LINEツールelink(イーリンク)とは?特徴やメリット、料金プラン

システム

elink(イーリンク)とは、LINE公式アカウントと連携させることで、LINE登録経路計測といった複数の機能を追加できるツールです。

「elinkの月額費用は?」「具体的にはどんなメリットが?」など、疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、LINEツールelinkについて徹底解説。

この記事でわかること
  • elink(イーリンク)とは?
  • elink(イーリンク)のメリット・デメリット
  • elink(イーリンク)の料金プラン

他のツールとどのような点が異なるのか、詳しくみていきましょう。

阿部悠人

【この記事を監修した人】

LINE集客の専門家

広告費を一切使わない無料集客で1万人以上の公式LINEの友だちを集め、プロモーションでは1カ月で3億円以上の売上を叩き出す。100社以上の中小企業へLINEの導入支援を行い、業務効率化や収益改善の実績を持つ。

LINE登録で特典プレゼント中!
    • 運用の参考になる【優良アカウント100選】
    • 自動的に集まる【 “ズルい”集客法 】
    • 診断結果にあわせた【㊙︎シークレット特典】

出典:elink

elink(イーリンク)とは、LINE公式アカウントと連携し、公式にはない多くの機能を追加することができるツール。

株式会社バイモソフト(東京都渋谷区宇田川町36‐2 ノア渋谷801)が提供しています。

elinkでは、事業者が望む「こんな機能があったら」を50機能以上詰め込んでおり、今もその機能の追加とバージョンアップがされています。

以下、elink利用者にもっとも多用されている機能5つを紹介します。

LINE登録経路計測 (広告コード発行)

LINE登録経路計測 (広告コード発行)とは、「どの経路からLINEの友だち追加がおこなわれたか」を計測する機能です。

elinkでは友だち登録用のURLを発行できます。

このURLを複数発行し、Yahoo広告、Google広告、店頭イベント、雑誌、スタッフ別、営業マン別などそれぞれに割り当てます。

そうすることで各登録数が明確になり、より効果的な広告に注力するなどマーケティングを改善できます。

ステップメッセージ配信

elinkを使うと、柔軟なステップ配信を組めます。

LINE登録時はもちろん、「商品購入後にはこのシナリオ」「アンケート回答後にはこのシナリオ」など、顧客ごとに配信するメッセージを変えられます。

会員グルーピング機能&作成グループへのセグメント配信

elinkの会員グルーピング機能を使うと、より細かなセグメントに分けてメッセージを配信できます。

たとえば、

  • 1回目来店者
  • 3回目来店者
  • リピート顧客
  • セミナー来場者
  • 性別
  • 年齢

などによってメッセージを分けることで、ブロック率を下げたり、CVRをアップしたり、無駄な配信を避けLINE公式アカウントの配信料金を節約したりできるでしょう。

自動応答機能

elinkの自動応答機能は、あなたやスタッフの代わりに自動応答ボットが顧客対応してくれる機能です。

カスタマイズ性が高く、設定を最適化していくことで、かなり正確な応答を24時間365日してくれます。

チームで運用可能な1:1チャット管理機能

1:1チャット管理機能は、チームで1つのLINE公式アカウントを運用している場合に最適です。

  • 質問の同時振り分け機能
  • MEMO機能

などの便利な機能が用意されています。

さらに、メンバーごとに権限を設定し情報へのアクセス権を変更できるので、様々な立場の人がelinkを運用できます。

elink(イーリンク)の料金は、「月額2万円(税抜)」の固定となっています。

初期費用は0円、縛り期間はありません。

ただしオプションで、

  • オペレーター4人目以上:1人追加ごとに月額2,000円(定額2万円プランはオペレーター3名まで無料)
  • LINE公式アカウント6アカウント以上:1アカウント追加ごとに月額3,000円(定額2万円プランはLINE公式アカウント5アカウントまで連携無料)

の追加料金があります。

elink(イーリンク)の最大のメリットは、「LINEの友だち登録の経路が計測ができる」「利用者500社突破の実績」の2点です。

それぞれ解説します。

LINEの友だち登録の「経路」が計測ができる

LINE登録経路計測 (広告コード発行)機能では、「どこからLINEの友だち追加がおこなわれたか」を計測できます。

集客のため広告を出稿している方も多いと思いますが、どの広告からLINE公式アカウントに登録されたか分からないと、広告の費用対効果も計測できません。

そこで、elink(イーリンク)LINE登録経路計測を使いましょう。

月額2万円の低価格で登録経路計測ができるのは、他のツールにはないメリットだといえるでしょう。

利用者500社突破の実績(継続率98.8%!)

elink(イーリンク)は、利用者500社を突破し、その継続率は98.8%と圧倒的です。

出典:elink

他社ツールと比較しても、連携アカウント数、使用期限制限、初期費用、月額などの各項目で高い競争力があり、顧客満足度の高さがうかがえます。

サポートが充実していることもelinkのメリットです。

elink(イーリンク)は、他社ツールよりも管理画面が「重い」ことがデメリットです。

これについては公式サイトでも解説されており、

2万円という定額で運用している関係で1つのサーバーにクライアント様を複数社様入れさせていただいております。その関係で同一サーバー内のご利用お客様の状況により管理画面が重くなることがあります。(配信の多いAM7:00前後、PM19:00前後)その点予めご了承いただけますと幸いです。

引用:elink

と記載されています。

管理画面の重さを解消するために、特別な占有サーバーへ移設することもできます(初期費用50万円、月額15万円のオプション)。

ただ、かなり費用がかかってしまうので、まずは月額2万円のプランで速度に不満を感じないか確認してみるといいでしょう。

elink(イーリンク)とは、LINE公式アカウントと連携させることで、複数の機能を追加できるツールです。

LINE登録経路計測 (広告コード発行)などを月額2万円の低価格で導入できるのが魅力。

この機会に、導入を検討してみてはいかがでしょうか。