【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message(エルメ)のメールアドレス自動取得機能とは?

ここではエルメアカウントにて、友だちのメールアドレスを自動取得する方法を解説いたします。

  1. メールアドレスの自動取得機能とは?
  2. 注意点
    1. メールアドレス取得機能は「LINEログイン」のチャネルでしか使えない
    2. 流入経路分析や回答フォームを使用している場合URLを置き換える必要がある
    3. メールアドレスを取得する方法は流入経路分析のみ
  3. LINEログインチャネルの作成方法
    1. LINE Developersにアクセスする
    2. 『ログイン』をクリック
    3. ログイン方法を選択
    4. 言語設定を日本語にする
    5. アカウント名をクリック
    6. 『新規チャネル作成』をクリック
    7. 『LINEログイン』をクリック
    8. チャネルアイコンを登録
    9. チャネル名を入力
    10. チャネル説明を入力
    11. アプリタイプにチェック
    12. メールアドレスを入力
    13. プライバシーポリシーを記載しているページのURLを入力
    14. サービス利用規約を記載しているページのURLを入力
    15. 『LINE開発者契約』にチェックを記入
    16. 『作成』をクリック
    17. アカウント名をクリック
    18. 『LINEログイン』をクリック
    19. メールアドレス取得権限の『申請』をクリック
    20. チェックを2つ入れる
    21. スクリーンショットをアップロード
  4. LIFFの設定方法
    1. アカウント名をクリック
    2. 『LINEログイン』をクリック
    3. チャネルの公開
    4. 『公開する』をクリック
    5. 『LIFF』をクリック
    6. 『追加』をクリック
    7. LINEアプリ名を入力
    8. サイズFULLを選択
    9. エンドポイントURLを張り付ける
      1. エンドポイントURLはどこで取得するのか?
        1. 1.エルメアカウントログイン画面にアクセス
        2. 2.対象アカウントの『編集』をクリック
        3. 3.エンドポイントURLをコピーする
    10. 『profile』『email』『openid』にチェックを入れる
    11. 『ボットリンク機能』『Scan QR』『モジュールモード』をオフにする
    12. 『追加』をクリック
    13. 『LIFF』を再度クリック
    14. 『LIFF ID』をクリック
    15. LINE IDをコピーする
      1. エルメアカウント管理ページのどこに張り付けるのか?
  5. 友だち登録リンクの発行方法
  6. 友だちのメールアドレスの確認方法
    1. 友だちリスト
    2. 友だち詳細ページ

メールアドレスの自動取得機能とは?

メールアドレス自動取得機能とは友だちリストおよび友だち詳細ページに、各友達のメールアドレスを自動取得する機能を指します。

友だちのメールアドレス、つまりはLINE公式アカウント以外でのつながりを持つことで、何かしらの理由でLINE公式アカウントが削除および凍結されたとしても、友だちとのつながりを保てます。

なぜこのような機能があるのかと言いますと、LINE公式アカウントはアカウント所有者の利用ジャンル・利用方法・状況(通報された回数など)によっては、問答無用でアカウントを削除・凍結されることがあるからです。※

※アカウントが削除・凍結されたときは『LINE公式アカウント|利用規約』の第18条(禁止行為)および第19条(利用停止・解除)のいずれかに抵触したのかもしれません。
一度削除されたアカウントは復活させることができませんので、事前に目を通しておくことを強くおすすめ致します。

この時にLINE公式アカウント以外の連絡先を取得していなければ友だちの連絡先、つまりは顧客帳簿を本当にすべて失うことになります。

売り上げや利益に大きく貢献してくれる上客を一瞬で失うわけですから、コレは本当におそろしいことです。

登録されている友だちの数にもよりますがLINE公式アカウントが削除される前の状態にまで戻すのに、おそらく数年単位で時間がかかるでしょう。

そうなりますと、もはや機会損失レベルの話ではなくなります。

こういった事態を回避するためにも、エルメの管理画面にて各友達のメールアドレスを取得し、Googleスプレッドシート等に保存しておくことをおすすめ致します。

そうすれば仮にアカウントを削除されたとしても、各メールアドレスにて「新規アカウントを立ち上げました! 以降はコチラのアカウントにて最新情報を配信していきますので、コチラへの新規登録をお願い致します」とコンタクトをとることが可能です。

その結果ビジネスの立て直しスピードが、連絡先を取得していない場合に比べて段違いで早くなるでしょう。

ぜひお試しください。

注意点

メールアドレスの自動取得機能を利用する上で注意点が3つあります。

注意点
  • メールアドレス取得機能は「LINEログイン」のチャネルでしか使えない
  • 流入経路分析や回答フォームを活用している場合URLを置き換える必要がある
  • メールアドレスを取得する方法は流入経路分析のみ

メールアドレス取得機能は「LINEログイン」のチャネルでしか使えない

チャネルとはエルメとLINE公式アカウントを接続するための経路の事です。

エルメとLINE公式アカウントを接続する場合、

・LINEログイン
・Messaging API

という2種類のチャネルがあり、エルメとLINE公式アカウントを初めて接続した時には「Messaging API」のチャネルが自動で作成されます。

ですがメールアドレス取得機能は「LINEログイン」のチャネルでしか使用する事ができません。

つまりメールアドレス取得機能を使うには、「Messaging API」から「LINEログイン」チャネルに切り替える必要があります。

流入経路分析や回答フォームを使用している場合URLを置き換える必要がある

チャネルの切り替えを行うと、今まで使っていた流入経路分析や回答フォームのURLが使えなくなります。

つまり、現状Messaging APIでエルメを接続していて、LINEログインチャネルに切り替えたい場合は、新たに流入経路分析と回答フォームのURLを置き換える必要があります。

まだ流入経路分析や回答フォームを活用していない場合は特に問題ありませんが、既にある程度エルメの構築が進んでおり、流入経路分析や回答フォーム機能を活用されている方は、リンクの置き換え作業が負担になる場合がありますので注意してください。

メールアドレスを取得する方法は流入経路分析のみ

メールアドレスを取得できるのは、流入経路分析で発行したURLから友だち登録をしたユーザーのものだけです。

それ以外のURL以外から友だち登録をしたユーザーのメールアドレスは取得できませんので、ご注意ください。

LINEログインチャネルの作成方法

メールアドレスの自動取得機能を利用したい場合は、以下の手順を実行してください。

実行手順
  1. LINE Developersにアクセスする
  2. 『ログイン』をクリック
  3. ログイン方法を選択
  4. 言語設定を日本語にする
  5. アカウント名をクリック
  6. 『新規チャネル作成』をクリック
  7. 『LINEログイン』をクリック
  8. チャネルアイコンを登録
  9. チャネル名を入力
  10. チャネルの説明を入力
  11. アプリタイプにチェック
  12. メールアドレスを入力
  13. プライバシーポリシーを記載しているページのURLを入力
  14. サービス利用規約を記載しているページのURLを入力
  15. 『LINE開発者契約』にチェックを記入
  16. 『作成』をクリック
  17. アカウント名をクリック
  18. 『LINEログイン』をクリック
  19. メールアドレス取得権限の『申請』をクリック
  20. チェックを2つ入れる
  21. スクリーンショットをアップロード

LINE Developersにアクセスする

まずはLINE Developers※にアクセスをしましょう。

※LINE DevelopersとはAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略。簡単に言うと、アプリと各種サービスおよびデバイスをつなぐ仕組みのようなモノ)の仕様設定や開発を行うサイトのこと。
LINE Developersの詳細に関しましては『LINE Developersとは?APIやLINEログインを解説』をご確認ください。

『ログイン』をクリック

アクセス後、画面右上『ログイン』をクリックしてください。

ログイン方法を選択

LINE Developersにログインする方法を選択してください。

具体的に言いますと、LINE公式アカウント管理画面にログインしている方法を選択すればOKです。

言語設定を日本語にする

LINE developersはデフォルトでは英語表記になっていますので、画面右下にある言語設定から「日本語」を選択し、ページを日本語表記に切り替えましょう。

アカウント名をクリック

管理画面左に表示されているアカウント名をクリックしてください。

『新規チャネル作成』をクリック

一番左に表示されている『新規チャネル作成』をクリックしましょう。

『LINEログイン』をクリック

表示されたウィンドウ内の一番左『LINEログイン』をクリックしてください。

チャネルアイコンを登録

チャネルの種類・プロパイダー・地域はデフォルトで既に入力されていますので、チャネルアイコンを登録しましょう。

企業ロゴやLINE公式アカウントで利用しているアイコン等をアップロードするのがおすすめです。

チャネル名を入力

チャネル名を入力しましょう。

こちらは入力必須項目です。

なお、入力できる文字数は30文字までですのでご注意ください。

チャネル説明を入力

このチャネルに関する説明を入力してください。

こちらも入力必須項目です。

なお、説明文章は500文字までしか入力できません。

お気を付けください。

アプリタイプにチェック

ウェブアプリおよびネイティブアプリ両方にチェックを入れましょう。

メールアドレスを入力

自分のメールアドレスをご記入ください。

GmailなどのフリーメールアドレスでOKです。

プライバシーポリシーを記載しているページのURLを入力

もしもプライバシーポリシーを記載しているページを用意しているのであれば、そのページのURLを入力しましょう。

ない場合は未入力でも構いません。

サービス利用規約を記載しているページのURLを入力

利用規約に関して言及しているページがあるのであれば、そのURLを先ほど同様にご記入ください。

ただ、ここも記入なしで問題ありません。

『LINE開発者契約』にチェックを記入

『LINE開発者契約』にチェックをご記入ください。

『作成』をクリック

画面最下部に表示されている『作成』ボタンをクリックしましょう。

これでLINEログインチャネルの作成は完了です。

次にメールアドレスの自動取得ができるようになるため、LINEに対してその旨を申請します。

アカウント名をクリック

画面左に表示されているアカウント名を再度クリックしましょう。

『LINEログイン』をクリック

すると『LINEログイン』と表示されているチャンネルがあります。

それをクリックしてください。

メールアドレス取得権限の『申請』をクリック

画面を一番下までスクロールさせますと、濃い灰色のボタンで『申請』というモノが表示されます。

それをクリックしましょう。

チェックを2つ入れる

上部チェック欄の内容を確認したのちに、両方にチェックを入れてください。

スクリーンショットをアップロード

スクリーンショットをアップロードしましょう。

ここでのスクリーンショットとは、ユーザーにメールアドレスの利用目的、および同意の取得を明記したものです。

上記を撮影する際は、文章がハッキリ読めるように撮影をしましょう。

その後、「保存」ボタンをクリックすると、ステータスが「申請済み」に変化します。

これにて申請作業は完了です。

LIFFの設定方法

LINEログインチャネルを作成しただけでは、まだメールアドレスの所得機能は使えません。

次にLIFFの設定を行う必要があります。

アカウント名をクリック

画面左に表示されているアカウント名を再度クリックしましょう。

『LINEログイン』をクリック

先ほどと同じように『LINEログイン』をクリックしてください。

チャネルの公開

作成したチャネルを公開していきましょう。

画面上に表示されている自アカウントの『非公開』をクリック。

『公開する』をクリック

ウィンドウ内で表示されている『公開』をクリックしましょう。

『LIFF』をクリック

画面中央で表示されている『LIFF』をクリックしてください。

『追加』をクリック

『追加』をクリックしましょう。

LINEアプリ名を入力

ここからはチャネルの基本情報を入力していきます。

まずはLIFFアプリ名を入力しましょう。

サイズFULLを選択

サイズ『FULL』にチェックを入れましょう。

チェックが緑色になればOKです

エンドポイントURLを張り付ける

エンドポイントURL(Endpoint URL)を張り付けましょう。

エンドポイントURLはどこで取得するのか?

エンドポイントURLはエルメアカウント管理画面にて取得できます。

具体的には以下の手順ですぐにGetできます。

1.エルメアカウントログイン画面にアクセス

エルメアカウントログイン画面にアクセスをしましょう。

メールアドレスとパスワードを入力し、エルメアカウント管理画面にログインしてください。

するとエルメアカウントが表示されます。

2.対象アカウントの『編集』をクリック

LIFFを設定したいアカウントの『編集』をクリックしましょう。

3.エンドポイントURLをコピーする

画面中央に表示されている『エンドポイントURL』のURLをコピーしましょう。

コピーする際には、半角スペースが混ざってしまわないように、右側のコピーアイコンをクリックしてコピーするようにしましょう。

ここでコピーしたURLを先ほどのLIFF設定画面のエンドポイントURLに張り付ければOKです。

次に進みましょう。

『profile』『email』『openid』にチェックを入れる

Scopesの『profile』『email』『openid』にチェックを入れましょう。

こうすることでLINEアプリケーションが機能します。

『ボットリンク機能』『Scan QR』『モジュールモード』をオフにする

『ボットリンク機能』『Scan QR』『モジュールモード』をオフにしましょう。

『追加』をクリック

『追加』をクリックしてください。

『LIFF』を再度クリック

切り替わった画面先で、『LIFF』をクリックしましょう。

『LIFF ID』をクリック

画面中央に表示されている『LIFF ID』のナンバーをクリックしてください。

すると画面が切り替わります。

LINE IDをコピーする

LIFF IDをコピーしましょう。

そして、このLIFF IDをエルメアカウント管理ページに張り付ければOKです。

エルメアカウント管理ページのどこに張り付けるのか?

LIFF IDを張り付ける場所は、先ほどエンドポイントURLを取得したページと同じところです。

エンドポイントURLのすぐ下にLIFFアプリIDの入力欄がありますので、そこに張り付けましょう。

既に別のIDが入力されているかと思いますが、そちらはMessaging APIチャネルのLIFF IDになります。

こちらは上書きして問題ありません。

これでLIFF設定は完了です。

友だち登録リンクの発行方法

LIFFの設定が完了したら後は友だち登録リンクを発行するだけです。

先ほどお伝えした通り、メールアドレスの取得機能を使うには流入経路分析リンクから友だち登録してもらう必要があります。

流入経路分析リンクの発行方法については下記のページで詳しく解説していますので是非ご確認ください。

友だちのメールアドレスの確認方法

友だちのメールアドレスは「友だちリスト」「友だち詳細ページ」の2つで確認できます。

友だちリスト

左メニューにある「友だちリスト」からメールアドレスの確認ができます。

友だちがLINEにメールアドレスを登録していない場合は表示されません。

また、友だちリストのCSVを書き出すことで、メールアドレスをExcelなどで管理することができます。

友だち詳細ページ

友だち詳細ページからもメールアドレスの確認ができます。

友だち詳細ページから上部にある「情報設定」をクリックすることで確認可能です。

タイトルとURLをコピーしました