【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message(エルメ)の友だちリストページの使い方、運用方法

こちらのページでは、エルメの友だちリストについて解説していきます。

友だちリストとは

友だちリストとは、エルメに登録されている友だちを一覧で表示できる機能です。

一覧で友だちを表示させることで、誰がエルメに登録しているのかを把握する事が出来ます。

ですが、ただ一覧で友だちを表示させるだけですと、数が膨大になり目当ての友だちを見つけるのが困難になってしまいます。

そこで、友だちリストには「絞り込み」の機能があり、特定の条件を持った友だちだけを抽出する事が可能です。

それだけでなく、抽出した友だちに対してステップ配信を開始したり、タグを付けたりと、様々なアクションも出来ます。

友だちリストの確認方法

友だちリストは以下の手順で簡単にご確認いただけます。

友だちリストの確認方法
  1. エルメ管理画面にログイン
  2. アカウントを選択
  3. 『友だちリスト』をクリック

エルメ管理画面にログイン

まずはエルメアカウントログインページにアクセスをしましょう。

そして管理画面にログインしてください。

アカウントを選択

友だちリストの確認をしたいアカウントをお選びください。

『友だちリスト』をクリック

画面左に表示されている「情報管理」にカーソルを合わせ、「友だちリスト」をクリックしましょう。

すると自分のLINE公式アカウントに友だち登録している人のリストが表示されます。

デフォルトの状態ですと、登録者全員の数が表示されます。

友だちリストでできること

ここでは友だちリストで確認できること・設定できることを解説いたします。

友だちリストでできること
  • 友だち名などでの指名検索
  • 友だちの絞込み
  • 友だち一括操作
  • ブロックされたユーザーの表示
  • ブロックしたユーザーの表示
  • CSVエクスポートによるデータ抽出
  • CSVインポートによるデータ読み込み

友だち名などでの指名検索

画面上部に表示されている入力欄に友だち名、もしくはメールアドレスを入力することで、特定の友だちのみ検索できます。

友だちの絞込み

友だちを特定の条件で絞込検索をすることもできます。

設定できる条件は以下の通りです。

設定可能な条件
  • タグ
  • 友だち名
  • 友だち登録日
  • テップ購読状況
  • 流入アクション
  • コンバージョン
  • メッセージ確認状況
  • 友だち情報
  • 「いずれか1つ以上を満たす」必要がある条件を追加

タグ

作成済みのタグで検索をかけることもできます。

例えば『商品購入者のみをリストアップさせたい!』というときに『購入者』というタグで検索をかければ、購入履歴がある人のみを絞り込めます。※

そして検索条件を指定することも可能です。

・「選択したタグのいずれか1つ以上を含む人」
・「選択したタグをすべて含む人」
・「選択したタグのいずれか1つ以上を含む人を除外」
・「選択したタグをすべて含む人を除外」

の4つから選択できます。

お好みに合わせて使い分けてください。

友だち名

指定条件に名前を選択できます。

例えば『山田』という名前の友だちを検索したいのであれば、入力欄に『山田』と記載すればOKです。

また、名前検索をする際は以下のいずれか、もしくはすべてにチェックを入れることもできます。

  • LINE登録名
  • システム表示名

どれかにチェックを入れて検索をかけたときに特定の人物が表示されなかったときは、複数にチェックを入れるとよいでしょう。

友だち追加日

友だち登録日もしくは期間で検索することもできます。

もしも「12月4日に友だち登録した人だけを検索したい!」ということであれば、両方の入力欄に『12月4日』を選択すればOKです。

その一方で「11月1日から11月30日の間に友だち登録をした人を検索したい」ということであれば、左の入力欄に『11月1日』、右の入力欄に『11月30日』を入力することで検索できます。

特定の期間、例えば「セール期間中に友だち登録した人を検索したい!」ときにこの機能を使うのがおすすめです。

ステップ購読状況

ステップ購読状況で検索することもできます。※

検索条件指定は、

・購読中
現在購読していない
〇通目まで送信済み
・読了
済み
・読了していない

の5種類からです。

状況に応じて使い分けましょう。

流入アクション

流入アクションでも絞り込みが可能です。

例えば「ブログから登録した人だけを絞り込みたい」というときに便利な機能です。

検索条件は、

・選択した流入経路を1つ以上含む友だち
・選択した流入経路を全て含む友だち
・選択した流入経路を1つ以上含む人を除く友だち
・選択した流入経路を全て含む人を除く友だち

の4つです。

コンバージョン名

コンバージョン名で検索をかけることもできます。※

検索条件指定は、

選択したコンバージョンをすべて含む友だち
選択したコンバージョンを1つ以上を含む人を除く友だち

の2つからです。

こちらもうまく使い分けていきましょう。

メッセージ確認状況

メッセージの確認状況で検索をかけることもできます。

こちらは「未確認」「確認済み」の2つから選択してください。

友だち情報

友だち情報でも絞り込みが可能です。

絞り込み方法が情報タイプごとに最適化されているので、よりピンポイントに絞り込みが可能です。

「いずれか1つ以上を満たす」必要がある条件を追加

最初に選択する条件は「設定した条件を全て満たす友だち」がピックアップされますが、 この絞り込み条件に更に「いずれか1つ以上を満たす」という条件を追加できます。

「いずれか1つ以上を満たす」 という事はつまり、追加した条件のどれか1つでも当てはまれば、検索対象になるという事です。

「条件を全て満たす」というのは、友だちを”狭く深く”絞り込むときに向いていますが、

「いずれか1つ以上を満たす」は、友だちを”広く浅く”絞り込むのに向いています。

・条件を全て満たす
・いずれか1つ以上を満たす

これらをうまく組み合わせる事によって、よりピンポイントに友だちを絞り込むことが出来ます。

ぜひ使いこなしてくださいね。

友だち一括操作

友だち一括操作とは、友だちに対して一括で指定したアクションを行う機能です。

友だち一括操作を行いたい場合は、予め対象の友だちの絞り込みを行い、左側にあるチェックボックスにチェックを入れた状態で行ってください。

チェックが入っている友だちに対して、指定したアクションが行われます。

一括操作できること
  • ステップ
  • テンプレート
  • テキスト
  • リマインド
  • タグ
  • リッチメニュー
  • 友だち情報

ステップ

ステップ配信が可能です。

ステップ配信の「停止」「開始」「途中から再開」を選び、操作を行いたいステップ配信を指定してください。

テンプレート送信

選択した友だちに対してテンプレートメッセージを一括送信することができます。

セミナー参加者に対するお礼メッセージなどを配信するときに、この機能を使うのがおすすめです。

テキスト

テキストの送信が可能です。

友だちに対して一括でメッセージを送信したい場合は、こちらからも可能となっております。

リマインド

リマインドの送信が可能です。

セミナー参加者など、リマインド配信を行いたい友だちを絞り込んだ上で配信を行ってください。

タグ

選択した友だちに対してタグ付けを一括操作で行うこともできます。

一人一人タグ付けするのがめんどくさい場合は、友だちリストから一括で付与しちゃいましょう。

リッチメニュー

選択した友だちに対して、一括でリッチメニューを設定することもできます。

友だち毎に表示させるリッチメニューを分けたい場合に有効です。

友だち情報

友だち情報の付与が可能です。

新しく友だち情報を作成した場合などに、友だちリストから一括で友だち情報を付与しましょう。

CSVエクスポートによるデータ抽出

CSVエクスポート※でデータ抽出することもできます。

※CSVエクスポートとは簡単に言いますと、Excelなどといったファイル形式でデータを抽出する機能を指します。

抽出できるデータは以下のものがあります。

抽出できるデータ

ユーザーID
・友だち追加日時
・最新メッセージ送受信日次
・LINE表示名
・電話番号
・メールアドレス
・ステップ配信状況
・タグ情報

顧客データをGoogleスプレッドシートなどで一括管理している場合は、この機能でデータを抽出およびコピーし、管理シートに張り付けるとよいでしょう。

また、上記以外の情報もCSVでエクスポートしたいという場合は、CSV管理機能をご利用ください。

こちらはCSVのエクスポート、インポートに特化した機能ですので、友だちリストのCSV機能よりも多くの事が可能です。

詳しい解説は下記のページで行っておりますので、こちらもご確認ください。

CSVインポートによるデータ読み込み

CSVインポートとはExcelなどといった形式のファイルを読み込む機能を指します。

エルメアカウントにデータを共有したいときは、この機能を使うのがおすすめです。

ただ、友だちリストのCSVインポートではタグなどの情報は入力できません。

タグ情報などをCSVでインポートしたい場合には、下記のCSV管理機能をご利用ください。

ブロックされたユーザーの表示

自LINE公式アカウントをブロックしたユーザーを確認できます。

それだけでなく、そのユーザーを削除することも可能です。

ブロックしたユーザーの表示

コチラからブロックしたユーザーを表示させることもできます。

この機能ではブロックの解除が可能です。

一度ブロックしたユーザーに対して再びメッセージを送信したい場合は、この機能でブロックを解除するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました