【お問合せ】サポートLINEはこちら▶

L Message2022年3月アップデート情報

アップデート&プレスリリース

いつもご利用頂きましてありがとうございます!

3月16日(水)午前8時から9時まで、新機能搭載や既存機能の改善に伴うメンテナンスを実行します。

※この時間帯は管理画面にアクセスができませんが、エルメの各種機能は正常に稼働します。

※画面デザイン・機能は開発中のものとなりますので、告知なく内容が変更される場合があります。

※状況に応じて最大1時間程度延長の可能性あります。

3月のアップデート内容

カレンダー予約の実装

エルメに新しくカレンダー予約機能が搭載されます。

従来はイベント予約のみだったので、お店の予約の受付をする際には他のシステムを利用する必要がありましたが、新しくカレンダー予約が追加されることで、予約機能を全てエルメで一元化する事が可能です。

店舗ビジネスをされている方にとって非常にうれしい機能ですね。

お客様から見た場合はこの様に表示されます。

無駄のないUIで視覚的に非常に分かりやすくなっています。

友だち情報のカスタム機能実装

友だち情報のカスタムが可能になります。

従来は「名前」「電話番号」「メールアドレス」など、予め決まった友だち情報しかありませんでしたが、アップデートにより自由に設定が可能になります。

これにより、例えば「居住地」「学歴」「生年月日」といった、これまで無かった友だち情報を追加することができます。

しかも画像やPDFといった情報が登録できるので、「契約書」「免許証」「課題回答用紙」など、友だちに紐づく情報を一括で管理する事が可能です。

こちらはカレンダー予約で入力された内容が、自動で友だち情報に反映されます。

友だち情報はフォルダで管理する事ができるので、複数の友だち情報リストを予め作成しておくことで、友だちに合わせた柔軟な使い分けが可能です。

回答フォームの機能増加

回答フォームのアクション機能がリニューアルされます。

これまでの回答後アクションには「タグ付け」「テンプレート送信」「ステップ配信」などがありましたが、それに加えて「テキスト送信」「リマインド配信」「リッチメニューの表示/停止」「友だち情報の登録/削除」が出来るようになります。

これにより、例えばフォームに回答してくれた友だちに対して、リッチメニューでお礼のプレゼントをするといった操作も可能です。

さらに、従来の回答後アクションの他にフォーム表示時にもアクション設定をする事が可能になりますので、より一層きめ細かい設定が可能になります。

また、回答フォームのコピー機能も新たに追加されますので、そちらも是非楽しみにしてくださいね!

4月予定のアップデート内容告知

次に4月に予定しているアップデート内容の告知です。

※画面デザイン・機能は開発中のものとなりますので、告知なく内容が変更される場合があります。

流入経路分析の仕様変更

流入経路分析の仕様が変更されます。

流入経路分析とは、友だちがどこから登録してきたのかを特定できる機能です。

現在は新しくLINE公式アカウントに登録する友だちに対してのみ流入経路分析が使えますが、今後のアップデートにより既に登録されている友だちに対しても流入経路分析が有効になります。

これにより、例えば流入経路分析から発行したQRコードをお店に来店したお客さんに読み取ってもらう事で、タグ付けを行ったりテンプレートからクーポンを配布するといった活用が出来るようになります。

流入経路分析の活用の幅がさらに広がりますね。

「タップ時のアクション」の統一

「リッチメニュー」「リッチメッセージ」「質問・ボタン」に搭載されている「タップ時のアクション」が全て統一されま

例えば「回答フォームを開く」「商品ページを開く」「電話をかけさせる」といったアクションについては、現在はリッチメッセージや質問・ボタンでのみ可能ですが、これがリッチメニューでも使えるようになります。

しかも、選択できるアクションは1つではなく、1度のタップで同時に複数のアクションを起動させることも可能です。

これにより、リッチメニューから商品ページに誘導しタグ付けとテンプレート配信を同時に行う、といった活用もできます。

アクション設定の画面も全て同じデザインに統一されますので、より使いやすく生まれ変わります。

クロス分析が可能に

エルメでクロス分析が可能になります。

クロス分析とは、2つのデータをかけ合わせて分析を行う手法です。

例えば「年齢」と「URLクリック率」という2つのデータをかけ合わせれば、どの年代が反応率が高いのかを知ることができ、よりターゲットに刺さる情報発信を行う事が出来ます。

他には「流入経路」と「成約率」という2つのデータをかけ合わせれば、どの流入経路から登録した友だちが最も購買意欲が高いのかが分かり、売上効果の高いメディアにフォーカスする事が出来ます。

このように、2つの情報をかけ合わせて分析をする事によって、今まで見えなかった顧客特性を汲み取ることが出来ますので、売上アップにも大いに貢献する事でしょう。

かけ合わせたデータはこのように一覧で表示され、CSVとして書き出すことも可能です。

以上が4月のアップデート内容告知でした。

 

その他、細かな改善、微調整などさせて頂いております。

引き続き、皆様が運用しやすく、そしてコスト削減や収益アップに繋がるような機能の搭載や改善をしていきます。

ご要望等ございましたら、気軽にL MessageのLINE公式アカウントまでお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました