wazzup(ワズアップ!)とは?LINE用セグメント配信ツール

システム

「カート落ちをなんとかしたいなあ」

ECサイトを経営されている方にとって上記は深刻な課題ですが、wazzup(ワズアップ!)を使うことで解決するかもしれません。

この記事でわかることは以下のとおり。

この記事でわかること
  • wazzup(ワズアップ!)とは?
  • 特徴
  • 料金
  • 導入メリット
  • 導入事例

公式LINEを利用して、手間をかけずに売上を上げてくれます

阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。100社以上の中小企業へLINEの導入支援を行い、業務効率化や収益改善の実績を持つ。

LINE登録で特典プレゼント中!
    • 運用の参考になる【優良アカウント100選】
    • 自動的に集まる【 “ズルい”集客法 】
    • 診断結果にあわせた【㊙︎シークレット特典】

wazzup(ワズアップ!)とは?

出典:wazzup

wazzup(ワズアップ!)とは、株式会社FANATICと株式会社JollyGeneが共同運営する、顧客ニーズにマッチした商品や情報を配信するサービスです。

LINE公式アカウントがあればすぐに利用でき、自分で商品登録をする必要がありません。自動で登録から配信まで行ってくれるのです。

LINE内でお気に入りブランドやショップの登録をしたユーザーに対して、セグメント配信を行うことも可能。

安価で費用対効果抜群のツールです。

特徴

カート落ち

通販サイトでカートまで商品を入れた後に離脱してしまったユーザーに対して、買い忘れ通知の配信を自動で行ってくれます。

タグを設置するだけでカンタンに導入可能です。

出典:wazzup

再入荷リクエスト

売り切れの人気商品は、再入荷リクエストをしてもらうことで入荷次第、自動配信を行います。

これによりブロック解除や友だち追加に対しての効果も抜群です。

出典:wazzup

新着情報お知らせ

新着商品や人気商品のランキングなどを配信します。

完全自動配信なので一切の手間がかかりません。

出典:wazzup

商品検索

LINE上での入力キーワードに応じて商品画像を自動提供。

商品情報自体はあらかじめ決めておいたタイミングで自動登録されるので、一切の手間が不要です。

出典:wazzup

セグメント配信

お気に入りブランドやショップの情報を登録ユーザー毎にセグメント配信

内容はテキストに加えて画像や商品、HTMLメールのような画像タイプでの配信が可能。

会員登録落ち

カート落ち同様、会員登録中に離脱したユーザーに対してリマインダーを通知。

こちらもタグ設置のみで利用できます。

コーディネート検索

LINEチャットでコーディネートを閲覧することが可能です。

最新の情報は自動で取得してくれ、着用画像もLINE上でそのまま見ることができます。

出典:wazzup

店舗検索

店舗の情報(住所、電話番号、営業時間など)を自動応答。

地図を閲覧したり電話をかけることも可能です。

出典:wazzup

画像形式による配信

通常LINEでは1枚につき1画像のようなカルーセル方式での配信となりますが、こちらをHTMLメールのような画像形式で配信もできます。

これにより複数の商品を一度に表示させることが可能。

出典:wazzup

料金

wazzupを導入するにあたって、必要な費用は配信シナリオの月額費用のみです。(別途、LINEの配信費用がかかります)

月額費用:10,000円~(税抜)

導入メリット

wazzupを導入した場合の大きなメリットは、主に2つです。

コスト削減

自分で商品登録をする必要がないので、その分の手間が全くかかりません。

また、リマインダーや新着情報などの配信についても、自分でやると画像の選択や文章作成などの工数がかかってしまいます。

こちらも完全に自動で行ってくれるので、作業工数が大幅に削減されることになります。

購入率アップ

カート落ちや再入荷リクエストをしたお客様に対して、後でリマインダー通知を届けることができるので、再検討を促すことが可能に。

また、画像形式での配信により複数の商品をオススメできるので、その分購入率が上がります。

さらにユーザー毎にセグメント配信も可能なため、訴求効果が高く、購入数アップにつながります。

導入事例

リユースショップK

リユースショップKのアカウントでは、お客様が「好みのアイテム」と「ブランド」の登録が可能です。

それにより例えばシャネルのバッグを探しているお客様に対しては、セグメント配信によりシャネルのバッグのみの入荷情報を配信。

結果的に、全体配信と比較して約3.5倍以上の高い成果を得ることが可能となりました。

商業施設S

もともとECと実店舗の情報を織り交ぜて配信していた商業施設Sですが、ニーズに合わせてお客様に届ける情報をECとリアルで分けるためにwazzupを導入。

これよりお客様が希望するブランドに絞って情報が出せるようになり、LINEを利用したCV数は3倍以上に。

また、今までは館内に設置されていたフロアガイドをLINEに表示させることで、友だち数も増加する結果となりました。

wazzup(ワズアップ!)まとめ

wazzupについて解説しました。

商品の登録や配信に対して完全自動化により大幅コスト削減。加えてリマインダーやセグメント配信を使って購買行動を促進。

低コストで最大限の効果を得たいと思っている方は、wazzupの導入をオススメします。