【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message(エルメ)の初期導入設定サポート

エルメをご利用頂くにあたり、以下のお声をいただくようになりました。

いただくご意見
  • 設定がうまくいかない
  • やり方がわからない
  • 全て代わりにやって欲しい

そこで、弊社が代わりに全て代行して設定を行うサポートを始めました。

ここではそのサポートの内容・ご準備いただくもの・お申し込み方法を解説いたします。

注意!

ややこしいと思われるかもしれませんが、LINE公式アカウントとエルメアカウントは別物です。

それぞれを簡単に例えますと、『LINE公式アカウントが本体』『エルメアカウントがパワーアップユニット』みたいなものです。

LINE公式アカウントを持っていてもエルメアカウントがなければ、弊社からのサポートは受けられません。

その逆もまたしかりで、エルメアカウントがあってもLINE公式アカウントがなければエルメの機能が作動しません。

両方のアカウントを開設して初めて、『初期導入サポートを利用できる・エルメの機能を使える』ようになります。

どちらか片方の開設だけでは利用不可ですので、必ず両方のアカウントの作成をお願い致します(両方とも無料で開設できますのでご安心ください)。

もしもLINE公式アカウントをまだ持っていないのであれば『LINE公式サイト|LINE公式アカウント開設ページ』から開設してください。

LINE公式アカウントの開設方法に関しましては『エルメ公式サイト|LINE公式アカウントを個人や法人で開設!その方法とメリットは?』で解説していますので、参考にしてください。

  1. 【完全無料】エルメ初期導入設定サポートとは?
  2. 初期導入設定サポート(動画版)
  3. 【3ステップ!】エルメのサポートを申し込む手順
    1. エルメアカウントを作成する
      1. 1.ログインページにアクセスをする
      2. 2.ユーザー名(お名前)を入力
      3. 3.メールアドレスを入力する
      4. 4.パスワードを入力する
      5. 5.利用規約にチェックを入れる
      6. 6.『登録』ボタンを押す
      7. 7.仮登録の確認をする
      8. 8.メールに記載されているURLを24時間以内にクリックする
      9. 9.アカウントの有効化を確認する
      10. ログインできないときはどうすればいい?
    2. LINE Developersから管理者権限付与メールを送信する
      1. 1.LINE公式アカウント管理画面にログイン
      2. 2.画面右上『設定』をクリック
      3. 3.画面左『Messaging API』をクリック
      4. 4.画面中央『Messaging APIを利用する』をクリック
      5. 5.プロパイダーを作成する
      6. 6.『プライバシーポリシー』と『利用規約』を入力する
      7. 7.『アカウント名』と『プロパイダー名』を確認
      8. 8.LINE Developersログインページにアクセスする
      9. 9.LINE Developersにログインをする
      10. 10.画面左『管理者(英語表記だとAdmin)』に表示されているアカウント名をクリック
      11. 11.画面中央に表示されたアカウント名をクリック
      12. 12.画面中央『役割(英語表記だとRoles)』をクリック
      13. 13.『メールで招待』をクリック
      14. 14.info@lme.jpを入力する
      15. 15.『管理者(英語表記だとAdmin)』を選択
      16. 16.『招待状を送信する』をクリック
    3. エルメのLINE公式アカウントからメールアドレスを送信する

【完全無料】エルメ初期導入設定サポートとは?

エルメの初期導入サポートでは、以下2つのことをやらせていただきます。

初期導入サポートの具体的な内容
  1. LINE公式アカウントとエルメアカウントの接続
  2. 初期設定

こちらを利用していただくことで、24時間以内にエルメがご利用可能となります。

完全無料でご利用いただけるサービスとなっていますので、是非ご活用ください。

初期導入設定サポート(動画版)

初期導入設定サポートの基本的流れを動画で簡単にまとめました。

一度確認してみてください。

ひょっとしますと、動画だけでは理解できない点が多々あるかもしれません。

しかしご安心ください。

以下より詳しい手順を記載致しましたので、参考にしてください。

【3ステップ!】エルメのサポートを申し込む手順

お申し込みいただくためには以下の3ステップを踏んでください。

初期導入サポートの申し込み手順
  1. エルメアカウントを作成する
  2. LINE Developersから『管理者権限付与メール』の送信する
  3. エルメのLINE公式アカウントからメールアドレスを送信する

それぞれの手順を丁寧に解説していきます。

エルメアカウントを作成する

まずはエルメアカウントを作成しましょう。

アカウントがなければ操作ができないからです。

エルメアカウントの作成手順に関しては以下の通りです。

エルメアカウントの作成手順
  1. ログインページにアクセスをする
  2. ユーザー名を入力
  3. メールアドレスを入力する
  4. パスワードを入力する
  5. 利用規約にチェックを入れる
  6. 『登録』ボタンを押す
  7. 仮登録の確認をする
  8. メールに記載されているURLを24時間以内にクリックする
  9. アカウントの有効化を確認する

1.ログインページにアクセスをする

まずはエルメアカウントの新規登録ページにアクセスをしましょう。

以下のボタンからアクセスができます。

2.ユーザー名(お名前)を入力

表示された入力欄に必要事項を入力していきましょう。

まずはユーザー名を入力してください。

3.メールアドレスを入力する

次にメールアドレスを入力しましょう。

ココで入力したものが申し込み時に必要になります。

メモを取っておくと便利です。

4.パスワードを入力する

パスワードを入力してください。

5.利用規約にチェックを入れる

最後に利用規約にチェックを入れましょう。

内容を読んでからチェックしてくださいね。

6.『登録』ボタンを押す

全ての事項を入力し終えたら、『登録』と書かれているボタンをクリックしてください。

7.仮登録の確認をする

すると画面に上記画像のように仮登録完了のメッセージが表示されます。

次に本登録を進めていきましょう。

8.メールに記載されているURLを24時間以内にクリックする

仮登録完了画面が表示されてすぐに、弊社(株式会社ミショナ)からメールがあなたのもとに届きます。

本登録を済ませるために、そのメールに記載されているURL(リンク)を24時間以内にクリックしてください。

24時間を過ぎますとURLは無効となりますのでご注意ください。

9.アカウントの有効化を確認する

リンクをクリックしますと、上記の画像のように表示されます。

これでアカウントは有効化されました。

ログインできるかを念のために確認しましょう。

まずは画面中央に表示されている『ログイン』をクリックしてください。

するとログインページにアクセスできます。

入力欄にメールアドレス・パスワードをそれぞれ記入してください。

ログインできればOKです。

ログインできないときはどうすればいい?

万が一ログインできない場合は、メールアドレスもしくはパスワードを再入力しましょう。

それでもログインできない場合は新規アカウントをもう一度作成してください。

LINE Developersから管理者権限付与メールを送信する

次にLINE Developers※から『管理者権限付与メール』をお送りください。
※LINE Developersとは簡単に言いますと、開発者向けサイトのこと。

こうすることで、あなたのアカウントを遠隔サポートすることが可能になります。

ココの手続きは必須ですので、必ず実行してください。

なお、LINE Developersの管理者権限付与メールは以下の手順で実行できます。

管理者権限付与メールの送信手順
  1. LINE公式アカウント管理画面にログイン
  2. 画面右上『設定』をクリック
  3. 画面左『Messaging API』をクリック
  4. 画面中央『Messaging APIを利用する』をクリック
  5. プロパイダーを作成する
  6. 『プライバシーポリシー』と『利用規約』を入力する
  7. 『アカウント名』と『プロパイダー名』を確認
  8. LINE Developersログインページにアクセスする
  9. LINE Developersにログインをする
  10. 画面左『管理者(英語表記だとAdmin)』に表示されているアカウント名をクリック
  11. 画面中央に表示されたアカウント名をクリック
  12. 画面中央『役割(英語表記だとRoles)』をクリック
  13. 『メールで招待』をクリック
  14. info@lme.jpを入力する
  15. 『管理者(英語表記だとAdmin)』を選択
  16. 『招待状を送信する』をクリック

ひょっとすると作業が多く感じるかもしれませんが、どの作業もいたってシンプル。

10分ほどで作業は完了しますのでご安心ください。

1.LINE公式アカウント管理画面にログイン

まずはLINE公式アカウント管理画面にログインをしましょう。

2.画面右上『設定』をクリック

管理画面TOPの右上に表示されている『設定』をクリックしてください

3.画面左『Messaging API』をクリック

画面が切り替わったら、画面左『Messaging API』をクリック

4.画面中央『Messaging APIを利用する』をクリック

画面中央に表示されている緑色のボタン『Messaging APIを利用する』をクリックしましょう。

5.プロパイダーを作成する

ウィンドウ内に表示されている『プロパイダーを作成』にチェックを入れてください。

すると、入力欄が表示されます。

そこにプロパイダー名を入力してください。

LINE公式アカウント名と同じ名前を入力すると、後々に管理しやすくなります。

入力し終えたら、『同意する』をクリック。

6.『プライバシーポリシー』と『利用規約』を入力する

次に『プライバシーポリシー』と『利用規約』を記載したページのURLを入力してください。

まだ用意していないのであれば、空白でもOKです。

入力し終えたら『OK』をクリックしましょう。

7.『アカウント名』と『プロパイダー名』を確認

最後に『アカウント名』と『プロパイダー名』が表示されますので、入力内容に間違いがないかを確認してください。

問題なければ『OK』をクリックしましょう。

これでMessaging APIの設定は完了です。

8.LINE Developersログインページにアクセスする

次にLINE Developersにアクセスをしましょう。

そして右上にある『ログイン』をクリックしてください。

9.LINE Developersにログインをする

LINE公式アカウントの管理画面にログインするときに用いるアカウントをクリックしてください。

普段『LINEアカウント』でログインをしているのであれば緑色のボタン『LINEアカウントでログイン』を、『ビジネスアカウントでログイン』を用いているのであれば灰色の『ビジネスアカウントでログイン』を押しましょう。

それぞれメールアドレスとパスワードを記入しましょう。

これで LINE Developersにログインできます。

10.画面左『管理者(英語表記だとAdmin)』に表示されているアカウント名をクリック

ログインをした後は画面左に表示されているアカウント名をクリックしてください。

複数のアカウントがある場合は。初期導入のサポートを行うアカウントを選んでくださいね。

11.画面中央に表示されたアカウント名をクリック

画面中央にアカウントが表示されますので、それをクリックしましょう。

12.画面中央『役割(英語表記だとRoles)』をクリック

画面右上にある『役割(英語表記だとRoles)』をクリックしてください

13.『メールで招待』をクリック

画面上段『メールで招待』という項目がありますので、それをクリックしましょう。

すると新しいウィンドウが表示されます。

14.info@lme.jpを入力する

表示されたウィンドウ内にあるメールの入力欄に『info@lme.jp』を入力しましょう。

ココを間違えてしまうと遠隔サポートができませんので、しっかりと入力してくださいね。

15.『管理者(英語表記だとAdmin)』を選択

役割の空欄で『管理者(英語表記だとAdmin)』を選択してください。

16.『招待状を送信する』をクリック

最後に『招待状を送信する』をクリックしましょう。

これで管理者権限が先ほどのメールアドレス、つまりは弊社に与えられます。

エルメのLINE公式アカウントからメールアドレスを送信する

最後に、友だち登録をしているエルメLINE公式アカウントのチャットにて『初期導入サポート希望』と『エルメ登録メールアドレス』を上記画像のようにお送りください。

注意!

エルメ公式アカウントの友だち登録が済んでいない方はコチラから友だち登録をお済ませください。

表示されたバーコードをスマートフォンで読み取れば、友だち登録は完了します。

そしてチャット画面のメッセージに『初期導入サポート希望・エルメ登録メールアドレス』を記入し、送信してください。

なお、『初期導入サポート希望』という文字をメッセージに入れなければ対応できませんので、必ず入れてください(『初期導入サポート希望』が無料サポートのキーワードになっているため)。

これで初期導入無料サポートの申し込みは完了です。

後日に担当者が折り返しのお返事をいたしますので、それまでしばらくお待ちくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました