【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message(エルメ)の回答フォーム機能

回答フォームとはアンケート機能のことです。

商品・セミナー・自社アカウントに対する顧客評価を知りたいときは、この機能を使うとよいでしょう。

そこでこのマニュアルでは回答フォームでできること・使い方・上手に活用する方法を解説します。

アンケート機能で顧客の本音を探ってくださいね。

初期設定

まず、回答フォームを利用するに当たり、LINE DevelopersよりLIFFの設定をお願いします。

LIFFの設定に関しては『LIFFの設定方法』で詳しく解説していますので、必ずチェックしておいてください。

回答フォームでできること

回答フォームでできることを大きく分けると3つあります。

回答フォームでできること
  1. 装飾パーツの設定
  2. 友だち情報の追加
  3. 回答リストの設定

装飾パーツの設定

装飾パーツとはアンケートのヘッダー部分を装飾する機能を指します。

ここでは以下3つを設定できます。

装飾パーツの設定項目
  • 見出しの設定
  • テキストの入力
  • 画像のアップロード

見出しの設定

ここでいう見出し名とは回答フォーム名を指します。

ココに入力したものが相手から見ると案件名に見えます。

したがってわかりやすいものを名付けるとよいでしょう。

例)
アンケートのお願い
セミナーに関するご意見のお願い

テキストの入力

見出し名の下に表示させるテキストを記入してください。

簡単に言いますと、このアンケートに関する詳細を記載すればOK。

例)
2021/10/1に開催したセミナーに関するご意見を募集中

画像のアップロード

「文字だけでは味気ない」という方は、画像をアップロードしましょう。

セミナー中の写真・集合写真・企業ロゴなどを載せるとよいでしょう。

『保存してプレビュー』をクリックすると、以下のようにアンケートが表示されます。

もしもイメージと違ったときは、その都度調整をしてくださいね。

友だち情報の追加

次にこのアンケートに回答した人たちの情報を得るために、設定を済ませましょう。

友だち情報の追加で設定できる項目
  • タグ(選択肢から選ぶ回答形式)
  • 個別メモ(文章による回答形式)
  • 友だち名
  • 電話番号

タグ(選択肢から選ぶ回答形式)

タグとは簡単に言うと属性のこと。

そのため、ここの回答内容がそのままその人の属性(特徴)ということになります。

例えば以下のような質問があったとします。

以下の中から自分が使っているスマホをお選びください。

A:android系
B:iPhone

この時XさんがAを選んだのであればその人には『android』という属性が、Bを答えたのであれば『iPhone』という属性が付きます。

そして回答者の多くがandroidに属しているのであれば、『androidを使っている人がアンケートに協力的だな』ということがわかりますよね。

それだけでなく、ここで記録された情報はそのまま友だち情報に関連付けられます。

つまり先ほどの例でいえば、Xさんに『android』もしくは『iPhone』という属性が自動的に付与されるわけです。

友だちに対するタグ付け機能は顧客管理をする上で重宝しますので、ぜひ活用してくださいね。

友だち名

友だち名とはそのままの意味で、回答者の名前を記入してもらう項目を指します。

「熱心な回答をしている人が誰なのか?」を把握することで、商品やセミナーの案内をだれにすべきなのかがわかりやすくなりますよ。

もちろん【匿名希望の場合は『匿名希望』とご記入ください】と記入するのもアリです。

運用しやすいようアレンジしてみてください。

電話番号

電話番号を記入してもらう項目です。

補足文のところに『ハイフンは無しでご記入ください』と記入しておくと、混乱を避けられるでしょう。

個別メモ(文章による回答形式)

顧客に対して何か付与させたい情報があるのであれば、ココで記入しておきましょう。

例えば「友だち情報に商品の購入履歴を追加させたい」という場合は『弊社から過去に購入した商品の名前と個数をお教えください』と入力するとよいでしょう。

これで商品の購入履歴情報を収集かつ記録付けできます。

ちなみに購入履歴がない人に対しては『購入経験がない場合は無記入でお願い致します』とフォローしておくことで、無駄な情報を付与せずに済みますよ。

このように様々な活用方法がありますので、いろいろと試してみてください。

回答リストの設定

次に回答フォームの質問内容を設定していきましょう。

回答リストで設定できる項目
  • テキスト回答
  • 選択肢
  • 日時

テキスト回答

テキスト回答とは文章による回答をお願いする形式です。

要するに記述式ということですね。

イエス・ノーでは答えにくい質問(もっとこうしてほしいことはありますか?など)には、この記述式で答えてもらうとよいでしょう。

選択肢

選択肢とはイエス・ノーなどといった、あらかじめ用意しておいた複数の答えの中から最も適する答えを1つ、もしくは複数選んでもらう回答形式のこと。

『以下の中から最も適するものをお選びください』のような質問をしたいときは、この形式を使ってください。

ちなみに作成できる選択肢の数は無限です(2021年10月25日時点)。

ただし数が多すぎるとめんどくさがられてしまうかもしれませんので、お気を付けください。

日時

その名の通り日時を記入してもらう項目です。

「参加したセミナーの日時をお教えください」と記入するとよいでしょう。

これで「いつに開催したセミナーに対するアンケート内容なのか?」がわかります。

年に複数回セミナーを行っている人は、この機能でアンケート内容を正確に管理してくださいね。

回答フォーム作成方法(動画版)

回答フォームの作成方法を動画で簡単にまとめました。

もしもこの動画でわかりずらかった場合は、以降の解説文をチェックしてみてくださいね。

回答フォーム作成方法

回答フォームの作成方法はいたってシンプルです。

慣れれば数分で作成できますので、トライしてみてくださいね。

回答フォームの作成方法
  1. エルメアカウントにログイン
  2. アカウントを選択
  3. 『回答フォーム』を選択
  4. 『新規作成』を選択
  5. フォーム名を入力
  6. フォルダを選択
  7. タイトルを入力
  8. 回答フォームの説明を入力
  9. ヘッダー画像をアップロード
  10. テーマカラーを選択
  11. フォームを作成
  12. 詳細を設定
  13. 回答後に表示させるページを設定
  14. 回答後のアクションを設定

1.エルメ管理画面にログイン

まずはエルメアカウントログインページにアクセスをしましょう。

そして管理画面にログインしてください。

2.アカウントを選択

メッセージを作成したいアカウントを選択してください。

3.『回答フォーム』を選択

画面左に表示されている『回答フォーム』をクリックしましょう。

4.『新規作成』を選択

画面上部に表示されている『+新規作成』をクリックしましょう。

5.フォーム名を入力

フォーム名を入力しましょう。

ココで入力したものは友だちに表示されませんので、管理しやすい名前を付けてくださいね。

6.フォルダを選択

フォルダを選択しましょう。

特に作成していないのであれば『未分類』でもOKです。

7.タイトルを入力

タイトルを入力しましょう。

ここで入力したものがLINEトーク画面にて表示されます。

「これは何のアンケートなのか?」がハッキリとわかるように、案件名などを入力すると良いでしょう。

8.回答フォームの説明を入力

このアンケートに関する説明を簡単にしましょう。

『以前に開催したセミナーに関するアンケートのお願い』などと入力すればOKです。

9.ヘッダー画像をアップロード

企業ロゴなどがあるのであれば、ココでアップロードさせるとよいでしょう。

10.テーマカラーを選択

テーマカラーを選択してください。

Webサイトで選んでいる色と同じものを選択するとよいでしょう。

11.フォームを作成

フォームつまりはアンケート内容を作成しましょう。

先ほどご紹介した装飾パーツの設定・友だち情報の追加・回答リストの設定の3つを設定すればOKです。

12.詳細を設定

回答可能回数と送信ボタンの設定を行いましょう。

回答回数に関しては統計内容がおかしくならないよう、基本的には1回にするとよいです。

送信ボタンはデフォルト設定だと『送信』になっていますので、『回答する』などに変更するのもアリです。

お好みで設定してくださいね。

13.回答後に表示させるページを設定

回答後に表示させる設定を済ませましょう。

具体的に言いますと『アンケートのご協力ありがとうございました』等を入力するとよいです。

もしもアンケート回答の後に表示させるページ(サンクスページアンケート回答者限定の販売ページなど)を用意しているのであれば、鎖のような形をした『リンクボタン』をクリックしてください。

そして、そこにリンク先URLを張り付けましょう。

14.回答後のアクションを設定

回答後にタグ付けをするか、テンプレートメッセージの送信をするかを選べます。

基本的には選択しなくてもOKです。

なおタグおよびテンプレートメッセージの作成は画面左『タグ管理』『テンプレート』からできます。

時間があるときに作成してみてくださいね。

回答フォームの上手な使い方

作り方がわかったところで、上手な運用方法をご紹介しますね。

回答フォームを上手に使うコツ
  • 定期的に悩みに関するアンケートを取る
  • プレゼントを渡す

定期的に悩みに関するアンケートを取る

回答フォーム機能は定期的に使うとよいでしょう。

そうすることで商品・セミナー・LINE公式アカウントに対する満足度を調査できます。

この時に満足・不満のどちらが出たとしても、「なぜそのように思うのか?」を深堀するのが大事です。

そうすることで改善策が見えてきます。

アンケート結果が判明した後はZoomで1対1形式の質問会などを開催して、アンケート内容をもっと深堀するとよいでしょう。

これを機に顧客との距離をどんどん縮めてみてくださいね。

プレゼントを渡す

プレゼントを渡すようにしましょう。

そうすればアンケートに協力してくれる人が増加します。

もしも「アンケートの集まりが悪いな」というのであれば以下のようなプレゼントを用意してくださいね。

プレゼントの例
  • 無料モニター賢
  • クーポン券
  • 30分無料コンサル
  • 商品引換券
  • 成功事例集

このようなものであれば低コストで準備できますので、試してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました