fbpx
LINE攻略「スタートアップガイド」無料プレゼント!

L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの接続方法

エルメマニュアル

エルメの導入方法

L MessageにLINE公式アカウントを接続させるための情報を、新規アカウント追加画面に入力していきます。

LINE公式アカウント 管理画面の設定

まずは管理画面にログイン


「設定」→「応答設定」より

応答モード:Bot

あいさつメッセージ:オフ

応答メッセージ:オフ

Webhook:オン

に設定

L Messageの設定

まずL Messageにログインして「新規アカウント追加」をクリックします。

①アカウント名 :任意のアカウント名を入力(友だち登録者には表示されません)

②アカウント画像 :任意の画像を登録(登録なしでもOK)

友だち追加URL

LINE ID

Channel Secret

Channel Access Token

全て入力が終わったら「完了」をクリック

WebhookURLの認証

③〜⑤ 共通項目

ここからは③~⑦で入力すべき項目を見ていきます。

まずは③~⑤についてです。

LINE official Account Managerにログイン

L Messageと接続したいLINE公式アカウントを選択

③ 友だち追加URL

メニューから「友だち追加」を選択

ページ内から友だち追加URL(画像赤枠内)をコピー

③「友だち追加URL」の項目にコピーしたURLをペースト

④ LINE ID

画面左上にLINE IDが表示されているので@からコピーする(画像なら@169)

④ 「LINE ID」の項目にコピーしたLINE IDをペースト

⑤ Channel Secret

右上の「設定」をクリック

メニューから「Messaging API」を選択

「Messaging APIを利用する」をクリック

プロバイダー名はLINE公式アカウントと同じ名前をご入力ください。

Channel Secretが表示されるのでコピーする

⑤「Channel Secret」の項目にコピーした情報をペースト

⑥ Channel Access Token

LINE Developersにログイン

左のメニュー部分より⑤で入力したプロバイダー名を選択

LINE公式アカウント名を選択

「Messageing API」を選択

画面を一番下までスクロールし、Channel access tokenの「Issue」をクリックする

Channel access tokenが表示されるのでコピーする

※コピペ間違いで、上手く入力されておらず正常に稼働しないケースが多いです。
コピペ後、再度情報が正しいか今一度ご確認お願い致します。

⑥ Channel Access Token項目にコピーした情報をペースト

⑦ WebhookURLの認証

①〜⑥まで全て入力し終わると下記画面が表示される

Webhook URLをコピー

⑥で表示したMessageing APIページを開き、Webhook settings項目の「Edit」をクリックする

コピーしたWebhookURLをペーストし、「Update」をクリック

「Verify」をクリックし「Use webhook」をONにする

コピーしたURLを⑤で表示したMessaging API設定ページにペーストして保存

L Messageに戻りアカウント一覧管理ページを更新して名前の項目から

「LINE@設定でWebhookURLを入力して、承認してください。」

の赤字が消えていれば設定完了。

設定が上手く出来ているか確認する方法

設定が完了しましたら正常に稼働するか確認するために、自分のLINEアカウントを該当のLINE公式アカウントにスタンプやメッセージを送り、反映されるかご確認ください。

反映されない場合は設定が間違っております。

よくある例として、

①LINE公式アカウントでbotモードやwebhockをオンにしていない
②Chaneel Secret、Access Tokenが上手く入力されてない→コピペで再度入力

上記の2点があります。今一度お試しくださいませ。

特に②のChannel access tokenが、正常に入力されていない(途中空白が入っている、切れてしまっている)ということが原因であることが、かなり多いです。

こちらで初期設定を代行しておりますが、95%は同様の原因となりますので、しっかりと入力されているかご確認ください。