fbpx
LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの接続方法:スマホ版

エルメマニュアル

モバイル端末で設定をする場合、「LINE公式アカウント」「エルメ管理画面」はPCでの操作を想定して作成されているため、PCサイズの画面のままスマホでご利用いただく形となります。PCでの操作を推奨しております。

エルメの導入方法

L MessageにLINE公式アカウントを接続させるための情報を、新規アカウント追加画面に入力していきます。

LINE公式アカウント 管理画面の設定

まずは管理画面にログイン

① 設定を変更

LINE Official Accountにログイン後、画面を右にスライドし上部に出てくる設定をクリックします。

② 応答設定を選択

設定画面の左端のメニューから「応答設定」をクリックします。

③ 各種設定

応答設定画面で以下の設定を行います。

応答モード:Bot

あいさつメッセージ:オフ

応答メッセージ:オフ

Webhook:オン


L Messageの設定

まずL Messageにログインして「新規アカウント追加」をクリックします。

①アカウント名 :任意のアカウント名を入力(友だち登録者には表示されません)

②アカウント画像 :任意の画像を登録(登録なしでもOK)

友だち追加URL

LINE ID

Channel Secret

Channel Access Token

全て入力が終わったら「完了」をクリック

WebhookURLの認証

ここからは③~⑦で入力すべき項目を見ていきます。

③〜⑤ 共通項目

まずは③~⑤についてです。

LINE official Account Managerにログイン します。

① アカウントリストを選択

LINE official Account Managerにログインしたら、アカウントリストを選択します。

② アカウントを選択

L Messageと接続したいLINE公式アカウントを選択します。

「③ 友だち追加URL」 と 「④ LINE ID」の設定

① 友達を増やすを選択

アカウント画面の左端のメニューより、「友達を増やす」を選択します。

② URLをコピー

友だち追加URL(画像赤枠線内)をコピーし、③「友だち追加URL」の項目にペーストします。

③ LINE IDをコピー

画面左上にLINE IDが表示されているので「@」を含んでコピーし、④「LINE ID」の項目にペーストします。(画像の場合、「@hky215」)

「⑤ Channel Secret」 の設定

① 「設定」を選択

画面を右上の「設定」をクリックします。

② 「Messaging API」を選択

設定画面の左端のメニューから「Messaging API」をクリックします。

③ 「Messaging APIを利用する」を選択

画面中央付近にある「Messaging APIを利用する」をクリックします。

④ 作成するプロバイダーを名を入力

作成するプロバイダーの名前を入力したら、内容を確認して「同意する」をクリックします。

⑤ プライバシーポリシーを設定

プライバシーポリシーに任意のURLを設定します。

⑥ 利用規約を設定

利用規約に任意のURLを設定します。

⑦ 内容を確認

アカウント名とプロバイダー名を確認し、「OK」をクリックします。

⑧ Channel Selectをコピー

Channel Selectをコピーし、⑤「Channel Secret」の項目にペーストします。

⑥ Channel Access Tokenの設定

LINE Developersにログイン

① 今すぐはじめようをクリック

LINE Developerに登録します。

② プロバイダーを選択

先ほど作成したプロバイダーを選択します。

③ アカウントを選択

LINE公式アカウントを選択します。

④ Messaging APIを選択

プルダウンの選択肢の中から「Messaging API」を選択します。

⑤ Issueをクリック

画面を一番下までスクロールし、Channel access tokenの「Issue」をクリックします。

⑥ Channel access tokenをコピー

⑤で「Issue」をクリックすると、Channel access tokenをされるのでコピーし、⑥ 「Channel Access Token」項目にペーストします。

※コピペ間違いで、上手く入力されておらず正常に稼働しないケースが多いため、今一度ご確認お願い致します。

⑦ WebhookURLの認証

「L Messageの設定」の①〜⑥全てを入力後、「完了」をクリックすると、以下のページが表示されます。

① Webhook URLをコピー

L Messageの管理画面で「Webhook URL」をコピーします。

② Editをクリック

LINE DeveloperのMessaging APIページを下にスクロールし、Webhook Setting欄にある「Edit」をクリックします。

③ コピーしたWebhookURLを入力

① でコピーしたWebhook URLをペーストして、「Update」をクリックします。

④ Verifyをクリック

「Verify」をクリックします。

⑤ Use webhookをON

「Use webhook」をクリックします。

⑥ WebhookURLを入力

LINE公式アカウントのMessagingAPIのページのwebhookURL欄にwebhookURLをペーストします。

L Messageの管理画面に戻りアカウント一覧管理ページを更新して名前の項目から「LINE@設定でWebhookURLを入力して、承認してください。」の赤字が消えていれば設定完了です。

設定が上手く出来ているか確認する方法

設定が完了しましたら正常に稼働するか確認するために、自分のLINEアカウントを該当のLINE公式アカウントにスタンプやメッセージを送り、反映されるかご確認ください。

反映されない場合は設定が間違っております。

よくある例として、

①LINE公式アカウントでbotモードやwebhockをオンにしていない
②Chaneel Secret、Access Tokenが上手く入力されてない→コピペで再度入力

上記の2点があります。今一度お試しくださいませ。

特に②のChannel access tokenが、正常に入力されていない(途中空白が入っている、切れてしまっている)ということが原因であることが、かなり多いです。

こちらで初期設定を代行しておりますが、95%は同様の原因となりますので、しっかりと入力されているかご確認ください。

また、ご自身で出来ない場合はエルメスタッフが代わりに設定を行いますので、以下のリンクより申請に必要な情報提供や権限付与を行って頂ければと思います。