チャネルトークとはチャットツールのこと|導入事例や料金プランを解説

LINE公式アカウント

「チャネルトークって何?」

「ただのビジネスチャットツールでしょ?」

チャネルトークという名前を聞くと、このように疑問に思う人もいるハズ。

詳しくは後述致しますが、チャネルトークは顧客と企業がコミュニケ―ションを測ることができるビジネスチャットツールです。

そのためチャネルトークを使うことで顧客に寄り添った接客がオンライン上で実施できるようになり、満足度の向上や対応の質を高めることが可能です。

しかもチャネルトークはそれだけでなく、なんと以下のこともできます。

チャネルトークでできること
  • 顧客プロフィールの表示機能
  • フォーム(アンケート)機能
  • 返信テンプレート機能
  • 自動翻訳機能
  • LINE公式アカウント・Instagramとの連携
  • 通知停止機能
  • 担当者自動割り当て機能
  • 各担当者のパフォーマンス(初動までの時間など)をランキング化

上記を見ますと、チャネルトークがただのチャットツールでないことがわかりますよね。

そのこともありチャネルトークを導入した企業は2022年3月5日時点で、なんと70,000社を突破しています。

チャネルトークの導入後にリード獲得190%アップ・単価300%アップを実現させた企業もあり、かなり有能なツールであることがわかります。

そうなるとチャネルトークの利用料金が気になりますよね。

そこでこの記事ではチャネルトークの基本機能や成功事例だけでなく、主な特徴・料金プラン・導入手順を解説致します。

阿部悠人
阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。

100社以上の中小企業へLINE公式アカウントの導入支援を行い、数多くの友だち獲得や収益改善の実績を持つ。

チャネルトークの基本機能と導入例を解説

まずはチャネルトークの基本情報・導入企業をご紹介いたします。

基本機能と導入事例
  • チャネルトークって何?
  • 導入企業一覧

チャネルトークって何?

チャネルトークとはチャットツールのことです。

簡単に言いますと、LINEのような画面・仕組みで他者とやり取りができるコミュニケーションツールを指します。

主な機能は以下の通り。

チャネルトークの主な機能
  • 顧客と企業のチャット機能
  • 社内チャット機能
  • メンバー間の非公開チャット機能
  • 画像・動画・ファイル送付機能
  • 顧客プロフィールの表示機能
  • フォーム(アンケート)機能
  • 返信テンプレート機能
  • 自動翻訳機能
  • LINE公式アカウント・Instagramとの連携
  • 通知停止機能
  • 担当者自動割り当て機能
  • 各担当者のパフォーマンス(初動までの時間など)をランキング化
  • 各担当者のシフト表示機能
  • カテゴリおよびタグの自動登録
  • KPI(返信時間など)のグラフ表示機能
  • 流入経路表示機能
    2022年3月5日時点

上記を見てわかりますように、チャネルトークには非常に多くの機能が備わっていることがわかります。

そのためチャネルトークであれば単にチャットをするだけでなく、顧客および組織管理・業務の最適化をさせることも可能です。

例えば『顧客プロフィールの表示機能』を使うことで、以下のことがわかります。

顧客プロフィール機能でわかること
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 最新アクセス時間
  • 会員ID
  • 現在の居住地(国名および都道府県)
  • 付与されている顧客タグ(VIPなど)
  • 注文内容
  • メモ(案件名や対応業務内容など)

上記を確認することで顧客理解が深まりますよね。

顧客タグを見れば上客なのかどうかがわかりますし、メモを確認すれば何をいつまでにすればよいのかを、注文内容をチェックすれば自社商品に対する好みがわかります。

その結果、仮に抱える顧客数が多くなったとしても顧客プロフィールが確認できない場合に比べて、顧客が満足する対応が可能になるわけです。

自サイトの運営が軌道に乗ればその分顧客数も爆発的に増えるわけですから、この機能は非常に重宝するハズ。

顧客が多いときこそ、チャネルトークは便利になりますよ。

そういったこともあり詳しくは次で解説致しますが、チャネルトークを導入する企業は年々増加し、今では70,000社に到達しました。

導入企業一覧

チャネルトーク公式サイトによりますと、現在チャネルトークを導入している企業はECを中心に70,000社を突破しています(2022年3月5日時点)。

この数は非常に驚異的ですよね。

やはりトーク機能だけでなく、組織管理や業務の効率化に役立つことが人気の要因となっているようです。

なお、チャネルトークを導入している主な企業は以下の通りです。

チャネルトーク導入企業例
  • VAIO
  • INVOY
  • くらしのマーケット
  • mixi
  • ストリートアカデミー

上記のように有名サービスを提供している企業もチャネルトークを導入していることがわかります。

もちろん単に導入しているだけでなく、チャネルトークを導入したことで劇的な成功を収めている企業も数多くあります。

ジャンル企業名 or サイト名成功事例
EC/D2CKURAND相談件数600%アップ
EC/D2CTRiCERA単価300%アップ
toCtotteリピート率50%アップ
toCMeilyリード獲得190%アップ
toBINVOY問い合わせ効率20倍アップ
チャネルトーク|チャネルトークとともに成長する企業が熱狂的ファンや顧客中心文化を作った成功事例(2022年3月5日時点)

上例を見る限り、やはりチャネルトークはただのチャットツールではないことが伺えますよね。

運用方法にもよりますが、相談件数・単価・リピート率・リード獲得・問い合わせ効率をアップさせることができるツールはそうそうないハズ。

ましてやチャットツールに限定させるとすると、チャネルトークは特異な存在であるといえます。

70,000社以上の企業に導入され、かつ劇的な成功事例も収めていることを踏まえますとチャネルトークは信頼できるチャットツール、いやビジネスツールと断言できます。

「顧客とのやり取りをスムーズに進めたい」

「コロナの影響で在宅ワークに切り替えたが、業務連絡・社内コミュニケーションが円滑に進まない」

「チャットツールを導入したいけど、運営に役立つプラスアルファ的な機能も欲しいな……」

上記のように考えている方には、チャネルトークを使ってみて下さいね。

今(2022年3月5日時点)なら『チャネルトーク|14日間お試しキャンペーン』も実施されていますので、この2週間で使い心地を確かめるとよいでしょう。

チャネルトークの特徴を解説

先ほどチャネルトークの主な機能を解説致しましたが、ここではさらにもう一歩踏み込んでチャネルトークの代表的な特徴を2つ解説します。

代表的な特徴
  • シナリオ型チャットボットを使える
  • LINE公式アカウントと連携できる

シナリオ型チャットボットを使える

チャネルトークであればシナリオ型チャットボット※が使えます。

※シナリオ型チャットボットとは簡単に言いますと、事前に設定した規則通りに自動返信をしてくれる機能のこと。
例えば『営業時間は10:00~23:00です』と事前に設定しておけば、営業時間に関する質問が来た時に、この設定内容をそのまま答えとして返信できる機能を指します。

このシナリオチャットボットを簡単な質問(Wifiはありますか? 駐車場はどこですか?など)に対して設定することで、あなたは注力すべき質問に時間を割けます。

どういうことかと言いますと、そもそも顧客からの質問には大きく分けて3種類があります。

質問の種類具体例
購入につながる質問クレジットは使えるか?
リピートにつながる質問定期コースはあるのか?
上記2つに該当しない質問住所の問い合わせ・他企業からの営業など

質問と一言で言っても上記のように購入・リピート、つまり利益につながるか否かに種類が分けられます。

そして利益につながらない質問(住所はどこですか? 弊社のサービスを使ってみませんか?など)に対しては、シナリオチャットボットで対応すべきです。

そのような質問に対してどれだけ丁寧に対応したとしても、結局は自社の利益につながりにくいからです。

そういった質問に対して時間・手間・労力を費やすのであれば、利益につながる問い合わせに対して丁寧に対応した方が、どう考えても効率的に稼げますよね。

利益につながりやすい質問100~1000件に対して注力し、利益につながりにくい質問100~1000件を自動対応させれば、最終的な利益額に大きな差が出ることも考えられます。

したがって売り上げの最適化を目指すのであれば、シナリオ型チャットボットで一部の質問を自動対応することも検討すべきです。

「利益につながらない質問に対応するためにわざわざ人手は割きたくないな。かといって無視するわけにもいかんしな」という場合は、チャネルトークを使ってみてくださいね。

LINE公式アカウントと連携できる

チャネルトークであればLINE公式アカウントと連携させることができます。

チャネルトークとLINE公式アカウントを連携させることで、LINE公式アカウントからの質問をチャネルトークから対応することが可能です。

その結果、顧客はチャネルトーク・LINE公式アカウントどちらからでも質問することができるようになり、ユーザービリティが上昇します。

『チャネルトークからのご質問にしかお答えできません』という場合よりも『LINE公式アカウントを通じてのご質問にもお答えできます!』の方が、どう考えても便利ですよね。

それだけでなくLINE公式アカウントと連携させることは企業視点で言っても、チャネルトーク1つで一元管理できることを意味します。

つまり、各種対応のたびにツールを切り替える手間がなくなるわけです。

その結果チャット管理・顧客管理がとても楽になります。

そうなると、作業および業務時間の最適化を簡単に図ることができます。

要するにチャネルトークとLINE公式アカウントを連携させることは、顧客・企業双方にとってWIN-WINと言えるのです。

もしもあなたが既にLINE公式アカウントを所持しているのであれば、ぜひチャネルトークと連携させてみてください。

なおチャネルトークとLINE公式アカウントを連携させる方法は『チャネルトーク|LINE公式アカウント連携方法』に記載されていますので、参考にしてください。

チャネルトークの料金プランは5つ!

ここまででチャネルトークの機能の豊富さ・有益性を解説してきましたが、そうなると料金の方が気になりますよね。

チャネルトークのプラン別料金は以下の通りです。

プラン名料金/月アクティブユーザー数/月
X-Small3,000円3,000人以下
Small5,000円8,000人以下
Medium7,000円20,000人以下
Large15,000円80,000人以下
Enterprise20,000円~80,001人以上
2022年3月5日時点

一番安いプランだと3,000/円で利用できますから、とても気軽に導入できますよね。

ただし、最安プランであるX-Smallだとユーザー数は3,000人以下/月です。

そのためもしもあなたのサイトの利用者が数万人/月であり会員数がそれに匹敵する数なのであれば、上限数が大きいプランに切り替える必要があります。

しかしそうは言いましても数万円のプランをいきなり利用するのは抵抗があるでしょうから、その際はMediumを利用するとよいでしょう。

Mediumであれば料金は7,000円/月で済みながらも、アクティブユーザー数/月はX-Smallの約7倍である『最大20,000人』までOKです。

Mediumはコスパがよいプランと言えますので、ぜひ使ってみてくださいね。

チャネルトークの導入手順はCRMにより異なる

チャネルトークの基本的な導入手順は以下の通りです。

チャネルトーク導入手順
  1. 『チャネルトーク』にアクセス
  2. 『無料お試し』をクリック
  3. メールアドレスを入力
  4. 各種サイトに設置する

『チャネルトーク|無料お試しページ』にアクセス

まずは『チャネルトーク|TOPページ』にアクセスをしてください。

『無料お試し』をクリック

画面右上に表示されている『無料お試し』をクリックしてください。

メールアドレスを入力

業務用のメールアドレス、つまりは日中に連絡が取れるメールアドレスを入力してください。

基本的には社内メールアドレスを使うのがよいでしょう。

各種サイトに設置する

ココからが少し特殊なのですが、チャネルトークの場合は設置する媒体によって導入方法が若干変化します。

まず、チャネルトークを設置できる主なサイトは以下のものです。

主なサイト設置方法
WordPress専用のプラグインをインストールなど
Shopify専用のアプリをインストールなど
BASE専用のコードを張り付けるなど
カラーミーショップ専用のアプリをインストールなど
SPAサイト※コーディングなど
androidやiOSなどのモバイルアプリ特定のバージョンを使用するなど
※1つのページだけでアプリケーションを構成しているサイトのこと。SPAの具体例としましてはFacebookやGoogle mapなどがあります。
2022年3月6日時点

もしもWordpressにチャネルトークを導入するのであれば、専用のプラグインをインストールし、有効化および指定のPlugin Key(IDみたいなもの)を入力する必要があります。

一方でShopifyやカラーミーショップに導入するのであれば、各アプリストアにてチャネルトークをインストールし、連携作業およびチャネルの作成が必要となります。

このように設置する媒体によって、導入方法は千差万別。

そのため、導入する際は手順や必要なものが変化しますのでご注意ください。

チャネルトークを自社サイトに設置する方法の詳細は『チャネルトークご利用ガイド』の『各種サイトへの設置方法』にて詳細に解説されていますので、参考にしてくださいね。

まとめ|チャネルトークを使ってみよう!

チャネルトークの機能・特徴・料金・導入方法がわかりましたね。

既述しましたようにチャネルトークはただのチャットツールではありません。

顧客や組織の管理機能・他ツールとの連携機能・タグ付け・KPIのグラフ化など、多種多様な機能があります。

これらを使うことで業務だけでなく売り上げを最適化させることも可能です。

その結果チャネルトーク成功事例のような結果を、あなたのサイトにももたらしてくれるかもしれません。

それだけでなくチャネルトークは最安プランが3,000円ですので、気軽に導入できます。

今なら14日間の無料お試しプランもありますので、コレを機に使ってみてくださいね。