fbpx
LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

LINE公式アカウントのメッセージ配信の反応が良いタイトルの付け方

ノウハウ

LINE公式アカウントの運用はしっかりとできていますか?

メッセージ配信で情報提供、告知、宣伝などする中で、何を送ったらいいのだろう?文字数は?見てもらうためには?と悩んでいる人も多いと思います。

今回は、「どんな内容を送るか?」ではなく、

配信する内容が決まった後の「見てもらうためには」ということにフォーカスして解説していきます。

この記事でわかること

・LINE公式アカウントのメッセージ配信とは
・開封してもらうための効果的なタイトル

LINE公式アカウントのメッセージ配信タイトルについて動画で解説!

LINE公式アカウントのメッセージ配信のタイトルの付け方について動画で解説しました!

効果的なタイトルの付け方は?どういった内容でメッセージを送ればいいのか?など、動画で具体的に紹介していますので、イメージが湧きやすいかと思います。

是非チェックしてみてください!

LINE公式アカウントのメッセージ配信とは?

ご自身のLINE公式アカウントに追加してくれている読者全員にメッセージを届ける機能です。

※ブロックされていない有効な読者全員

プッシュ通知や普段やり取りしているLINE上に表示されるため、非常に効果的な情報配信手段です。

到達率100%、開封率60%、クリック率20%!!

という驚異の数字を叩き出しますから、

これを使わないのは「売上を捨てている」のと同然です。

まだの方はスグに使いましょう!

メッセージの配信は、セグメントやオーディエンスにより絞り込んで届けたい人にだけ配信したり、予約配信により反応が高い時間に設定することができます。

さらに一回の配信で最大500文字(1枠)×3通配信することが可能です。

テキスト・絵文字・スタンプ・画像・音声・動画など、送りたいものは何でも送れちゃいます(笑)

配信するメッセージを読んでもらうためには

LINE公式アカウントでのメッセージ配信は、驚異の数値を叩き出すとお伝えしましたが、、、

だからと言って、何も気にせず適当に配信しては効果半減です。

せっかく時間をかけて作成したメッセージですから、できれば読者全員に見て欲しいですよね。

そのにはまず、「開封」してもらうことが必要。

ですから、トークに表示される2行の文章で、いかに興味を引けるかを考えていきましょう!

効果的なタイトル

「4Uの原則」はご存じですか?

マイケル・マスターソンという世界的に有名な起業家で数多くのビジネス書籍を出版されている方が提唱した「魅力的な見出し」を作成するポイントです。

Urgent(緊急性)
Unique(独創性)
Ultra Specific(超具体的)
Useful(有益性)

上記「4つのU」を盛り込むことで、より魅力的なタイトルになります。

一生懸命作成したメッセージがずっと見てもらいやすくなるので、ぜひ意識してくださいね。

その上で、以下のポイントも取り入れるとさらに良くなります。

①記号などで目立つ演出をする
②緊急性を持たせる()
③情報の鮮度をアピールする
④読者に問いかける

①記号などで目立つ演出をする

文章に「!」や「?」を添えて強調したり、「【】や●」などの目立つ記号を活用しインパクトを出すことで読者に気づいてもらいやすくなります。

例)【○○するだけで開封率が10%上がりました!】

②緊急性を持たせる

LINEは反応が非常に良いと毎回話してますが、配信して開封されるまで平均15分程度というデータも出ています。

そこがピークで、時間が経つにつれて他のメッセージに埋もれたり、開封するのが面倒になり、開封率が下がっていきます。

おそらく、あなたにも経験があるんじゃないでしょうか?

そのため、いかに早くLINEのメッセージを開封してもらうかが勝負になるのですが、そこで有効なのが「緊急性」を出すことです。

例)これで最後です。
例)24時間限定です。

③情報の鮮度をアピールする

読者はLINEのメッセージを今すぐ見るべきか、後でも良いのかを判断します。

2番同様、メッセージを早く読んでいただくための施策として、情報の鮮度を訴求するのもありでしょう。

例)【速報です!】
例)【本日解禁です】

④読者に問いかける

「○○と思っていませんか?」と、思わず「うん、うん」うなずいてもらえるかが勝負です。

自分とは関係ないと思ってしまうと読んではくれません。

その際に、「○○さんは○○と思ってませんか?」と名前を入れるとさらに開封率が上がります。

弊社エルメを使うことで、LINE名を自動的に取得し配信することができます。

ただ、最近はLINE名で配信するのは普通になりすぎて反応も落ちてきていますので、さらに踏み込んで、本名をアンケートなどで取得し、LINE名の代わりに本名に変え配信するのがおすすめです。

例)阿部さん、LINEのステップ作成で困ってませんか?

小手先テクニック(裏技)

基本的なタイトルの付け方について解説していきましたが、開封してもらうことに命を懸けるのでしたら、「小手先(裏技)」テクニックもあります。

写真、動画などを送る

文章以外で送ると、その送ったものが表示されます。

今回は画像を添付したのですが、『写真を送信しました』と表示されますよね。

文章だとパッと見て「見るor見ない」を選択しますが、写真の場合だと「なんだろう・・・」と思わず開いてしまいませんか?

個人LINEをしている感じを出す

ビジネスアカウントだと「見なくてもいいや~」と思いがちですが、個人ラインが送られてきたらどうですか?

こんな感じで「不在着信」とかどうでしょう?(笑)

他にも、
・退出しました
・アルバムを作成しました
・ボイスメッセージを送信しました

とかとか・・・

メッセージを開かせるための小手先テクニックなので悪用は厳禁で。

まとめ

LINE公式アカウントのメッセージ配信で、読者に開封してもらうための方法について解説をしていきました。

タイトルを少し工夫するだけで、コストを掛けずに開封率を上げることができます。

数パーセント開封してくれるだけでも、後々の商品の売り上げに大きな増加をもたらしてくれるので、今回紹介したポイントを意識してLINEメッセージのタイトル作成をしてくださいね。