対して接触回数が増えると、次第にそれらに好感を持つようになるという理論です。

1968年にアメリカの心理学者「ロバート・ザイオンス」氏によって提唱された理論で、今でもマーケティング業界で利用されているものです。

実際、最初はあまり興味がなくても、何度もテレビやWEB広告で目にするにつれ、覚えたり、口ずさむようになりますよね。

で、お店に行ったらその商品やサービスが目について購入してしまった、なんて経験はありませんか?

同じようLINE配信も、定期的に行い読者と接点を持ち続けることで、読者から好意を持たれるようになります。

習慣化を目指す

週に何回配信するといった目安も大事ですが、読者に継続的に読んで頂くためには「習慣化」させていく必要があります。

たとえば、テレビドラマも毎週決まった時間に新エピソードが配信されますよね。

毎週ワクワクしながら次の回の放映を待っている方は多いはずです。

それと同じように「この配信者は毎週〇曜日の~時にLINEを送ってくる」と理解してもらえれば、内容次第ですが毎週次のLINEがくるのを楽しみにするでしょう。

そうなると自然に、読者はあなたのLINEを読むことが習慣になるのです。

逆に不定期での配信の場合は、読者も「次はいつ来るのか」認識できないので、読者の頭からあなたの存在が消えてしまいます。

その結果、離脱数は上昇し、精読率はグッと下がってしまうのです。

ですから、「毎週」配信するというのが1つの目安になるでしょう。

読者の購読する目的

そもそも読者は、あなたが配信するメッセージをどのような目的で購読しているのでしょうか?

読者が求めている目的とは違ったことを配信しても読まれないですし、ブロック率の増加につながります。

最新情報を手に入れたい

速報、最新の記事更新、新商品の入荷、キャンペーンなど、わざわざサイトに情報を取りに行かなくても、LINEでお知らせしてくれるのは非常にありがたいものです。

自分で探す手間が省ける分、時間短縮につながりますし、またLINE限定の情報であれば「必ずチェックしよう」となりますよね。

このような目的で配信するのであれば、読者も積極的に情報を得たいがために、配信頻度はそこまで気にしなくても良いと考えられます。

定期的な状況を知りたい

コミュニティの状況、売れ筋の商品、近況報告など含め、緊急性が問われるものでなければ、定期的に決まった時間に配信するのが良いでしょう。

ここでの定期的とは、「週1回」、「月1回」が目安となります。

まとめ

LINE公式アカウントでメッセージを配信する頻度は、

①配信する目的
②読者が購読する目的

上記を踏まえて決めていくのが良いでしょう。

配信する回数が多ければ、解除される理由No.1であるようにブロックされてしまいますし、

送に配信がなさすぎるとその配信者を忘れてしまい、それもまた離脱につながります。

定期的な配信を行い、読者とのコミュニケーションを図りつつ、読むことを習慣化させ、より読まれるようにしていくようにしましょう。

また、頻度も大事ですが、読んでくれる人があってこそのLINE配信なので、内容に沿って柔軟に決めていくことを意識してみてください。