LINE攻略「スタートアップガイド」を受け取る方はこちらをクリック

LINE公式アカウントの灰色(グレー)盾マークは危険?怪しくない?

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントには『プレミアムアカウント』『認証済みアカウント』『未認証アカウント』の3種類があります。

未認証アカウントは手軽に作成することができる一方、盾マークが灰色(グレー)で表示されるなど、認証済みアカウントと区別されます。

そのため、「ユーザーに危険なアカウントだと判断されるのでは?」と心配になる方もいるでしょう。

今回の記事では、そんな懸念を解消するため、以下のトピックで解説します。

この記事でわかること
  • 3種類のLINE公式アカウント(プレミアムアカウント・認証済みアカウント・未認証アカウント)の違い
  • 灰色の未認証アカウントはユーザーに「危険」だと思われる?
  • 認証済みアカウント(紺色)にするには?その申請方法

さっそく、詳しくみていきましょう。

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE公式アカウント自動化ツール「L Message(エルメ)」の開発者

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

ネットだけで集客と販促 最強の教科書』を始めとした書籍を4冊出版

コンテンツSEOが大の得意で1年半で月間50万PVのビジネス系メディアを一人で作った実績を持つ。

LINE公式アカウントの3種類の違い

LINE公式アカウントには、上述のように3種類があります。

それぞれの違いを簡単に表にまとめてみました。

種別概要
プレミアムアカウント公式LINEの特別な審査を通過した最上位のアカウントで、緑色の盾マークが付与される。また、LINEアプリ内での検索、決済、その他の一部機能が利用可能。
認証済アカウント公式LINEの審査を通過したアカウントで、紺色の盾マークが付与される。プレミアムアカウントと同様、検索、決済、その他一部機能が利用可能。
未認証アカウント個人・法人問わず、誰でも取得可能なアカウントで、灰色の盾マークが付与される。

緑色のプレミアムアカウントと、紺色の認証済みアカウントは、どちらもLINEの正式な審査に通過したアカウントです。

一方の灰色の未認証アカウントは、審査なく、誰でも取得することができます。

使うことができる機能は、承認済みアカウントと未承認アカウントとでほとんど差はなく、

  • メッセージの送信(一括)
  • 1対1でのトーク
  • ユーザーからの問い合わせへの自動返信

については、どの認証レベルのアカウントでも可能です。

灰色の未認証アカウントは「危険」なイメージを持たれる?

2018年以降、LINE公式アカウントの灰色(未承認アカウント)に迷惑しているというユーザーが増えています。

最近、ラインの灰色の公式マークから勝手に友達登録され、メッセージが送られてきて困っています。

何か防ぐ方法はあるのでしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋

皆さんもLINEに女性アイコンのアカウントや、怪しそうなアカウントに勝手に友だち登録された経験があるかもしれません。

このような迷惑アカウントの多くは、灰色の未承認アカウントです。

そのため、「灰色は危険」とのイメージを持たれやすいのです。

もちろん、実際には未承認アカウントのすべてが危険、怪しいといったことはありませんが、ユーザーによってはマイナスイメージにつながりやすいのは事実です。

有料プランに移行しても灰色のまま!?

なお、LINE公式アカウントにはメッセージ配信数の制限があるため、有料プランへの移行を検討されている方もいるかもしれません。

そこで「有料プランへと移行すれば、盾マークは紺色や緑色になるのでは?」と思われている方もいるかもしれませんが、有料プランかどうかは上記の「認証済み」かどうかとは関連がないため、盾マークの色が変わることはありません。

誤解されやすいポイントなので、注意しましょう。

できれば「認証済みアカウント」にしよう

ここまでの話をまとめると、LINE公式アカウントの未承認アカウントは灰色の盾マークで表示されるため、できれば承認済みアカウントにしたほうがいいということになります。

しかも、承認済みアカウントにすると、以下のようなメリットもあります。

  • LINE公式アカウントが検索結果に表示される(ユーザーに見つけられやすくなる)
  • 販促用ポスターが無料でダウンロードできる
  • 請求書決済が可能になる
  • 「友だち追加広告」を出稿できる

最大のメリットは、LINEアプリの上部にある「検索バー」からLINE公式アカウントを検索してもらいやすくなること。

未承認アカウントのままの場合、IDやアカウント名を入力しても検索結果に表示されません。

また、管理画面からポスターデータが無料でダウンロードできるようになります。

店舗を運営する事業者様は、このポスターを店頭に設置し、お客さんにLINE公式アカウントへの友達登録を促しましょう。

LINE公式アカウントを「認証済」にする申請方法

承認済みアカウントにするための申請方法について解説します。

まず、LINE公式アカウントの管理画面にログインし、「設定」をクリックしてください。

「アカウント設定」の項目を開き、画面を下にスクロールしましょう。

盾マークが灰色のアカウントの認証ステータスは「未承認」となっているはずなので、すぐ下の「アカウント認証をリクエスト」をクリック。

これで、申請は完了です。

なお、承認済みアカウントの申請には審査があるため、必ずしも承認されるわけではありません。

【まとめ】LINE公式アカウントの「灰色」は危険?

今回は、LINE公式アカウントの灰色の盾マークは危険と判断なのかというテーマについて解説しました。

プレミアムアカウントは「緑色」、認証済みアカウントは「紺色」で表示されますが、未認証アカウントは「灰色」で表示されます。

未認証アカウントは審査の必要なく、誰でも取得できるため、「危険」とのイメージを持つユーザーもいます。

必須ではないものの、できれば承認済みアカウントへの申請を行い、灰色ではなく、緑色や紺色の盾マークを取得するようにしましょう。

また認証済みアカウントにすることも重要ですが、ユーザーに信頼されるアカウント作りを一緒に行う必要があります。

登録してくれるユーザーを手放さないためにも、弊社公式LINEアカウントに無料登録して信頼されるアカウント作りの構築を行っていきましょう!