LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

LINE公式アカウント友達追加広告とは?料金プラン、費用、始め方

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントの友達を増やすための施策は何か取り入れてますか?

ブログやHPなどのSEOでしょうか?実店舗での紹介でしょうか?

たしかにブログやHP、実店舗などは、お金をなるべくかけないという点では良い手段です。

ですが、事業をスピーディに拡大させていくのなら広告を外すことはできません。

とはいえFacebook(instagram)やTwitter、リスティング(GoogleやYahoo!)、DSPなど様々な手段があり、「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いでしょう。

そこで今回は、LINE公式アカウントの友達を増やすために、いま最も効果的な「LINE友だち追加広告」について解説をしていきます。

この記事でわかること

・LINE友だち追加広告のメリット
・広告の出稿方法
・友だち追加広告の実例

LINE友だち追加広告(Cost Per Friends)とは

LINE広告が提供している広告配信機能の1つです。

友だち追加をメインとした機能で、友達の獲得をメインに考えている事業者は使わない手はありません。

トーク一覧、LINE NEWS、タイムライン、LINEマンガ、LINE BLOG、LINEポイント、LINEショッピングなどLINEが展開する様々なコンテンツ上に出稿されます。

また、友だち追加広告はLINE公式アカウントの友だちを増やすためのものですが、リストマーケティングを検討されている方にはとってもお勧めです。

DMやメールマガジンなど手段は様々ありますが、中でもLINE公式アカウントが圧倒的に到達率、開封率、クリック率が高いです。

実際、月間利用者の内85%以上が毎日使っているという結果が出て、驚異のアクティブ率を誇ります。

つまり、反応が取りやすいアプローチ方法でリストマーケティングが出来るのは嬉しいですよね。

LINE友だち追加広告のメリット

①LINEでしかアプローチ出来ない層にリーチが可能
②非常に安い広告費に抑えられる
③簡単に始められる

上記の3つのメリットがあります。

①LINEでしかアプローチ出来ない層にリーチが可能

日本3大SNSと言えばFacebook(instagram)、Twitter、LINEですが、LINE利用者が断トツで多い状況です。

Facebook、Twitterのユーザーはほぼカバーしていますし、LINEのみ使っているユーザーもなんと39.9%います。

ですから、これまでのSNS広告ではアプローチできなかった新規顧客を開拓するにはもってこいの媒体なのです。

②広告費を安く抑えることが出来る

LINE公式アカウントの友達を獲得するためのコストが非常に安いことで有名です。

実際に弊社で出稿しているビジネス系の広告ですが友達追加単価はなんと200円!

セグメントを緩くしたり、友達追加数を絞れば100円など安く出来たりもしますが、なかなかビジネス系でここまで安く獲得できる媒体はないでしょう。

安い理由としては広告が始まったのが2016年と最近で、まだ競合他社があまり参入していないため。

また、記事LPなどLINE登録を促すためのページを挟まず、直接LINE友だち追加に誘導できるからです。

③簡単に始められる

出稿方法は後程解説しますが、設定項目が少なく、広告初心者の方でもスグにスタートすることが出来ます。

ただ、LINEの広告審査は他の広告媒体よりも審査が厳しく、審査が通るまでにかなり時間がかかります。

もちろんその分、競合他社が少なく、安く見込み客を獲得できる可能性も高いです。

友だち追加広告の注意点

この広告は、「認証済み」アカウントのみだけが掲載可能となりますので、注意が必要です。

詳細は後程解説します。

LINE友だち追加広告の費用、料金プラン

料金プランは非常にシンプル。

「友だち追加」ボタンがタップされたら課金される仕組みです。

上記の画像のように、予算や友だち追加辺りの費用を入札単価で上限を決めることが出来ますので、ご自身でコントロール可能です。

1カ月20万円(税抜き)まで利用可能で、入札単価は50円~5000円の間で設定が可能です。

広告の表示はオークション制で、この金額が高ければ高いほど掲載される機会が多くなります。

多く友だちを獲得したい場合は、単価を上げ、ゆっくりでも良い場合は100円など単価を下げて設定するのが良いでしょう。

ちなみに、友だち追加後すぐにブロックする人も多いため、これまでのデータ上+25%程度を加えた金額を友だち獲得単価として計算するのがオススメです。

たとえば、200円なら250円といった感じです。

友だち追加獲得広告の始め方

①認証済みアカウントを作成する
②出稿方法を決める

①認証済みアカウントを作成する

友だち追加広告の絶対条件として「認証済み」アカウントとして審査を通ることが必要です。

LINE公式アカウントは、「認証済み」と「未認証」のアカウントが存在し、審査が通ったアカウントが「認証済み」アカウントです。

審査は10営業日かかると記載があり、最低2週間は待つ必要があります。

初めから認証済みアカウントを開設するとその間何もできませんので、まずは未認証アカウントを開設してから、認証リクエストをするのがオススメです。

詳しい内容や開設方法は以下の記事で解説しておりますのでご覧ください。

②出稿方法を決める

出稿する方法は以下の2パターンあります。

①LINE Official Account Manager
②LINE広告マネージャー

それぞれの違いとしては、①のほうが簡単に出稿が可能です。

認証済みアカウントにログインして、「友だち追加広告」のメニューより簡単に出稿が可能です。

②のほうは、細かいセグメントなど設定する際にはこちらを利用するのも良いでしょう。

①のLINE Official Acount Managerからの出稿方法は先述の記事で解説しておりますので、今回は、②の広告マネージャーからの出稿方法について解説します。

LINE友だち追加広告の出稿方法

①広告アカウントの作成

まず、公式サイトより「オンライン申し込み」をクリックします。

お持ちのLINEアカウントでログインする、ないしはメールアドレスで登録して、広告用のアカウントを作成するのも良いでしょう。

会員登録後、まずは請求先情報を入力します。

次に、広告主(掲載者)の名称並びに、公式サイトのURLを記載します。

そして最後に商材情報を入力します。

広告アカウントは商材毎に必要で、複数ある場合は取り敢えず1つ登録します。

商材正式名称は、LPに記載のあるものでないと審査が通りませんので注意が必要です。

なお、LINE公式アカウントのIDを入力する際に、管理者権限を持っていないと追加出来ませんのでご注意ください。

アカウント作成完了後は、アカウントの審査待ちとなります。

審査中に広告キャンペーンの作成は可能ですが、審査で修正など必要な場合は、再度作り直す必要が発生する場合があります。

ですので、一旦審査完了後に作成に取り掛かることをお勧めします。

審査完了までは出稿に必要なバナー画像やタイトル、説明文などを考える期間に充てると良いです。

②広告アカウントの作成

初回の場合は、アカウント作成時に同時に作成をしましたが、追加で作成する場合は「新しい広告アカウントを作成」をクリックし、広告主、商材情報を入力し作成します。

③キャンペーンの作成

まず、キャンペーンの目的を決定します。

友だち追加広告だけではなく、

・ウェブサイトへのアクセス
・ウェブサイトコンバージョン
・アプリのインストール
・アプリのエンゲージメント
・動画再生

と様々な目的で広告掲載が可能です。

基本情報、掲載期間、予算の設定を行います。

次にターゲットの設定を行います。

広告掲載予定の商材によってカスタマイズしていきます。

たとえば、実店舗でしたら商圏というものがありますので地域を絞ったり、男性用女性用などジャンルなどもありますので、性別を絞る。

商材のターゲット層で、年齢も決めていきましょう。

その他、「詳細ターゲティング」では、

興味関心・行動・属性などで絞り込みも可能です。

次に入札等の金額設定を行います。

入札単価の設定方法は、予算をオーバーしないように「手動で設定」を選択し、入札価格は200円以内から始めてみるのをお勧めします。

1友だち追加辺り200円で収益が上がらない場合は、ターゲティングが間違っている、追加後のオファーが弱いなどその他に原因がありますので検証しましょう。

最後に広告のクリエイティブを作成します。

バナー画像、タイトル、ディスクリプションなどを作成し、入力します。

これで完成となります!お疲れ様でした。

LINE友だち追加広告まとめ

この広告はリーチが広く、獲得単価も安いため今のところ最強の広告手段と言えるでしょう。

しかし、審査は厳しいので、まずはこのハードルを乗り越える必要があります。

ですがその分競合が少なく、ブルーオーシャンとも言える状態です。

審査期間も長いので、やってみたいと思いましたらスグに認証済みアカウントの申請を行っていきましょう。

またご不明点があれば、LINE社が窓口を用意しておりますので、こちらからご確認ください。