LINE公式アカウントにお問合せ

L MessageとLINE公式アカウントの新規接続方法

実際に運用し始める前に、まずはあなたのLINE公式アカウントとエルメアカウントを接続させましょう。

そうすることでエルメの豊富な機能を使えるようになります。

逆に言いますと接続をしなければエルメの機能は使えません。

そのため、接続だけは必ず済ませておきましょう。

  1. エルメとLINE公式アカウントの接続方法
    1. エルメにログイン
    2. 管理画面の左『新規アカウント』をクリック
    3. アカウント名を入力
    4. 友だち追加URLを入力
      1. 友だち追加URLはどこで入手するのか?
        1. 1.LINE公式アカウント管理画面にログイン
        2. 2.画面左『友だち追加ガイド』をクリック
        3. 3.画面最上部に表示されているURLをコピーする
    5. アカウント画像をアップロード
    6. Messaging APIを設定
      1. 1.LINE公式アカウント管理画面にログイン
      2. 2.画面右上『設定』をクリック
      3. 3.画面左『Messaging API』をクリック
      4. 4.画面中央『Messaging APIを利用する』をクリック
      5. 5.プロパイダーを作成する
      6. 6.『プライバシーポリシー』と『利用規約』のURLを入力する
      7. 7.『アカウント名』と『プロパイダー名』を確認
    7. Channel IDとChannel secretを入力
      1. Channel IDとChannel secretはどこで入手できるのか?
    8. 「bot」「Webhook」にチェック入れる
      1. 『botの選択』と『Webhookのオン』はどこで行うのか?
        1. 1.LINE公式アカウント管理画面にログイン
        2. 2.画面右上『設定』をクリック
        3. 3.画面左『応答設定』をクリック
        4. 4.『Bot』にチェックを入れる
        5. 5.『Webhook』にチェックを入れる
    9. QRコードを読み取る
    10. メッセージもしくはスタンプを送信する
    11. 『スタンプ送信後クリック』を押す
      1. 接続できない場合はどうすればいい?
    12. 料金プランを選択する
  2. ドンドン設定を済ませていこう!

エルメとLINE公式アカウントの接続方法

LINE公式アカウントとエルメアカウントの接続手順は以下の通りです。

接続の手順
  1. エルメにログイン
  2. 管理画面の左『新規アカウント』をクリック
  3. アカウント名を入力
  4. 友だち追加URLを入力
  5. アカウント画像をアップロード
  6. Messaging APIを設定
  7. Channel IDを入力
  8. Channel secretを入力
  9. 【「bot」が選択されている】にチェック入れる
  10. 【「Webhook」がオンになっている】にチェック入れる
  11. QRコードを読み取る
  12. メッセージもしくはスタンプを送信する
  13. 『スタンプ送信後クリック』を押す
  14. 料金プランを選択する

専門用語が多く一見すると難しく感じるかもしれませんが、やることはいたってシンプルです。

10分ほどで作業が完了しますのでご安心下さい。

それでは解説していきますね。

エルメにログイン

最初にエルメ管理画面にログインをしましょう。

そこから接続設定ができます。

管理画面の左『新規アカウント』をクリック

管理画面TOPの左に表示されている『新規アカウントを追加』をクリックしましょう。

アカウント名を入力

画面が切り替わりましたら、『アカウント名』を入力してください。

ちなみに、ここは任意のアカウント名で大丈夫です。

ココで入力したカウント名は友だち登録者には表示されませんので、管理しやすい名前をご記入下さい。
(友だち登録者に表示されるアカウント名はLINE公式アカウントの管理画面にて設定をします)

わかりやすいように、担当者名などを入力するのがよいでしょう。

友だち追加URLを入力

友だち追加URLを入力してください。

友だち追加URLとは、そのURLをタップするだけで友だち登録をすることができる機能を指します。

ココを入力しなければURLからの友だち追加登録機能が作動しません

しっかりと記入してくださいね。

友だち追加URLはどこで入手するのか?

『友だち追加URL』は、あなたのLINE公式アカウントの管理画面で入手できます。

具体的には以下の手順でGetできます。

1.LINE公式アカウント管理画面にログイン

まずはLINE公式アカウントの管理画面にログインしてください。

2.画面左『友だち追加ガイド』をクリック

管理画面の左側に記載されている『友だち追加ガイド』をクリックしましょう。

すると友だち追加URLが記載されている画面に切り替わります。

3.画面最上部に表示されているURLをコピーする

表示された画面の上部に記載されているURLをコピーしてください。

URLをコピーしたら、それをエルメ管理画面の『友だち追加URL』のところに張り付けましょう。

これで友だち追加URLの入力は完了です。

アカウント画像をアップロード

アカウントの画像を張り付けましょう。

ちなみに、友だち登録者に表示されるプロフィール画像は『LINE公式アカウント|管理画面』で行えます。

ここで設定したものが表示されるわけではありません。

そのため、ココの画像は設定しなくてもOKです。

Messaging APIを設定

Messaging APIとは、あなたと友達が双方向コミュニケーションをできるようにする機能のこと。

この設定をしなければエルメでのやり取りができません。

したがって必ず設定させてくださいね。

なお、設定手順は以下の通り。

Messaging APIの設定方法
  1. LINE公式アカウント管理画面にログイン
  2. 画面右上『設定』をクリック
  3. 画面左『Messaging API』をクリック
  4. 画面中央『Messaging APIを利用する』をクリック
  5. プロパイダーを作成する
  6. 『プライバシーポリシー』と『利用規約』のURLを入力する
  7. 『アカウント名』と『プロパイダー名』を確認

1.LINE公式アカウント管理画面にログイン

まずはLINE公式アカウント管理画面にログインをしましょう。

2.画面右上『設定』をクリック

管理画面TOPの右上に表示されている『設定』をクリックしてください。

3.画面左『Messaging API』をクリック

画面が切り替わったら、画面左『Messaging API』をクリック

4.画面中央『Messaging APIを利用する』をクリック

画面中央に表示されている緑色のボタン『Messaging APIを利用する』をクリックしましょう。

5.プロパイダーを作成する

ウィンドウ内に表示されている『プロパイダーを作成』にチェックを入れてください。

すると、入力欄が表示されます。

そこにプロパイダー名を入力しましょう。

LINE公式アカウント名と同じ名前を入力すると、後々に管理しやすくなります。

入力し終えたら、『同意する』をクリックしてください。

6.『プライバシーポリシー』と『利用規約』のURLを入力する

次に『プライバシーポリシー』と『利用規約』を記載したページのURLを入力してください。

まだ用意していないのであれば、空白でもOKです。

入力し終えたら『OK』をクリックしましょう。

7.『アカウント名』と『プロパイダー名』を確認

最後に『アカウント名』と『プロパイダー名』が表示されますので、入力内容に間違いがないかを確認してください。

問題なければ『OK』をクリックしましょう。

これでMessaging APIの設定は完了です。

エルメの管理画面に戻り、設定を進めていきましょう。

Channel IDとChannel secretを入力

Channel ID・Channel secretとは簡単に言いますと、あなたのLINE公式アカウントを識別するナンバーのことです。

ここを入力しなければエルメが動作しないおそれがありますので、キッチリ入力してくださいね。

Channel IDとChannel secretはどこで入手できるのか?

Messaging APIを設定した状態でLINE公式アカウント管理画面左にある『Messaging API』を再度クリックしてください。

すると上記画像のように表示されます。

そこに記載されているChannel IDとChannel secretを先ほどの入力欄にコピペすればOKです。

「bot」「Webhook」にチェック入れる

「bot」「Webhook」にチェック入れましょう。

ちなみに、botとはタスクの処理などを自動で行うプログラムのこと。

WebhookとはLINE公式アカウント内の情報を他のアプリにリアルタイムで伝送する仕組みのことです。

エルメの自動返信機能等を使うのであれば、ココの設定が必須です。

必ずチェックを入れておいてくださいね。

『botの選択』と『Webhookのオン』はどこで行うのか?

botとWebhookはLINE公式アカウントの管理画面で設定できます。

具体的な手順は以下の通りです。

1.LINE公式アカウント管理画面にログイン

今までと同様にLINE公式アカウントにログインをします。

2.画面右上『設定』をクリック

画面右上『設定』をクリックしてください

3.画面左『応答設定』をクリック

画面左に表示されている『応答設定』をクリックしましょう。

4.『Bot』にチェックを入れる

画面最上部に表示されている『Bot』にチェックを入れてください。

5.『Webhook』にチェックを入れる

画面下部に表示されている『Wehook』にチェックを入れましょう。

これで設定は完了です。

その後はエルメの管理画面に戻り、設定を進めていきましょう。

もうちょっとで作業が完了します。

QRコードを読み取る

画面に表示されているQRコードをスマートフォンで読み取ってください。

するとチャット画面に移行します。

メッセージもしくはスタンプを送信する

チャット画面にて文字やスタンプを送信してください。

『スタンプ送信後クリック』を押す

スタンプ等を送信できましたら、エルメ管理画面に表示されている『スタンプ送信後クリック』という黄色のボタンをクリックしましょう。

これで接続が完了すれば、料金プランの選択画面に進めます。

接続できない場合はどうすればいい?

LINE公式アカウントとエルメアカウントが接続できない場合、上記のように表示されます。

この時に考えられる原因はいくつかあります。

  • Messaging APIが設定されていない
  • Channel IDが間違っている
  • Channel secretが間違っている
  • 「bot」が選択されていない
  • 「Webhook」がオンになっていない
  • メッセージもしくはスタンプの送信が完了していない

LINE公式アカウントとエルメが接続できない場合は上記のいずれか、もしくは複数が該当しているのかもしれません。

それぞれをもう一度確認してみてください。

それでも接続できない場合は、エルメのLINE公式アカウントのチャット画面からお問い合わせください。

料金プランを選択する

最後に料金プランを選択しましょう。

エルメの場合ですと、料金プランは2つあります。

フリープランとスタンダードプランの2つです。

この2つのプランの違いをまとめますと、以下の通り。

異なる項目フリープランスタンダードプラン
月間配信数1,000通まで無制限※
リッチメニューの数2つまで無制限
回答フォーム3つまで無制限
流入経路分析3つまで無制限
スタッフ管理管理者+1人まで無制限
登録メディア1GBまで100GBまで
※配信通数が1,000以上となる場合はLINE公式アカウント有料プランへ変更が必要です

メッセージ送信可能数はもちろんですが、リッチメニューの登録可能数・流入経路分析が無制限になるのはとても大きいです。

リッチメニューを豊富に登録できることで、季節やターゲットごとに変更しやすくなります。

流入経路分析を無制限に設定できることで、「どこから友だち追加登録をされたのか?」を正確に把握することができます。

ブログ・YouTube・広告・電子書籍・オフラインストア・プレリリース・チラシなど現代ビジネスでは宣伝媒体が豊富にあり、3つだけでは正確な流入経路分析ができません。

流入経路分析を正確に実施したい人は、有料プランを検討してくださいね。

ドンドン設定を済ませていこう!

アカウント一覧に新規アカウントが上記のように追加されていれば、L MessageとLINE公式アカウントの新規接続は成功です。

お疲れさまでした。

しかしそうは言いましても、やるべきことはまだまだたくさんあります。

具体的には、以下の項目も設定していく必要があります。

他に設定すべきこと
  • リッチメニューの設定
  • 流入経路分析の設定
  • タグ設定
  • アンケート作成
  • メッセージの作成
  • 自動返信機能の設定
    など

これらをすべて実行するのは少し大変ですが、LINE公式アカウントを効果的に使いたいのであれば設定は必須です。

このマニュアルでは1つずつ丁寧に解説していきますので、一緒に頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました