【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message(エルメ)のテンプレート機能

テンプレート機能とは、事前に作成したメッセージを使いまわせる機能です。

一度テンプレートメッセージを作成しておけば、その後何度でも再送信できます。

イチから手動で入力し直す場合に比べて何十倍も速く対応できますので、生産性を劇的上げることができます。

業務の効率化はもちろんのこと、様々な機能と組み合わせることで自動対応を構築することも可能です。

ここではそんなテンプレートメッセージの作成方法・使い方について解説します。

テンプレートを使いこなしたい際の参考にしてください。

  1. テンプレート機能の使い方(動画版)
  2. テンプレートの作成方法
    1. エルメ管理画面ログインページにアクセス
    2. アカウントを選択
    3. 『テンプレート』をクリック
    4. フォルダの『+』をクリック
    5. フォルダー名を入力
    6. 作成したフォルダー名をクリック
    7. 『新規テンプレート作成』をクリック
    8. テンプレート名を入力
    9. テンプレート分類を選択
    10. メッセージ内容を作成する
      1. テキスト
        1. このテキストでは短縮URLを使用しない
        2. 友だち名
        3. 日数・日付
        4. 回答フォーム
        5. 友だち情報
        6. 配信日
        7. 商品
        8. 絵文字
        9. PDF
        10. URL設定
      2. 質問・ボタン
      3. メディア
        1. 画像
        2. 動画
        3. 音声
      4. スタンプ
      5. 位置情報
      6. 紹介
  3. テンプレートパックの作成方法
    1. 新規パック作成
    2. 名前とフォルダを指定
    3. 新規追加・テンプレート追加
    4. プレビューで確認
  4. テンプレートの使い方
    1. 1:1チャット
      1. 『1:1チャット』をクリック
      2. テキストマークをクリック
      3. テンプレートを選択
    2. メッセージ配信(一斉配信)
      1. 『メッセージ配信』をクリック
      2. 『新規作成』をクリック
      3. 希望するものを選択
      4. 『テンプレートから追加』をクリック
      5. 希望のテンプレートメッセージを選択
      6. 『コピーして編集』をクリック
    3. ステップ配信
      1. 『ステップ配信』をクリック
      2. 『+新規登録』をクリック
      3. 各自を設定
      4. ステップ名をクリック
      5. 『テンプレートから追加』をクリック
    4. 自動返信
      1. 『自動返信』をクリック
      2. 『新規作成』をクリック
      3. 『該当した時のアクション』で『テンプレートで返信する』をクリック
    5. 回答フォーム
      1. 『回答フォーム』をクリック
      2. 『+新規作成』をクリック
      3. 『アクション設定』をクリック
      4. 『+テンプレート』をクリック
      5. 希望のものをクリック
  5. 作成するとよいテンプレート
    1. お礼に関するテンプレート
    2. キャンセルに対する返信テンプレート
    3. 現在応答不可の返信テンプレート
    4. 予約受付に関する質問の返信テンプレート
    5. 営業時間に関する質問の返信テンプレート
    6. 所在地・電話番号に関する質問の返信テンプレート
    7. 資料請求に関する質問の返信テンプレート

テンプレート機能の使い方(動画版)

テンプレートメッセージに関する概要を動画で簡単にまとめました!

この動画で解説した内容の詳細は以降にてテキストと豊富な画像で解説しています。

ぜひチェックしてみてください。

テンプレートの作成方法

テンプレートを作る際の手順は以下の通りです。

エルメ管理画面ログインページにアクセス

まずはエルメアカウントログインページにアクセスをしましょう。

そして管理画面にログインしてください。

アカウントを選択

アンケートを作成したいアカウントを選択してください。

『テンプレート』をクリック

画面左『テンプレート』をクリックしましょう。

フォルダの『+』をクリック

画面左に表示されている、フォルダの『+』をクリックしてください。

フォルダー名を入力

入力欄が表示されますので、フォルダー名を記入しましょう。

ご自身で管理しやすい名前を入力してください。

作成したフォルダー名をクリック

フォルダーを作成すると追加されますので、そのフォルダーをクリックしてください。

フォルダーを選択した状態で新規テンプレートを作成しますと、選択フォルダーにテンプレートが保存されます。

『新規テンプレート作成』をクリック

『新規テンプレート作成』クリックしましょう。

テンプレート名を入力

テンプレート名を記入しましょう。

なお、ココで記入した名称は友だちには表示されません。

管理しやすいものを名付けるとよいでしょう。

テンプレート分類を選択

テンプレート分類を選択してください。

先ほどフォルダを作成した場合は、こちらにフォルダ名が表示されているかと思います。

テンプレートを格納するフォルダを変更したい場合はこちらから可能です。

特にこだわりがなければ『分類なし』でも構いません。

メッセージ内容を作成する

作成するメッセージを選択しましょう。

具体的には以下のものを作成できます。

項目
  • テキスト
  • 質問・ボタン
  • メディア
  • スタンプ
  • 位置情報
  • 紹介

テキスト

テキストとは主に文字を入力できる機能を指します。

なお、テキスト機能では以下のことを設定できます。

テキスト機能でできる事
  • このテキストでは短縮URLを使用しない
  • 友だち名
  • 日数・日付
  • 回答フォーム
  • 友だち情報
  • 配信日
  • 商品
  • 絵文字
  • PDF
このテキストでは短縮URLを使用しない

テキスト内に入力したURLをそのまま表示させたいときは、『このテキストでは短縮URLを使用しない』にチェックを入れてください。

そうすれば張り付けたリンクが短縮されずに、そのまま送信されます。

友だち名

友だち名とは友だちの名前を自動入力する機能を指します。

例えば送信相手の名前が『田中』なのであれば、{name}の部分が自動で『田中』に変換されます。

ただ、そのままですと呼び捨てになってしまいますので、後ろに「さん」を記入するようにしましょう。

日数・日付

この機能では以下を設定できます。

  • 配信日から〇日までの日数
  • 配信日から〇日後の日付

この機能を使うことで、例えば「キャンペーン終了まであと●日です!」といったように、目標日までの日数を自動で入力する事が出来ます。

回答フォーム

回答フォームとは事前に作成しておいた回答フォームを自動添付する機能を指します。

友だちに質問やアンケートをしたいときはこの機能を使ってください。

回答フォームの詳しい使い方に関しては『L Message(エルメ)の回答フォーム機能』で解説していますので、チェックしてみてください。

友だち情報

こちらはメッセージを受け取ったユーザーの友だち情報を自動で記入できる機能です。

例えばお店の予約を受け付ける際に、友だちに記入してもらった情報を確認する際に役立ちます。

また、友だち情報の詳しい使い方に関しては『L Message(エルメ)の友だち情報管理とは?』で解説していますので、チェックしてみてください。

配信日

配信日とは、そのメッセージを送信した日付を記入する機能を指します。

例えば『2021年10月19日』に送信するメッセージにこの機能を使うと、『10月19日』と自動入力されるのです。

『このメッセージの配信日から数えて3日以内に変身した人には○○をプレゼント!』と送る場合にこの機能を使えば配信日が明確、つまり締め切り日がわかりやすくなります。

工夫して使ってみてください。

商品

商品とは、すでに作成済みの商品の配信用コードを挿入できる機能のこと。

エルメでは商品販売ページを作成する事ができます。

商品販売ページを友だちに送る場合、「配信用コード」というものを送信する必要があります。

そこでこの『商品』機能を使うことで、この配信用コードを自動挿入できるわけです。

自動挿入したいときは『商品→商品名→注文』の順にクリックすればOK。

これで商品ページのURLを友だちに手渡すことができます(『継続商品』の場合だと、注文以外に『注文キャンセル・クレジットカード変更』も選択できます)。

便利な機能ですので、ぜひ使ってみてください。

なお商品の登録・決済に関してはL Message(エルメ)の商品販売ページの作成、決済連携方法に記載しています。

参考にしてください。

絵文字

絵文字を挿入することもできます。

「テキストだけだとそっけない。しかしスタンプはさすがにラフすぎる……」というときは、この絵文字機能を使うとよいでしょう。

ちょうどいい塩梅でテキスト内容を華やかにできます。

PDF

作成済みのPDFをアップロードできます。

ただしアップロードできるのは10MBまでですので、ご注意ください。

URL設定

URL設定によりURLの表示期限などが設定可能です。

URL設定を行う事で、URLに表示期限を付けたり、URLをタップした友だちに対してタグ付けやテンプレート送信など、様々なアクションを行う事が可能になります。

URL設定については『L Message(エルメ)のURL設定とは?表示期限の活用方法を解説』をご参照ください。

質問・ボタン

質問・ボタンとはLINE公式アカウントでいう『カルーセル機能』のことを指します。

カルーセル機能とは複数の画像を添付し、それを横にスライドさせることで表示画像を切り替えられる機能のこと。

この機能を使うことで、複数の商品を1つのメッセージで紹介することができます。

ここでは以下のことを設定できます。

質問・ボタンで設定できること
  • タイトル
  • 本文
  • 画像
  • 最大4つまでのボタン
  • 各ボタンの表示名およびタップされたときのアクション設定
  • ボタンをタップできる回数
  • パソコン版LINEアプリ・通知欄の表示テキスト

LINE公式アカウント・エルメアカウント問わず、無料プランを使っている場合は月間配信数の上限が定まっています。

そのため、カルーセル機能を使って送信数を節約するとよいでしょう。

この時の注意点としては、アップロードする画像のサイズを横1024px縦678pxにしてください。

これ以上サイズが大きい場合は一部が見切れてしまうおそれがあるからです。

気を付けてくださいね。

メディア

メディアでは以下3つをアップロードできます。

  • 画像
  • 動画
  • 音声
画像

画像を送信することも可能です。

また、こちらの機能でリッチメッセージの登録も可能です。

リッチメッセージを使うことでよりお客さんの目を引くことが出来ます。

動画

動画は動画データを送信できる機能を指します。

テキストだと説明が難しい内容や音声だと味気ないと感じる場合は、この機能を使うとよいでしょう。

ただし、送付できるデータの最大容量は200MBまでです。

これは画質を720pに設定した時の4分前後のデータ容量となります(フルハイビジョンである『1080p』であれば大体2分半)。

撮影する機種にもよりますが画質・時間・容量の関係を以下にまとめましたので、動画を作成する際の参考にしてください。

時間720p1080p
1分45MB80MB
5分225MB400MB
10分450MB800MB
2021年11月23日時点
音声

音声とはそのままの意味で、音声データを添付および送信できる機能を指します。

音声ということでテキスト入力をする必要がなく、簡単に情報発信ができます。

それだけでなく、プレゼントとして音声セミナー等を送付することも可能。

使い方に幅がありますので、いろいろと試してみてください。

スタンプ

スタンプとは通常のLINEアプリでも使われているイラスト型メッセージのことです。

テキストのみを送信する場合に比べて、チャット画面が華やかになります。

運営方針にもよりますが、顧客との距離が近いやり取りをしたいのであればスタンプを積極的に使っていくとよいでしょう。

位置情報

位置情報とは検索欄に入力した住所をGoogle mapに表示させ、それを友だちにそのまま送信できる機能を指します。

この機能を使うことで、位置情報の伝達を視覚的に共有することができます。

文字だけで共有する場合に比べて、はるかに分かりやすくなります。

なお、使い方は以下の通り。

  1. 検索キーワード入力欄をクリック
  2. 住所を記入する
  3. マップ上に表示された該当場所をクリックする
  4. 『ピンの住所を検出』をクリック
  5. タイトルに『開催場所は○○。開始時刻は~』等のメッセージを記入
  6. 画面最下部『配信登録』をクリック

セミナーを開催する際にこの機能を使えば、当日になって『場所がわからない』という連絡も減ることでしょう。

かなり便利な機能ですので、ぜひ使ってみてくださいね。

紹介

紹介とは他のLINE公式アカウントを友だちに紹介する機能を指します。

この機能を使うことで友だちリストを刷新することが可能です。

例えば別のLINE公式アカウントIDを立ち上げ、「以後はコチラのアカウントで情報発信します。情報の受け取りを希望する方は、必ず登録し直してくださいね」とします。

すると基本的に、普段から反応率が高いアクティブなユーザーのみが登録し直してくれます。

その結果、新たなLINE公式アカウントの友だちリストにはアクティブユーザーのみが残り、行動的ではない顧客を除外できるのです。

「最近、メッセージに対する全体的な反応率が悪いな。これではメッセージ送信数がもったいないから顧客リストをブラッシュアップしたいな」と考えている人は、この機能を使うとよいでしょう。

テンプレートパックの作成方法

続いて、テンプレートパックの作成方法についてご紹介していきます。

テンプレートパックとは、複数のメッセージを一つにまとめたテンプレートの集合体です。

この機能を使うことで、例えば「テキスト」+「画像」+「スタンプ」のように、複数のメッセージ項目を一度に配信することができます。

新規パック作成

テンプレートパックを作成するにはまず、テンプレート登録一覧ページにある「新規パック作成」をクリックしてください。

名前とフォルダを指定

するとこのような画面になりますので、「テンプレートパック名」「フォルダ名」を設定します。

事前にテンプレートパック専用のフォルダを作成しておくのがおすすめです。

最後に「登録」をクリックしてください。

新規追加・テンプレート追加

パック内にメッセージを登録していきます。

新しくメッセージを作成する際は「新規追加」をクリックしてください。

また、既に作成しているテンプレートからメッセージを追加したい場合は「テンプレート追加」をクリックしてください。

登録したメッセージはこのように一覧で表示されます。

また「並び替え」をクリックする事で、メッセージの並び順を変更する事も可能です。

プレビューで確認

最後に「全体プレビュー」でメッセージに問題が無いか確認してみましょう。

問題なければページを閉じて終了です。

テンプレートの使い方

作成したテンプレートはエルメ上の様々な機能で使うことが出来ます。

具体例としては以下の通りです。

テンプレートが使える機能例
  1. 1:1チャット
  2. メッセージ配信(一斉配信)
  3. ステップ配信
  4. 自動返信
  5. 回答フォーム

1:1チャット

チャットでテンプレートを使う場合、以下の手順で操作すればOKです。

『1:1チャット』をクリック

エルメ管理画面TOP左に表示されている『1:1チャット』をクリックしましょう。

テキストマークをクリック

画面下部に表示されているテキストマークをクリックしてください。

テンプレートを選択

作成したテンプレートが表示されますので、任意のものをクリックしましょう。

最後に『送信する』をクリックしますと、テンプレートメッセージが送信されます。

なお、チャット操作に関する詳細は『L Message(エルメ)の1:1チャット(トーク)使い方、運用方法』で解説しています。

参考にしてください。

メッセージ配信(一斉配信)

メッセージ配信(一斉配信)でも以下の手順でテンプレートを利用できます

『メッセージ配信』をクリック

画面左『メッセージ配信』をクリックしてください。

『新規作成』をクリック

画面左上『新規作成』をクリックしてください。

希望するものを選択

配信タイミングを決められますので、ご希望の方をお選びください。

『テンプレートから追加』をクリック

画面中央『テンプレートから追加』をクリックしてください。

希望のテンプレートメッセージを選択

ご希望のテンプレートメッセージをお選びください。

『コピーして編集』をクリック

最後に『コピーして編集』をクリックしてください。

するとテキスト入力画面に自動で移行し、テンプレートメッセージが入力されている状態になります。

あとは配信内容に合わせてメッセージ内容を編集すればOKです。

なおメッセージ配信に関する詳しい情報は『L Message(エルメ)のメッセージ(一斉)配信機能』で解説しています。

設定の参考にしてください。

ステップ配信

ステップ配信でテンプレートを用いる手順は以下の通りです。

『ステップ配信』をクリック

画面左『ステップ配信』をクリックしてください。

『+新規登録』をクリック

『+新規登録』をクリックしてください。

各自を設定

それぞれを設定してください。

ステップ名をクリック

作成したステップ配信の名称をクリックしてください。

『テンプレートから追加』をクリック

画面右に表示されている『テンプレートから追加』をクリックしましょう。

これでご利用いただけます。

ちなみに、ステップ配信に関しては『L Message(エルメ)のシナリオ(ステップ)配信機能』で紹介していますので、チェックしてみてください。

自動返信

自動返信でも以下の手順でテンプレートを使うことができます。

『自動返信』をクリック

画面左『自動返信』をクリックしてください。

『新規作成』をクリック

画面上に表示された『新規作成』をクリックしてください。

『該当した時のアクション』で『テンプレートで返信する』をクリック

画面中央に表示された『該当した時のアクション』の内の1つである『テンプレートで返信する』にチェックを入れてください。

すると右側にテンプレートメッセージ一覧が表示されますので、ご希望のもの選択しましょう。

これで使用できます。

なお自動返信の詳細に関しましては『L Message(エルメ)の自動返信(自動応答)機能の設定、使い方』で解説していますので、参考にしてください。

回答フォーム

メッセージ系だけでなく、回答フォームにもテンプレートを利用できます。

『回答フォーム』をクリック

画面左『回答フォーム』をクリックしましょう。

『+新規作成』をクリック

『+新規作成』をクリックしてください。

『アクション設定』をクリック

黄色いボタン『アクション設定』が2つありますので、どちらかをクリックしてください。

『+テンプレート』をクリック

画面左『テンプレート』をクリックしましょう。

希望のものをクリック

使いたいテンプレートメッセージをクリックしてください。

これでご利用いただけます。

ちなみに、回答フォームの設定に関する解説は『L Message(エルメ)の回答フォーム機能』で紹介しています。

回答フォームを作成する際の参考にしてください。

作成するとよいテンプレート

テンプレート作成機能は便利な機能なのですが、最初のころは『どういったものを作ればいいのかな?』と困惑しがちです。

そこでここでは作成したほうが良いテンプレートをご紹介いたします。

テンプレートをどんどん作成し、業務を自動化もしくは効率化させていきましょう。

作成しておくと運営がラクになるテンプレート
  1. お礼に関するテンプレート
  2. キャンセルに対する返信テンプレート
  3. 現在応答不可の返信テンプレート
  4. 予約受付に関する質問の返信テンプレート
  5. 営業時間に関する質問の返信テンプレート
  6. 所在地・電話番号に関する質問の返信テンプレート
  7. 資料請求に関する質問の返信テンプレート

お礼に関するテンプレート

お礼に関するテンプレートを設定しておくと非常に楽になります。

商売が軌道に乗れば乗るほど予約や注文が殺到し、お礼のメッセージを送る回数が増えるからです。

しかしテンプレートを作成・設定することでそんな手間はなくなります。

まずはお礼のテンプレートメッセージだけでも作成するとよいでしょう。

具体的には以下のようなメッセージを作成すればOK。

この度はご購入いただき、誠にありがとうございました
もしも何かございましたら、LINE公式アカウントのチャットにてご質問ください。
専門スタッフが丁寧に対応させていただきます

今後とも○○を何卒宜しくお願い申し上げます

参考にしてください。

キャンセルに対する返信テンプレート

注文のキャンセルに対するテンプレートメッセージも作成しておきましょう。

注文の数が増えるほどキャンセルも増えるものだからです。

テンプレートメッセージでやり取りの時間を少しでも減らしましょう。

なお、キャンセルメッセージに対するテンプレートメッセージは以下のように作ればよいです。

【キャンセル受付完了のお知らせ】
この度はご連絡ありがとうございます
キャンセル受け付けが完了しましたことをご連絡いたします。
引き続き、○○を何卒宜しくお願い申し上げます。

作成する際の参考にしてください。

現在応答不可の返信テンプレート

客数が伸びるほど営業が忙しくなり、応答できないケースが増えます。

そういった事態を放置しますとクレームにつながるおそれがあります。

それではマズいですので、以下のような『現在応答不可です』といった旨のテンプレートメッセージも作成しておくとよいでしょう。

お問い合わせありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、現在お問い合わせが殺到しておりお問い合わせを受け付けることができません。
お手数をおかけいたしますが、時間をおいてから再度お問い合わせくださいませ。
何卒宜しくお願い申し上げます。

予約受付に関する質問の返信テンプレート

商売がうまくいくと予約の数が格段に増えます。

すべての予約に手動で返信するのは面倒ですので、以下のようにテンプレートメッセージを作るとよいでしょう。

【予約受付完了のご連絡】
この度のご予約、誠にありがとうございます。
予約受け付けが完了しましたことをご連絡致します。
当日はお気をつけてお越しくださいませ

営業時間に関する質問の返信テンプレート

営業時間に関する問い合わせも多いですので、以下のように作成することをおすすめ致します。

お問い合わせありがとうございます。
本日の営業時間は10:00~22:00でございます。
○○様のご来店、心よりお待ち申し上げます

所在地・電話番号に関する質問の返信テンプレート

セミナーを開催する際に多いのが、開催場所と電話番号に関するお問い合わせです。

全ての問い合わせに手動で返信するのは面倒ですので、以下のようにテンプレートメッセージを作るとよいでしょう。

お問い合わせありがとうございます
セミナーの開催場所と電話番号は以下の通りです。

【セミナー開催場所】
○○○○
【セミナー開催日時】
○○○○
【電話番号】
○○○-○○○○-○○○○

当日は気を付けてお越しくださいませ。
○○様にお会いできますこと、心より楽しみにしております

資料請求に関する質問の返信テンプレート

意外と多いのが資料請求。

エルメのテンプレートメッセージであればPDFを送付できますので、PDF化した資料を以下のようなメッセージに添えて送るとよいでしょう。

○○様
お世話になっております
○○担当の○○でございます

この度は資料請求のお問い合わせ、誠にありがとうございます。
該当する資料をPDFに変換し、LINEチャットにて直接お送りさせていただきました。
もしも当資料に何かご不明な点等ございましたら、お気兼ねなくLINEチャットにてお尋ねくださいませ。

今後とも何卒、○○を宜しくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました