LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

L Message(エルメ)初期導入設定サポート

サービス

エルメ初期導入設定サポートとは

エルメをご利用頂くにあたり、

・設定がうまくいかない
・やり方がわからない
・全て代わりにやって欲しい

というお声や要望を日々頂きます。

そこで、弊社が代わりに全て代行して設定を行うサポートを始めました。

サポート内容

LINE公式アカウントとエルメの紐付け、初期設定を行います。

こちらを利用して頂くことで、すぐにエルメを使えるようになります。

完全無料でご利用頂けるサービスとなってますので是非ご利用くださいませ。

ご準備頂くもの

エルメの遠隔サポートを依頼するにあたり以下の情報が必要です。

L Messageのログイン情報
LINE公式アカウントの管理者権限URL

③LINE Developersの管理者権限付与メールの送信

それぞれの取得方法を解説します。

L Message(エルメ)無料導入設定サポート申込み方法を動画で解説!

①LINE公式アカウントの管理者権限

LINE Official Account Managerから権限が可能です。

メニューの設定より「権限管理」を選択します。

右側にある「メンバー」を追加を選択します。

権限の種類は「管理者」を選択し、URLを発行します。

後程フォームに記載する形になりますのでメモしておいてください。

②エルメのログイン情報

まず「エルメ」のアカウントを作成します。

・ユーザー名
・メールアドレス
・パスワード

上記の3点を入力し、「利用規約に同意する」にチェックを入れ「登録」をクリックします。

これで新規ユーザー登録は完了です。

メールアドレス、パスワードをメモしておいてください。

②LINE Developersの管理者権限

次にLINE公式アカウントとエルメの連携を進めていきます。

まず「設定」から「Messaging API」を開きます。

「Messagin APIを利用する」を選択し、プロバイダーの作成画面が表示されます。

プロバイダー名は好きな名前で大丈夫ですが、多くの方は会社名、組織名、事業者名などを入力されます。

※既に作成されたことがある方は表示されません。

下の方に「その他の設定はLINE Developersから行えます。」との表記がありますのでそちらを選択します。

LINE Developers

LINE株式会社が提供している開発者向けのプラットフォームです。

エルメのようなマーケティングシステムの活用や、Botの作成、WEBサイトにLINEログインをつけられるようにするなどの場合に使います。

ちなみに、エルメとの紐づけに必要な情報は

①Channel Secret
②Channel Access Token
③Webhock URL

上記の3つです。

②に関してはLINE Developersより取得が可能です。

LINE Developersにログインしたら、作成したプロバイダー名を選択し、エルメと紐づけるアカウントを選択します。

上記の画像の「Role」から権限共有はNGです。

以下の画像のように個別のチャンネルで「Role」を選んでください。

権限を付与して頂くために、「Roles」を選択してください。

Rolesの「Invite by email」を選択し、弊社のメールアドレスとAdmin権限を選択します。

Emails:info@missiona.co
Roles:Admin

Send invitationsを選択します。

サービスのご利用に関して

初期導入設定サポートをご利用頂くには「初期導入サポート希望」とメッセージを送信後

エルメLINE公式アカウントへ以下の情報をお送りください。

エルメのログイン情報(メールアドレス、パスワード)
②LINE公式アカウントの管理者権限URL

送る際にはLINE DevelopersのAdmin権限を弊社のメールアドレスに送付もお忘れなく。

設定完了まで2日営業日以内に行います。