【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message(エルメ)のタグ管理

こちらの記事ではエルメのタグ管理機能について解説していきます。

エルメのタグ管理機能の使い方(動画版)

以下にもテキスト形式でタグ管理機能の解説をしておりますので、ご参照ください。

タグとは

タグとは、友だちをカテゴリー分けする際に使用する目印のような物です。

例えば、20代の友だちに対しては「20代」というタグを付け、セミナーに参加した事がある友だちには「セミナー参加者」といったタグを付けます。

そうする事で「20代」のタグが付いている人だけをピックアップしたり、「セミナー参加者」のタグが付いている人だけに配信を行うといった事が可能になります。

このように、友だちにタグを付けておくことで便利な事がたくさんありますので、ぜひタグの運用をマスターして頂ければと思います。

タグの作成方法

タグは以下の手順にて作成することができます。

タグの作成手順
  1. エルメ管理画面にログイン
  2. アカウントを選択
  3. 『タグ管理』をクリック
  4. 『+』をクリック
  5. フォルダ名を記入
  6. 作成したフォルダをクリック
  7. 『新規タグ作成』をクリック
  8. 新規に作成したタグ名をクリック

エルメ管理画面にログイン

まずはエルメアカウントログインページにアクセスをしましょう。

そして管理画面にログインしてください。

アカウントを選択

アカウントを選択してください。

『タグ管理』をクリック

画面左『タグ管理』をクリックしましょう。

『+』をクリック

画面左上『+』をクリックしましょう。

フォルダ名を記入

記入欄が表示されますので、そこにフォルダ名を入力しましょう。

後から管理しやすくなるように入力するのがおすすめです。

その後は『決定』をクリックしてください。

作成したフォルダをクリック

すると新しいフォルダが表示されますので、それを選択しましょう。

この状態で新規タグを作成することで、対象フォルダにタグが格納されます。

『新規タグ作成』をクリック

画面上に表示されている『新規タグ作成』をクリックしましょう。

そしてタグ名を入力してください。

ココでも管理しやすい名称を同様に入力するのがよいでしょう。

入力後に「決定」をクリックしてください。

するとこのようにタグが作成されます。

これでタグの作成は完了しました。

この状態で既にタグとして利用可能な状態になっています。

ここから更に「タグの追加時のアクション」を設定する事が可能です。

タグの追加時のアクションの設定方法

続いて「タグ追加時のアクション」を解説していきます。

前述した通りタグを作成した時点で既にタグとしては利用可能な状態なので、「タグ追加時のアクション」の設定は必須ではありません。

こちらの機能は必要に応じてお使い頂ければと思います。

タグ追加時のアクションを行う方法

「タグ追加時のアクション」を行いたいタグ名をクリックしましょう。

そうすると設定画面に移ります。

タグ追加時のアクションとは

「タグ追加時のアクション」とは、友だちにタグが付けられたときに発動するアクションです。

例えば「タグ追加時のアクション」でテンプレートを選択している場合、友だちにタグが付けられた時にテンプレートが配信されます。

こちらをエルメ内の他の機能と連携する事で、色々な活用が可能になります。

タグ追加時のアクションの種類

「タグ追加時のアクション」により様々なアクションが可能です。

アクションには主に、「テンプレートの配信」「ステップ配信の操作」「リッチメニューの表示」があります。

テンプレートの配信

タグを付与した時に送信するテンプレートを選択できます。

※テンプレートを事前に作成していなければ選択できません。
テンプレートの作成は画面左『テンプレート』にてお願いいたします。

ステップ配信の操作

タグを付与した時にステップ配信の操作が可能です。

ステップ配信を最初からスタートしたり、途中から始める、停止させるといった事ができます。

※ステップ配信を事前に作成していなければ選択できません。
ステップ配信は画面左『ステップ配信』にて作成可能です。

リッチメニューの表示

タグに合わせてリッチメニューを使い分けたい場合は、ココで希望のものをクリックしましょう。

※リッチメニューを事前に作成していなければ選択できません。
リッチメニューは画面左『リッチメニュー』にて作成可能です。

タグ追加時のアクションの注意点

「タグ追加時のアクション」には注意点もあります。

既にタグが付いている場合はアクションが発動しない

「タグ追加時のアクション」はその名の通りタグが追加された時に発動するアクションです。

つまり、既に友だちにタグが付いている状態で設定を行っても、その友達にはアクションは発動しません。

ここは間違えやすい部分ですのでご注意ください。

同じ友達に対して一度しか発動しない

基本的に「タグ追加時のアクション」は、同じ友達に対して1回しか発動しません。

例えば、タグが追加時にテンプレートが配信される設定の場合、友だちに対して最初にタグが追加された場合はテンプレートが配信されますが、そのタグを外した後にもう一度タグを付けた場合は2度目のテンプレートは配信されません。

もし、タグが追加された時に何度もアクションを行いたいという場合は、「2回目以降もタグ追加時のアクションを実行する」にチェックを入れてください。

そうする事でタグ追加時に何度でもアクションが発動するようになります。

タグ名とフォルダの変更方法

タグ名とフォルダの変更を行いたいタグ名をクリックしましょう。

タグ名の変更

ココではタグ名を変更できます。

「やっぱりこっちの方がいいかな」と思ったときは、ココで名称を変更してください。

タグのカテゴリー名をクリック

格納したいフォルダ名をクリックしましょう。

格納するフォルダを後から変更したくなったときは、この操作をしてください。

※事前にフォルダを作成していなければ選択できません。

タグ一覧画面

作成したタグはこの様に一覧で表示されます。

この画面から「編集」「削除」「並び替え」「付与した友だちの確認」が可能です。

「編集」に関しては先ほど解説した通りですが、他の機能についても触れていきます。

タグの削除

タグが不要になった場合は『削除』にて整理をしてください。

また、タグの左側にあるチェックボックスをクリックする事でまとめて削除を行う事も可能です。

タグの並び替え

タグの並び替えが可能です。

重要なタグや頻繁に変更するタグがあるときは、『並び替え』で先頭に持ってくるとよいでしょう。

付与した友だちの確認

こちらからタグが付いてる友だちを確認する事が可能です。

人数をクリックすると友だちリストページに移行します。

タグの使い方

作成したタグは以下の機能にて使用できます。

タグを設定できる機能
  • 1:1チャット
  • 自動返信
  • メッセージ配信
  • ステップ配信(絞り込み時に使用)
  • テンプレート
  • 回答フォーム
  • 友だち追加時設定
  • カレンダー予約
  • イベント予約
  • 友だちリスト
  • 流入経路分析
  • コンバージョン測定
  • リッチメニュー
  • 商品作成・一覧
    2022年4月23日時点

タグの主な使い方としては、特定のアクションを起こしたユーザーに対して付与する(例えば『商品を購入した』人に対して『購入済』といったタグ付けをする)のが一般的です。

こうすることで性別や行動履歴などに基づき友だちを管理・分析ができますので、CVを発生させた人にはどのようなタグ(属性)があるのかを明確に把握することができます。

その結果CVを発生させるには、どのようなタグ付けをされている人に対してアプローチをすればよいのかが一発でわかるようになります。

そしてこれを繰り返すことで、LINE公式アカウントの効果的かつ効率的な運用が可能になるのです。

また、このタグ付け機能は『友だちを絞り込む際に使う』こともできます。

例としましては『商品購入履歴がある人たちの方が全体的にCVRが高い傾向にあるから、その人たちに対してのみ限定商品情報を配信したい』ということが考えられるでしょう

タグによって配信対象者を絞り込むことで、無駄なメッセージ配信を防ぐことができます。

もちろんタグによる絞り込み機能はステップ配信だけでなく、友だちリストでもタグでも可能です。

「商品購入履歴がある人たちの特徴・傾向を把握したいので、その人たちのみを友だちリストからピックアップし分析したい」というときに、このタグ機能が役立つわけです。

このようにタグ機能の使い方は複数あります。

Webマーケティングにおいてタグ付けは重要ですので、ぜひご活用ください。

なお各機能でタグ機能を使用する方法の詳細は各マニュアルで解説しております

ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました